無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ストレスチェック義務化に向けて知るべき注意点

今年の12月からストレスチェックが義務化されることをご存知の方は多いと思いますが、実際に準備を進めている企業となるとまだ少ないのが実情のようです。厚生労働省が分厚いマニュアルを発表していますので、本日はその中から、ストレスチェック実施において注意すべき点についてお伝えします。

 

・1年に1回以上の実施が必要
ストレスチェックは健康診断と同じように年に一度の実施が必要と考えている方も多いと思いますが、実は「年に1度以上」必要であり、2度でも3度でも行って構わないのです。

例えば繁忙期と閑散期が明確な業種であれば、それぞれの期間が終了した直後にストレスチェックの結果が大きく異なる可能性があり、年に1度ではなく年に2度実施することで、より効果的な対策が講じられる可能性もあります。

 

・実施者になれるのは医師または保健師など有資格者のみ
正確にはストレスチェックの実施者になれるのは「医師・保健師・一定の研修を修了した看護師または精神保健福祉士」と定められています。企業の人事担当者が実施者になれるとは限りません。産業医や保健師が社内にいる、または契約している場合には、その方々が実施者になると思いますが、それ以外の場合は実施者の資格を持っている人間を探す必要があります。

 

・労基署への提出書類には産業医のサインが必要
ストレスチェックを実施したら、労働基準監督署に報告しなくてはなりません。報告書の様式はすでに厚生労働省から発表されており、検査の実施者や面接指導をした医師、面接指導を受けた労働者数などとともに、産業医の氏名および所属医療機関の名称の記入欄があます。

 

・個人のストレスチェック結果を企業が把握するには合意が必要
従業員のストレス状態を経営陣や人事として把握したいと考えている方は多いと思いますが、そのためには従業員の同意が必要です。従業員の同意なくストレスチェックの結果を閲覧することはできません。

 

・従業員にはストレスチェックを受けない権利がある
今回のストレスチェック義務化は企業にとっての義務であり、従業員はストレスチェックの受検を拒否することが可能です。ですから、就業規則等で「ストレスチェックを年に一度以上受検すること」と定めることも違法となります。

 

 

他にもストレスチェックに関しては、まだわからない点が多いと思います。弊社でもストレスチェックサービスとそれに付随するメンタルヘルス対策のサービス提供を行うにあたって勉強会を開催しながら一人ひとりが学んでいる最中です。

また、ストレスチェックに関して不明な点が多いというお客さまの声に応えストレスチェック義務化対策&メンタルヘルス戦略のセミナーを開催致します。概要は以下の通りです。

■日時 : 7月23日(木)14時~15時30分

■場所 : 人形町区民館

■参加費: 無料

詳細・お申込みはコチラ

http://jinjibu.jp/seminar/detl/30371/

ご興味のある方は是非ご参加ください。

  • モチベーション・組織活性化
  • 安全衛生・メンタルヘルス
  • 人材採用
  • リーダーシップ
  • その他

早期離職対策・社員定着率向上コンサルタント

「早期離職白書」の作者であり、若手社員と育成担当者への研修・セミナーを全国で実施している。
また、2015年10月よりストレスチェックサービス「りーふBiz」をリリースし、現在はメンタルヘルスケアサービスも展開中。

井上 洋市朗(イノウエ ヨウイチロウ) 株式会社カイラボ 代表取締役

井上 洋市朗
対応エリア 全国
所在地 千代田区

このプロフェッショナルのコラム(テーマ)

この記事をオススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

オススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

プロフェッショナルコラム

知っているつもり現象の克服法│なぜなぜ分析で真の原因を探る

坂田 和則(株式会社ナレッジリーン(旧 知識経営研究所) マネジメントコンサルティング2部 部長 改善ファシリテーター・マスタートレーナー)

オフィスや現場で、「なぜなぜ分析」を実践しているリーダーの方も多いと思います。 日々の業務の中で問題解決の手法として、...

2024/06/17 ID:CA-0005443 なぜなぜ分析