企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12131件   回答数25117

人事評価制度移行期 ポイント制について

お世話になります。
人事制度を新たに導入する際、昇格要件とするポイント付与の考え方についてお尋ねします。

当社では今回新たに人事評価制度の導入を検討しております。社員は年度ごとに評価され、1~6の等級のいずれかに属することになります(1は新入社員等、6は部長級)。等級を上げるには評価結果により付与されるポイントが基準に達することが要件となります(例えば「等級1から2に上がるには累計ポイントが5に達した場合」等、標準的な評価であれば年1ポイント付与されるとした場合昇格には最低でも5年かかる)。

これまではポイントという考え方がありませんので、人事制度導入後は全員0ポイントからとなります。しかしながら、あと2~3年で役職を付けさせたい社員も0から出発させると5年かかってしまいます。よって移行期、既存社員には1~2点をあらかじめ付与させるなどの特別措置をとる必要があるのではないかと考えました。あるいは特別措置を取らず全員0ポイントからのスタートとするか。

人事制度にポイント制を導入する際、移行期のポイントはどのように考えたらよいかアドバイスをいただきたくお願い申し上げます。

  • ハレルヤさん
  • 宮城県
  • 鉄鋼・金属製品・非鉄金属
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:評価
  • 投稿日:2016/05/16 16:20
  • ID:QA-0066051

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/05/16 20:31
  • ID:QA-0066057

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

文面内容を拝見する限りですと、「あと2~3年で役職を付けさせたい社員」がいる、つまり現在同じ等級であっても、これまでの評価において社員間で明らかに差が見えている現状といえます。

そうであれば、これまでの評価を加味したポイントを移行時に付与されるのが公平公正な措置といえるでしょう。そのような評価要素を整理・分析し抽出した上で何らかの形でポイント化されるべきです。社員数が多いと結構大変な作業になるかもしれませんが、そこは評価制度を変えるという大きなシステム変更に伴う措置ですので、人事担当部署が総力を挙げてしっかり対処される事が重要といえるでしょう。

  • 投稿日:2016/05/17 18:00
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部先生 
ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。何らかの基準を設け社員各人にポイントを付与して制度をスタートさせたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/05/16 22:38
  • ID:QA-0066061

人事・経営コンサルタント

方針

きわめて大きな人事方針のテーマであり、掲示板で簡単に説明のつくものではありませんが、あくまで一般論・目安として申し上げれば、評価制度の方針をどうするかだと思います。
年功序列的な精度であれば、ご提示のような傾斜配分なども重要ですし、完全実力評価という方針であればそもそも「昇格時期」というものがないことになります。

年功的な評価方針であれば、評価項目に年功が反映される基準を入れることで、単に同じ立場の、社歴の若い社員とは評価点で差を付けることが可能です。ただ、ポイント制の主旨からすれば、本来は実力評価的な方針に沿うもので、年功制との相性には疑問があります。

  • 投稿日:2016/05/17 18:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

増沢先生
ご回答ありがとうございます。年功制は今回の制度制定に反するところもあります。何らかの別な基準を考えたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/05/17 10:17
  • ID:QA-0066068

代表者

ゼロポイントからのスタートは非現実的。労使間委員会の立ち上げを

▼ 考課付与ポイントの累計と昇格要件をデジタル的に連動させるのは、人事制度の透明性を高める点で有意義な試みだと思います。詳細は分りませんが、新制度への移行に際してはゼロ・ポイントからのスタートは非現実的です。どのような方式を採用するにしろ、全社員の新制度への読替えが必要です。
▼ 然し、その読替えに際しては、個々の社員を納得させられる公正な読替方式が必要ですが。現状分析の詳細結果は分りませんので、どようのに読替えるべきかは示唆致し兼ねますが、同一等級に属する場合でも、個人別既得権としての序列順位がある筈なので、その権利は尊重しなければなりません。
▼ 弊職の経験では、一筋縄では行かないと感じています。いずれにしても、先ず、制度変更に関する労使間委員会を立上げ、納得性の高い方式と導入法をご検討されることを強くお薦め致します。

  • 投稿日:2016/05/17 18:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

川勝先生
ご回答ありがとうございます。ゼロポイントスタートは私も現実的ではないと感じておりました。部内で再度検討し何らかの基準を設けて予めポイント付与する方向で進めたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
人事制度構築について
現在弊社ではきちんとした人事制度がなくこのたび新しく人事制度の構築に取組むのですが、きちんとした人事制度がない状態からのスタートをする上で人事諸制度を構築する場合はやはり職能資格制度を取り入れた方がいいのでしょうか。成果主義になると人事制度の第2ステップのような感があるのですが、いきなり成果主義の導...
人事評価制度 二次評価者について
人事評価制度で二次評価者が存在します。そもそも「二次評価者の目的と役割」は何でしょうか。そして、二次評価者の取り組み方として何が重要なんでしょうか。皆様お忙しいと存じますが、理解を深めたいと思いますので、詳細に教えて頂けますでしょうか(長文でも大丈夫です)。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
二次評価者向け研修のポイントを教えて下さい
人事評価制度で「二次評価者の目的と役割」について相談をさせて頂き大変参考になりました。その中で、二次評価者向けの研修も忘れないようにというアドバイスもありました。そこで、二次評価者むけの研修を実施するポイントを教えてください。因みに、一次評価者は主任&係長、二次評価者は課長です。一次評価者向けに評価...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
  • 人事制度とは
    人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
  • 人事制度とは -意義・基本-
    経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させる仕組み」を人材マネジメントの側面から制...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...