人事のQ&A<解決済み>

相談数11458件   回答数23759

会社が個人の筆記用具(ノート)を回収することについて

個人所有のノートを会社で使用した場合、会社が個人のノートを回収することは可能なんでしょうか?
会社としては、ノートに機密情報が書かれているため、情報漏洩対策として回収したいと考えております。

  • 投稿日:2017/02/03 08:33
  • ID:QA-0069105

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/02/03 11:07
  • ID:QA-0069107

代表者

個人ノートは強制的に回収できない。秘密情報管規程の作成を

▼ 個人所有ノートの記録内容は、大原則として、「個人の専有物」であり、会社が強制的に回収することはできません。
▼ 会社の機密情報が記載されている可能性が心配なら、業務専用のノートを支給すべきです。然し、これとて、個人ノートに転記されたり、デジタル媒体化されれば、容易に個人に取り込むことが可能です。
▼ 要は、会社の秘密情報管規程を作成、全社員に趣旨徹底を図るといった観点からの機密保護施策が必要で、ノート回収といった小手先の発想では対応不可能です。
▼ 因みに、経済産業省の「営業秘密管理指針」などを参照し、自社に合った規則を作成、全社員に徹底を図るのも一案でしょう。この指針は、ネット経由で入手できます。

  • 投稿日:2017/02/21 14:26
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

ご連絡遅くなり、誠に申し訳ございません。
頂いたご意見を参考に説明資料を作成しております。
やはり、小手先の発想では難しいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/02/03 21:00
  • ID:QA-0069121

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、個人所有のノートであれば、何もルールがない場合、自宅へ持ち帰ったり、他で私用で使ったりする場面も当然考えられます。

従いまして、機密情報が書かれたりする業務であれば、まず御社の物品管理に関わる規定でノート使用に関するルールを明示され遵守してもらう必要がございます。

そして、回収以前に重要な点としまして、何よりもこうしたノートは業務専用とされるのが妥当といえます。公私混同で使用されますとリスク管理は困難となってしまいます。

但し、そうなれば当然ですが会社からのノート支給が妥当と考えられますので、労使間で十分に協議された上でどのような形を取られるかについて合意の上で決められるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2017/02/21 14:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

ご連絡遅くなり、誠に申し訳ございません。
ノートの支給中止は、却下を喰らいました。
私物のノート使用禁止も反対にあい、物品管理のルールを検討しております。
今後ともよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/02/04 12:21
  • ID:QA-0069130

人事・経営コンサルタント

情報管理

個人所有物を会社が没収することはできませんので、情報管理の原則で判断しなければなりません。そもそもノート使用を禁じている、会社支給のメモ用紙等があるが、それを使わずに勝手にやっているなどの場合も含まれます。これは没収動向ではなく、貴社が定める情報管理規則に違反する行為なので見つけた時点で止める責任が会社側にあります。

そのような情報管理をしていおらずに、自分用ノートであれば当然私服や靴などと同様に個人の所有物で会って、会社は関与できません。情報管理の規則がすべてでしょう。

  • 投稿日:2017/02/21 14:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

ご連絡遅くなり、誠に申し訳ございません。
頂いたご意見を参考に説明資料を作成しております。
やはり、小手先の発想では難しいです。
今後ともよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
会社で使用する文房具の負担について
会社で使用するノートやボールペン等の文房具は、会社が支給しなければならないのでしょうか? 現在、会社で支給しているのですが、経費削減を受け、やめたいと考えております。 ご多忙とは存じますが、ご回答の程、お願いいたします。
会社都合で休んでもらう場合について
いつもお世話になっております。 会社の業務が少ないため、従業員にその日は休んでもらおうと考えているのですが、その場合、従業員個人が持っている有給を使用してもらっても差し支えないのでしょうか? ご回答、宜しくお願い致します。
退職願の会社様式について
現在勤務する会社には会社様式の退職届があり、そこに転職先(会社名・住所)を明記するようになっています。同業他社に行く場合なども考えられるので会社として知りたいのはわかりますが、会社の書式に転職先を明記するよう義務づけることは問題ないのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
貴社の課題解決ノウハウが満載!! 『日本の人事部』注目のセミナー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:04/01~04/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


新卒採用支援/内定者フォロー特集

新卒採用から内定者フォローまでを支援するサービスやソリューションをご紹介します。



『日本の人事部』注目のセミナー特集

人事担当者必見の注目のセミナーをご紹介。貴社の人事課題の解決や、情報収集にお役立てください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。