企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15191件   回答数32724

フレックスタイムの試行(トライアル)

現在、フレックスタイムの導入を検討していますが、
正式導入の前に、3か月ほど、試行(トライアル)が実施できないかの可能性を探っております。

以下の点について、回答やアドバイスをお願いできますでしょうか。

 ・フレックスタイムの3カ月程度の試行(トライアル)は、実施できるものか
 ・実施可の場合、規則改定、労使協定等、必要な手続きは何か?
 ・その他の留意点や注意点は?

どうぞよろしくお願い申し上げます。

以上

  • ハルモロさん
  • 東京都
  • 情報サービス・インターネット関連
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2018/08/30 14:26
  • ID:QA-0078742
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/08/30 16:12
  • ID:QA-0078748

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

トライアルの方法については、トライアルを経てから、労基法どおりに就業規則等を整えても、労基法どおりに就業規則等を整えてからトライアルを実施してもどちらでもかまいません。

トライアルを経てからの場合には、現行就業規則のどこを解除するのか周知すること。
どちらの方法にしても、トラブル・混乱防止のため、トライアルを行う理由、トライアル後辞める可能性もあること等を事前に周知しておく必要があります。

  • 投稿日:2018/08/31 12:30
  • 相談者の評価:参考になった

早速のご返信ありがとうございました。
今後、本件を進めるにあたりまして、参考とさせていただきます。

以上

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/08/30 19:53
  • ID:QA-0078754

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、このような労働時間制度導入についてのトライアルに関しまして法的定めはございません。

言い換えれば、たとえトライアルと位置付けられてもその内容がフレックスタイム制と同じである以上は、労使協定の締結等通常のフレックスタイム制導入時と全く同じ手続きを採る必要がございます。

  • 投稿日:2018/08/31 20:19
  • 相談者の評価:参考になった

早速のご返信ありがとうございました。
今後、本件を進めるにあたりまして、
改めて、慎重に検討しないといけないと理解しました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/08/31 11:25
  • ID:QA-0078760

代表者

テスト実施は、法的には、本番実施と変わらない

▼ フレックスタイムの実施事例は、ゴマンとあり、実用化する為の情報にはこと欠きません。テスト実施に必要な要件は、法的には、本番実施と変わりません。つまり、規則改定、労使協定等も本番並みに整備することが必要です。
▼ それを、3カ月後に、「やっぱり止めた」となれば、制度の再整備に係る労力、会社に対する不信感の発生など、碌なことはありません。第一、フレックスタイムの試行など聞いたこともありません。
▼ 「やるなら、本気で、正式の検討委員会、労使間協議などをシッカリこなし、実施する」、「自信がなければ、サッパリ、実施しない」とするのが、本件に関する、常道でしょう。

  • 投稿日:2018/08/31 20:21
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

以下の2つの選択肢を頭に入れて、
①「やるなら、本気で、正式の検討委員会、労使間協議などをシッカリこなし、実施する」
②「自信がなければ、サッパリ、実施しない」
社内検討を進めたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
フレックスタイム
当社ではフレックスタイム(コアタイムあり)を導入していますが、出社時間は30分単位に区切られており、9:30や10:00といった区切りの良い時間に出社しなければならないことになっています。(退社についても同様)これはフレックス時間帯については労働者がフレキシブルに始業または終業時間を決めることができ...
事業場外みなし労働とフレックスタイム
現在,営業職には事業場外みなし労働制を適用していますが, これにあわせてフレックスタイムを導入する事は可能でしょうか。 よろしくお願いします。
フレックスタイム対象者の時間有休について
いつもお世話様です。 さて、当社はコアタイム10:00-15:00のフレックスタイムを導入しています。 4月から時間単位の有休が認められましたが、フレックス対象者でも 時間単位の有休を認める会社は多いのでしょうか? 認める場合の時間有休は、10:00-15:00の部分に対してでしょうか?それとも標準...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
サマータイム
日照時間の長い夏の間だけ、時計を標準時より1時間早め、昼の時間を増やそうとする制度。地球温暖化対策の一環として導入が検討されています。
OJTとOFF-JT
日常の業務につきながら行う教育訓練(On The Job Training)と、通常の仕事を一時的に離れて行う教育訓練(Off The Job Training)のことです。企業による従業員教育の2本柱とされてきました。   OJTについて、実行のポイントやOff-JTとの使い分けを詳しく知りた...
継続雇用制度
2006年4月、改正高年齢者雇用安定法が施行されました。同法には、雇用確保のための65歳までの「定年延長」、希望者全員の「継続雇用制度」、「定年の定めの廃止」――3つの選択肢が規程されていますが、継続雇用制度を導入する企業は対象となる高年齢者に関する基準を労使協定で定めれば、希望者全員を対象としな...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...