企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12317件   回答数25521

業務外の事故の管理

お世話になります。

現在、従業員にて、業務外で事故された方がおり、長期で休まれていたため、
労災などの適用外であることをちゃんと把握するつもりで調査いたしました。

上層部の意見より、今後業務外の事故が起きたときは常に調査するように指令がございました。

その際に、2点気になっていることがあり、ご相談にございます。

①業務外の事故にあたるので、今後調査等を行うことが、
私的領域にあたりプライバシーの侵害などにあたらないのか?
②もしくは、業務外の事故を調査した結果を社内の一部担当者だけしか見ることできないように
管理すれば問題ないのか?線引きのラインが気になります。

以上2点が気になっており、大変恐縮にございますが、
ご意見等ご教示いただきたくお願い申し上げます。

  • 投稿日:2017/10/10 10:53
  • ID:QA-0072844

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/10 13:47
  • ID:QA-0072860

人事・経営コンサルタント

調査の意図

①業務外ということでプライバシーに関する恐れがきわめて高いと思われます。そうであれば侵害と見なされるお恐れが十分あります。
②業務に関係ない私生活を、会社が聴取してそれを一部でも公開すれば上記のプライバシー侵害が進むと判断される恐れがあると思います。

>今後業務外の事故が起きたときは常に調査するように指令
目的は何でしょうか?業務(=勤務)に支障があるような事象があれば会社が把握することが必要だから、なのだとすれば、その原因や経緯のような私的領域を詮索する必要はなく、休業・復帰の見込みを把握できれば良いはずです。こうした情報が開示されなかったり、再三修正されたり、信用に足らない時初めて次のステップとして、内容についても聞くなど進むのが順です。(すべて状況次第で一律なものではありません)
無意味な原因詮索は人事管理ではなく、無用なトラブルになるだけです。

  • 投稿日:2017/10/11 08:41
  • 相談者の評価:参考になった

ご解答いただきありがとうございます。
参考になりました。
むやみやたらに行うのはよくないこと理解いたしました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/10 16:43
  • ID:QA-0072865

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①について
 労働契約というのは労務を提供する義務があります。この労務提供ができない状況にあるわけですから、本人は会社に対して、労務提供が不可能なことを証明する必要があります。むしろ業務外ということで、会社には責任はありませんので、本人に確認することは全く問題ありません。ただし、調査の内容はあらかじめ本人に了解を取っておいた方がよろしいでしょう。

②について
 事故の内容にもよりますが、当面は必要最低限の社員に知らせておくにとどめた方がよろしいでしょう。

  • 投稿日:2017/10/11 08:43
  • 相談者の評価:参考になった

ご解答頂きありがとうございます。
労務提供の不可の理由くらいを聞くにはかまわないとのことですね。
参考になりました

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
労働者派遣法施行令第4条11号の業務について
初歩的なことで恥ずかしいのですが、教えてください。 弊社に業務内容として「第11号国内取引業務」としてスタッフが派遣されました。数日後、スタッフからお客様からの受電業務はできないとの連絡がありました。派遣会社の営業担当に確認したところ、電話を受ける業務も含まれるが本人がその業務が出来ないといっている...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立 企業の“生の声”が聞ける
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:01/01~01/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>従業員サーベイの実態調査

注目コンテンツ


女性活躍推進特集

数ある多様な働き方の実現を支援するソリューションの中でも、特に女性の働き方に焦点を当てたサービスやセミナーをご紹介いたします。



注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第2回)

管理職1年生日記 (第2回)

営業課長へと昇進し、当初は個人目標がなくなったことへの戸惑いを見せたA...