企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13221件   回答数27679

勤務中の軽い怪我で病院にかかった場合の処理

いつもお世話になります。

勤務中に発生したごく軽い怪我でしたが、そのとき現場にいた担当者が舞い上がってしまい、
病院に連れて行きました。
怪我は、荷物の荷ほどき中にPPバンドをハサミで切ったら、切れたPPバンドが勢いで額に当たり、
血がにじんだ程度の怪我です。
ただ、そのとき現場にいたのが入社2年目の社員で、業務中に怪我をしたら必ず病院に連れて
行かないとダメだと思っていたようで、病院に行って処置を受けてきました。
怪我の程度は、カットバンを貼っておけば済むような程度です。
病院では業務中と言っていますので健康保険は使用せず、代金は後日支払の扱いとなっています。
この程度の怪我なので、当然ながら休業も発生していません。

この場合、健康保険を使わずに病院での治療費を会社が全額支払えば問題ないでしょうか?
労災保険も使わないので、労基署への届出も不要だと思いますが、労災隠しなどにはならない
でしょうか?
と、言いますのは、現在「労働安全特別指導事業所」に指定されている状態であるため、
労災件数にカウントされるのもいやですが、逆にそれを回避するために「労災隠し」と取られる
ともっと困ると思いまして、正しい処理方法をお教えいただきたいと思いました。

宜しくお願いいたします。

  • 投稿日:2017/10/20 19:07
  • ID:QA-0073042

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/23 09:48
  • ID:QA-0073057

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、業務中に発生した怪我で病院で治療を受けている以上原則として労災の適用となるものといえます。

加えまして、見た目には軽傷でも素人では判断を出来ないケースもございますので、傍にいた社員の対応が間違っていたとは決して言い切れません。

重要な事は労災適用による損得云々という事よりも、第一に従業員の安全確保ですので、そうした優先順位に基づいた判断をされるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2017/10/23 14:49
  • 相談者の評価:参考になった

早速のご回答ありがとうございます。

社員の対応をとがめているような印象を与えるような文章ですいません。
医者へ連れて行ったのは全然問題としておらず、その後の処理で「労災保険」を
使うか使わないかで扱いが変わるのかと言うところをお聞きしたかったのですが…
他のご意見を見ましても、保険を使う使わないは「労災」であることに
違いはないように理解しました。

今回、病院に行ったところ幸いにもごく軽傷であったため、労災保険を申請
せずに、また当然健保も使わずに全額会社が治療費を負担することで処理できない
のかな?と思った次第です。
当然と思って、今までは俗に言われる赤チン労災でも全て保険申請(届出)してきたので
逆にそれに疑問を持った次第です。

変に労災隠しと勘ぐられるよりも、適正に労災保険を申請(労基署に届出)しようと思います。

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/23 11:42
  • ID:QA-0073062

代表者

「安特」で不必要に、神経質になったり、委縮することはない

▼ 個人の不注意に依る超軽傷事故でも、第三者である医療機関の取扱いに反論するのは時間の無駄になるでしょう。新入社員の判断を浅薄だと指摘しても、事態を悪化させるだけで、改善することには繋がりません。
▼ 「安特」と言われる厚労省の指定下にあり、委縮される気持ちは分かりますが、ポイントは、事故の経緯、会社の措置等の客観的記述書、本人確認等、シッカリ準備されることです。
▼ 万全の注意を払っても避け難い事故、個人の不注意などが、そのまま罰点になるのではなく、その対処方針、具体的措置が問われるので、出来れば、産業医の意見も頂き、ありの儘、対応されるのが「筋」であり、「安特」への正しい姿勢だと考えます。

  • 投稿日:2017/10/23 14:50
  • 相談者の評価:参考になった

早速のご回答ありがとうございます。

社員の対応をとがめているような印象を与えるような文章ですいません。
医者へ連れて行ったのは全然問題としておらず、その後の処理で「労災保険」を
使うか使わないかで扱いが変わるのかと言うところをお聞きしたかったのですが…
他のご意見を見ましても、保険を使う使わないは「労災」であることに
違いはないように理解しました。

今回、病院に行ったところ幸いにもごく軽傷であったため、労災保険を申請
せずに、また当然健保も使わずに全額会社が治療費を負担することで処理できない
のかな?と思った次第です。
当然と思って、今までは俗に言われる赤チン労災でも全て保険申請(届出)してきたので
逆にそれに疑問を持った次第です。

変に労災隠しと勘ぐられるよりも、適正に労災保険を申請(労基署に届出)しようと思います。

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/23 12:38
  • ID:QA-0073064

人事・経営コンサルタント

危機対応の原則

現在指定を受け、会社としても厳しい環境かと思いますが、そんな危機の時こそコンプライアンスに忠実に行動するのも危機対応です。本当に些細なケガであれば逆に、「こんな小さな事故でも報告するようになった」と受け取られる可能性もあります。
粛々と手続きをし、沙汰を受けるのは正しいプロセスだと思います。

  • 投稿日:2017/10/23 14:54
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございます。

今までは、絆創膏一枚の処置でも全て労災保険申請(労基署への届出)をしてきました。
よそで、軽微な怪我なら健保を使わずに会社が治療費全額を負担して処理すれば、届出しなくても良いようなことを小耳に挟み確認させていただきました。
皆さんのご意見を聞き、これまでの処理で正しいことを認識いたしました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
労災保険料について
以下、教えていただけますでしょうか。 業務上災害が発生した場合には、基本的には労災保険料が上がると思いますが、通勤災害については、発生したとしても一切労災保険料には影響を与えないという認識でよいのでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。
労災非指定医療機関から労災指定病院への転院時について
労災非指定医療機関で初診を受け、諸事情により転院し労災指定病院で受診したのですが、この場合、労災指定病院の方へは、指定病院等変更届を提出することで対応頂けるのでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。
労災認定前の受診費用について
従業員が休憩時間中に転んで骨折をしました。とりあえず病院に連れて行き処置をしてもらいましたが、まだ労災かどうかわからないという事で健康保険証を使い支払いを済ませてきました。このように、労災になるかどうか微妙な場合は、保険証を使わせるべきか、それとも労災になった時の事を考えて保険証を使わない(全額自己...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン リクナビHRTech
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?
new

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....