人事のQ&A

相談数11283件   回答数23382

シフト制の法定休日およびパート社員の所定時間

いつもお世話になります。

以下4点ご質問です。よろしくお願いします。


当社のお客様相談窓口は年中無休で25名のパート社員がシフトで勤務しています。例えば、勤務日が
Aさん 月・火・木・金
Bさん 土・日
Cさん 月・水・金
といった場合、事業所として法定休日を日曜日とした場合、Bさんの勤務日が×1.35となり、
法定休日を木曜とした場合、Aさんの勤務日が×1.35となり、
法定休日を水曜とした場合、Cさんの勤務日が×1.35となり、

多数のパート社員がまちまちの勤務日で働いている場合、法定休日を決めることが出来ないため、
このような部署では、週1回の休日があればよいとし、無理に法定休日を規程しなくても良いという考えで運用しています。

この考え方でよろしいでしょうか?


同じパターンでお客様相談窓口の正社員もシフトで個々にカレンダーが違うのですが、この場合、法定休日はどのように設定すれば良いのでしょうか。
「この曜日を法定休日とする」と決めてしまうと上記①のパート社員と同じことが起こり、設定が困難なのですが、パート社員のように法定休日を決めなくても良いのでしょうか?
それとも、正社員個々のカレンダーにおいて法定休日を設定する必要があるのでしょうか?


当社の勤怠管理システムは顔指紋認証システムを採用しており、出社時および退勤時に顔もしくは指紋で機械に認証すると出勤時間、退勤時間が記録されます。
ある事業所より、例えば、所定時間が10時~14時のパート社員が、その日、たまたま、12時~16時で働いた場合、システム上の所定時間も10時~14時に直した方が良いのか?という問合せがありました。
給与計算上は時給1000円のパート社員でしたら、所定時間が10~14時であっても、実際に労働した12時~16時間の4時間×1000円で計算され、特にパート社員に関しては遅刻・早退といった記録はシステム上、付かず、実労働時間×時給で計算されます。
このあたりはどうなのでしょうか。会社の決めの問題かも知れませんが、「実際に労働した時間分の賃金が支払われていれば問題なし」ということで良いのでしょうか?それとも変更となった12時~16時の所定時間を記録しておいた方が良いのでしょうか。


当社では所定時間が月曜日は10時~14時、水曜日は15時~19時、金曜日は13時~17時といった変則的に勤務しているパート社員がおります。上記③の例で言いますと、パート社員は実労働時間×時給で給与計算がされますので、当社のシステムではパート社員の場合、所定時間を入れなくても給与計算が出来るようにもなっています。

このような変則的なパート社員の場合、所定を入れなくても良いのでしょうか?と当社のある事業所より問合せがあったのですが、「実際に労働した時間分の賃金が支払われていれば問題なし」ということで良いのでしょうか?それとも3パータンの所定時間を正確に記録しておいた方が良いのでしょうか。

※ 通常、所定勤務時間が1つしかない社員は勤怠マスタに所定時間をセットするだけで当月の全労働日に所定時間がセットされるのですが、上記③のように途中で変更になったり、④のように変則的なケースは手入力で所定をセットしなければならず、現場サイドとしては面倒臭いようです。

以上、よろしくお願いします。

  • newyuiさん
  • 神奈川県
  • その他業種
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/01/05 15:04
  • ID:QA-0068633

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/01/05 22:53
  • ID:QA-0068639

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問について各々回答させて頂きますと‥

①:ご認識の通り、週1回休日を付与する事が法定休日の要件となります。従いまして、敢えて事業所や部署で統一した法定休日の曜日を定める義務はございませんし、個々に休日が異なるシフト制の場合はむしろ定めない方が合理的な措置であるといえます。

②:①と同様に正社員であっても法定休日の曜日を定める義務はございません。個々に最低週1回の休日を決めて付与するのみで差し支えございません。

③:出退勤の時刻は重要な労働条件の内容ですので、当然に事実を記録する事が必要です。たとえ時間数や賃金支払い額が全く同じであっても、賃金計算だけの為に出退勤の記録を行うわけではございませんので、虚偽の記載は避けなければなりません。

④:③と同じく、出退勤時刻は正しい時間を記録しなければなりません。ちなみに勤務時間が頻繁に変わるようであれば、修正に手間がかかる現行システムの方を見直されるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2017/01/06 10:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもお世話になります。
大変参考になりました。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
パート社員の有給休暇付与の件
いつもお世話になっています。 さて、週5日勤務のパート社員がいます。1週間の労働時間は15時間ですが、6ヵ月勤務後のこの人への有給休暇付与は何日になりますでしょうか? ご教授願います。
パートの所定労働日数の上限および休日の決まりについて
いつもお世話になります。 以下2点、ご質問です。よろしくお願いします。 当社の正社員の年間所定労働日数は264日、年間休日は101日ですが、 例えば、パート社員などで、仮に1日3~5時間くらいの所定労働時間で週6日勤務したいといった社員が居た場合、 このパートさんが残業が一切、発生しない人の場...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
グローバル人材育成特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
クラウド人材管理ツール『カオナビ』 TKPの貸会議室ネット
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


グローバル人材育成特集

本特集では、「グローバル人材」の育成に向けヒントとなるインタビュー記事やセミナー・サービスをピックアップ。 貴社のグローバル化推進にお役立てください。



従業員のヘルスケア特集

本特集では、従業員の心と身体の健康管理に役立つ多彩なプログラムをご紹介。これを機に、自社のヘルスケアの取り組みについて見直してみませんか。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下...