企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15416件   回答数33317

みなし労働制等における深夜労働の割増率について

深夜労働は割増率を払うことは承知(当社では2割5分増)していますが、次のみなし労働時間制およびフレックスタイム制ではどういう計算になるのでしょうか。つまり、深夜の実労働時間の0.25でよいのか、1.25で計算しないといけないのかご教授願います。
①事業場外労働のみなし労働時間制
②専門業務型の裁量労働制
③フレックスタイム制

  • からすみさん
  • 東京都
  • 通信
  • 回答数:6件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2012/06/12 10:41
  • ID:QA-0049928
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
6件中 1~6件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/06/12 11:27
  • ID:QA-0049930

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

深夜労働割増について

■みなし労働であれ、フレックスであれ、22:00~5:00に労働した場合は、0.25加算とお考えください。

■そして、みなし労働時間が法定労働時間(1日8h、1週40h)を超えた場合には、1.25。フレックスの場合には、清算期間中の実労働時間が法定労働時間(例えば、31日であれば177.1h)を超えていれば1.25の支払いが必要です。

■上記のように深夜割増と時間外は分けてお考えください。
例えば、時給単価1000円の場合
時間外でなければ、1000円+250円(0.25)=1250円
時間外かつ深夜であれば、1250円(1.25)+250円(0.25)=1500円
となります。

  • 投稿日:2012/06/12 13:42
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

ご回答ありがとうございました。但し、実務的な話が聞きたかったので、あまり参考とはなりませんでした。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/06/12 12:43
  • ID:QA-0049932

代表者

2割5分以上の割増賃金の支払いが必要

労使協定に定められた 「 通常必要とされる時間 」 ( 所定労働時間を超える場合は労働基準監督署長に届出が必要 ) の範囲内の深夜業であれば、その部分に対し、2割5分以上の割増賃金の支払いが必要です。 なお、休憩、 深夜業、 休日に関する規定の適用は排除されませんので、少なくとも、深夜労働時間や休日労働時間については、労働時間を記録する必要があります。 フレックスタイム制にも、休憩、休日、深夜労働に関する規定は適用されますが、「 通常必要とされる時間 」 の定めがないので、5割 ( 時間外2割5分、深夜2割5分 ) の割増が必要です。

  • 投稿日:2012/06/12 13:52
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。しかしながら、まだ不明な点があります。実務的には、次の場合の計算はどうなるのか教えてください。
①の場合のみなし時間が1日8時間のときに夜11時まで勤務した場合。
②の場合のみなし時間が1日9時間のときに夜11時まで勤務した場合。
③の場合でその月の総労働時間が月間の所定労働時間で終わった場合において、ある1日だけが夜11時まで勤務した場合。
よろしくお願いします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/06/12 22:37
  • ID:QA-0049941

代表者

2割5分以上の割増賃金の支払いが必要 P2

① ② いずれの場合も、夜11時までの労働が、協定に定められた 「 通常必要とされる時間 」の範囲ならば、10~11時の1時間に対し、2割5分以上の割増賃金を支払えばよく、③ に就いては、「みなし労働時間」 の定め方は、 1カ月や1週間の労働時間数を労使協定で定めることはできず、 必ず1日の労働時間を定めることになっていますので、仰る 「 ある1日 」 について、① ② と同様の措置を行います。

  • 投稿日:2012/06/13 15:14
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。但し、まだ分かりかねます。
①は1日のみなし労働時間が所定労働時間(8時間)です。
②は1日のみなし労働時間は所定労働時間+1時間の9時間です。
③はフレックスなので、当月の普通残業は発生していません。
この場合に、すべて同じ1h×0.25だけ支払えばいいので消化。つまり、所定深夜労働の扱いでよろしいでしょうか?ご教授ください。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/06/13 11:34
  • ID:QA-0049959

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

みなし労働等の深夜労働について

実務上のポイントは、はじめに回答したとおりです。
全て共通ですが、深夜実労働時間を把握して、0.25計算してその分を加算して下さい。
その上で、
①について
深夜1h分0.25加算して下さい。
ただし、事業場外みなしは、事業場内勤務時間があれば、その時間もみなし時間とは別にカウントしなければなりませんのでご注意ください。
②について
専門みなしが9hということですから、所定労働日について、深夜であろうとなかろうと1h分は1.25計算となります。
次に、深夜1h分0.25加算して下さい。
③について
深夜分1h0.25加算して下さい。
以上

  • 投稿日:2012/06/13 15:20
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。但し、まだ理解しがたく。この場合は①②③ともすべて所定深夜労働の考え方(深夜分は0.25だけ支払えばよい、午後10時から午後11時までの残業分は不要)でよいということでしょうか?
なお、①の事業場外労働は当社はみなし労働が8時間ですので、協定の必要はなく、事業場内も事業場外も区分けして計算する必要はないと考えます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/06/13 20:47
  • ID:QA-0049970

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

深夜労働とは別に各みなし労働時間制について、もう少し勉強・研究して下さい。
そのヒントになれば幸いですが、
①について
まず、事業場外みなしとは、あくまで事業場外の労働時間についてのみが対象となります。
例えば、営業マン等が、直行・直帰ではなく、いったん帰社して、日報等書いたりする時間は含まれませんので、事業場内の時間は、別途把握が必要です。
また、労使協定は所定労働時間以上法定労働時間以内であれば、労基署には届出不要ですが、締結は必要です。8hとみなすわけですから、締結は必要です。法定労働時間超=8h超の時間でみなす場合には労基署にも届出が必要となります。
■事業場内の労働がなく、みなし8hのみでしたら、その日の労働は8hとみなすわけですから、0.25のみとなります。
②について
専門業務型裁量労働制については、労使協定により、9hとみなすとしたわけですから、その日の労働が5hでも13hでも9hとみなすわけです。常に、所定労働日1日につき、1h(9h-8h)が法定時間外となり1.25となります。
(出勤日は、必然的に毎日1hの残業がつくことになります)
■深夜は、0.25のみ加算して下さい。
③について
フレックスについては、時間外は1日や1週間では判断しません。36協定も1日の延長できる時間はブランクで出します。清算期間の実労働時間で所定外、法定外時間外を計算します。
■今回は、清算期間内で所定労働時間内ということですから、0.25加算のみとなります。

  • 投稿日:2012/06/20 17:17
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。
但し、①は法定労働時間内のみなしであれば、労使協定の必要はなく、事業場内も事業場外も労働時間を把握する必要はない。
②は法定労働時間内のみなしであれ、労使協定は必要。のはずですが…。
なお、深夜分はすべて通常の残業扱い分(1.25分)は加味せず0.25分だけ支払えばいいことは理解しました。(その際に別の1.25分の残業があれば別)

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/06/14 09:43
  • ID:QA-0049985

代表者

2割5分以上の割増賃金の支払いが必要 P3

① ② ③ いずれの場合も、それぞれ、「 看做し労働時間 」 に対応し、必要な法定割増を含めた賃金が決まってしまいます。 ① の場合は、割増はなし、然し、②の場合は、1時間分に就き、当然、1.25倍の加算がされています。 ここに、「 深夜 」 という要因が加われば、更に、「 深夜加算 」 が必要になります。① ② ③ に共通して、1時間の 「 深夜労働 」 が確認されるので、0.25倍 ( 以上 ) の割増賃金を支払えばよいと申し上げたのです。 深夜業に関する定めは、排除されず、すべての定めについて、横断的 ( 串刺し的 ) に適用されることに注意が必要です。 なお、協定及び届け出の件は、8時間の場合は、ご指摘「の通り、不要です (第38条の2(1)~(3))。失礼しました。

  • 投稿日:2012/06/20 17:24
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。
深夜分が通常の残業分を加味せず0.25分のみを考えればいいことが分かりました。(別に通常の残業分があればそれは1.25で支給することも)
なお、労使協定に関しては、②のほうは法定労働時間内でも協定する必要があると思います。(すみません。先生の記載忘れと思いましたが、為念。)

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
徹夜労働について
休前日から翌日(休日)にかけて徹夜労働をさせた場合の質問です。 ①例えば翌日の朝9:00まで労働させた場合、夜中0:00から朝9:00までの間は、前日の労働時間とみなされると思うのですが、その時間分の時間単価は、休日労働の135%になるのでしょうか?それとも前の日からの労働時間として125%でよい...
裁量労働制のみなし労働時間について
基本的な質問で恐縮です。 裁量労働制を導入した場合でも、みなし労働時間分を労働したと「みなす」だけであるから、みなし労働時間は、時間外労働の制限である「1か月45時間」「1年間360時間」ほかを超過しないように設定しなければならないとの認識で正しいでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
介護基盤人材確保助成金
新しく介護分野で創業したり、異業種から介護分野に進出したりした事業主に対して、その事業の核となる従業員および一般の従業員を雇用した場合に支給される助成金です。少子高齢社会が進む中で、ますますニーズが高まり、注目を集めています。
裁量労働制
働き方改革の推進にともない、労働者が働く時間を柔軟に選べる職場環境の整備が望まれています。労働者のワーク・ライフ・バランスはもちろん、生産性向上や人件費の問題を考える必要性も生じています。こうしたなか注目されているのが「裁量労働制」です。裁量労働制は、労働者自身が業務効率化を図り、時間を有効活用でき...
未活用労働指標
「未活用労働指標」とは、労働力人口と潜在労働力人口のうち、未活用を示す失業者、追加就労希望就業者、潜在労働力人口の割合を示す数値です。総務省は2018年1~3月期から新たに、労働力調査において「未活用労働指標」の公表を始めました。これまで労働市場を表す一つの指標として示されていた「完全失業率」に加え...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...