企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14477件   回答数30769

住所変更に伴う通勤手当について

お世話になります。
職員の通勤に関し、職員に対し6カ月の電車定期及び3カ月のバス定期2回分の実費分を通勤手当として支給し、職員もこれら定期を購入し通勤していましたが、4カ月半たった時点で住所が変更(職場により近い場所)になりました。職員は電車定期について電車会社側に払い戻しを求めましたが、「かえって損になる」と言われたため、自己の判断で払い戻しをやめ、引き続き同じ路線であったため、定期を継続的に使用しました。バス定期については、必要がなくなったので、そのまま払い戻しせず放置しました。新しい住所からの1カ月半分の交通費実費(1カ月定期及び切符代)を計算の上6か月分の交通費を改めて計算したところ、住所が近くなったことから、当初支給していた6か月分の通勤手当より安くなることが判明しました。安くなった分を職員本人から戻し入れしてもらうというのが、これまでのプラクティスでしたが、これは妥当な対応でしょうか・。

  • ぺこさんさん
  • 東京都
  • 公共団体・政府機関
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2018/03/12 10:08
  • ID:QA-0075400

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/03/12 12:45
  • ID:QA-0075410

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通勤交通費につきまして性質上原則実費で精算されるべきものといえます。

当事案のように事情が複雑かつ特殊な案件の場合ですと、こうした実費精算の原則に従って処理されるのが妥当といえるでしょう。

つまり現状より安い費用で済みかつ払い戻しが現状でも可能という事でしたら、そのように手続きしてもらい安くなった分を職員から戻し入れしてもらえればよいものといえます。

  • 投稿日:2018/03/12 13:39
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。現時点ではもう払い戻しは出来ない状況となっていますが、実費精算ということで良いということを聞いて安心いたしました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/03/12 13:50
  • ID:QA-0075415

人事・経営コンサルタント

対応

通勤交通費は合理的なルートでの実費であることが普通ですから(貴社規定による)、余分な差額を貯め込むようなことは許されません。差し戻しを求めるのは当然といえます。

引っ越しや異動があればこうした通勤費変更が起こるのは当然なので、住所変更など手当に変更があり得る際は、1ヵ月前等現実的な範囲で事前に申告させる(締切過ぎたら自己負担など)ルール化し、なおかつ全社員と全管理職に徹底しておくべきでしょう。

  • 投稿日:2018/03/12 14:31
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございました。
ただ、この場合、6カ月定期等は購入してしまっていますので、本人のところにお金は残っておらず(電車会社に定期として支出済み)、ため込むという状況になっていないのです。本人にとっては、通勤手当として支給されたお金はもう手元に残っていないので、社に払いもどすとした場合、お金を新たに自己負担しなくてはならないという点が納得がいかないということかと思います。ただし、本来住所変更があった時点で払い戻し、一度すっきり整理をし、新たに残る1カ月半分の交通費請求をしていれば、このようなことは起こらなかったと思うのですが。。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
定期代について
定期代の支給方法は、1ヶ月定期、3ヶ月定期、6ヶ月定期の3通りあると思います。世の中の会社はどの期間の定期を採用しているのか、統計情報がありましたら教えて頂けませんでしょうか。
マイカー通勤者の通勤交通費について
ほとんどがマイカー通勤者ですが、通勤交通費としてバス・電車で通勤した場合の定期代を支給しています。これでは非課税限度額を超過していることになるようですが、マイカー通勤者は非課税限度額までの通勤手当に変更しないとまずいでしょうか。脱税になりますか?
通勤手当に関する件
弊社では従来6カ月の定期券を購入して従業員に配布して実費を6分割で賃金支払いした形をとっておりましたが、定期券を配布することはやめ、6カ月の定期券代をまとめて支払うこととしました。何か問題があるのでしょうか。1か月分の定期券代からの支払からしかできないのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
エコ通勤
CO2(二酸化炭素)の排出量を抑えるために、自動車を使わず、徒歩、自転車、公共交通機関などで通勤することを言います。
労働災害
労働者が業務中や通勤途中に、事故や災害などによって、負傷したり、疾病にかかったり、障害が残ったり、死亡したりした場合、これを労働災害(労災)といいます。労災を被ったすべての労働者には、労働者災害補償保険(労災保険)が適用され、労働者本人およびその家族の生活の安定を保障するために必要な保険給付が行われ...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...