企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

福利厚生制度の構築

弊社は福利厚生制度がまったく無いため、一からの構築を考えています。
何かいい方法はありますか。
アドバイスいただければ幸いです。

投稿日:2005/10/26 16:05 ID:QA-0002426

*****さん
東京都/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

福利厚生制度の構築

福利厚生を、日経連では6つに分けています。
①住宅施策
②医療・保険施策
③生活援護施策
④慶弔・共済・保険施策
⑤文化・体育・レクリエーション施策
⑥その他施策
このように広範囲にわたりますから、ややもすると総花式なものになってしまいます。しかし現在の企業の傾向は福利厚生費を縮小する傾向にあります。経費節減という方針に基づくこともありますが、福利厚生の賃金化も見逃せません。また終身雇用制が見直されるようになって、採用から退職までの期間の全てにわたっての丸抱えの福利厚生施策は縮小を迫られ、代わって従業員が必要に応じて選択し給付を受けるいわゆるカフェテリアプランなども普及してきました。

慶弔見舞金制度は規定としてあるなしに係わらず、たいていの企業で行われていることであり、これはりっぱな福利厚生です。それ以外にどのような制度を構築するかは、従業員のニーズをつかむことからはじめ、世代間、男女間の不公平を生まない施策を企画していくことになります。その際に独自性を持つべきです。質量の上から、カフェテリアプランを導入するのか、一部アウトソーシングに出すのか、全てをアウトソーシングしてしまうのかなども検討します。福利厚生についてのアウトソーシング会社が多くありますから、ある程度自社の方針、予算、企画が形作られた段階で、相談を持ちかけることが必要だと考えます。

投稿日:2005/10/27 10:56 ID:QA-0002438

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

福利厚生制度の構築

■従業員数規模など会社概要は分かりませんが、情報・ソフト開発関連業であること、福利厚生制度がまったく無いことから、失礼ながら、社歴は浅く、社員平均年齢も低く、社員数も小規模と推察してよろしいのでしょうか。以下、このような与件の下にコメント致します。
■福利厚生といえども、費用対効果からの検証は欠かせません。費用は基本的に会社負担ですが、効果も従業員を媒体として会社にも跳ね返る視点が欲しいですね。その観点から、優先順位を決めましょう。
■情報・ソフト業界では、知識・技術力・開発力・それらを証明する各種公的資格など人材能力の向上が会社の生死与奪の鍵を握っているといって差し支えありません。スキルの向上は社員個人にとっても貴重な財産になります。今の若い人たちは、スキルアップを求めて会社を選ぶ傾向が突出しています。
■そうすると、最初にくるのが、会社をスポンサーとする「研修制度」でしょう。人事・総務だけで出来るものではありませので、全社プロジェクトとしてプログラムを組む方法を検討してみてください。外部専門家の助言も必要になるかも知れません。いずれもお金と労力を必要としますから、一つずつ検討していくようにしましょう。
■もう一つの角度から検討が必要なことは、社員が何を欲しているかを調査、その妥当性、優先度などの情報を整備しておくことです。優先度の高い案件は、上記「研修制度」と平行して検討するのか、「研修制度」実施後、別案件とするかの選択もあるでしょう。

投稿日:2005/10/28 13:58 ID:QA-0002456

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
トータル人事制度構築について
現在当社では人事諸制度についての明確な制度がほとんどなくこのたび一からトータル人事制度の構築に取り掛かることになったのですが具体的にどういった形で進めていけばよろしいでしょうか
出向者の福利厚生について
弊社はA社、B社の合弁会社(B社の資本が多いです)となります。 A社・B社からの出向者とも出向元の福利厚生制度が保証されるのですが、弊社の制度のベースがB社の福利厚生に則っているため、独自で導入した福利厚生制度が適用されることになった場合、二社分の二重の福利厚生制度の享受となり違法となってしまうので...
人事制度構築について
現在弊社ではきちんとした人事制度がなくこのたび新しく人事制度の構築に取組むのですが、きちんとした人事制度がない状態からのスタートをする上で人事諸制度を構築する場合はやはり職能資格制度を取り入れた方がいいのでしょうか。成果主義になると人事制度の第2ステップのような感があるのですが、いきなり成果主義の導...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 今求められる「福利厚生」施策とは
    現代の日本企業には新しい「福利厚生」施策が求められている。最近ではその実現をサポートするアウトソーシング企業も続々と登場してきた。そうした施策やアウトソーシング企業を紹介する前に、ここではまず、そもそも「福利厚生」とは何なのか、考えてみたい。
  • 人事制度構築フロー
    人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
  • 人事制度とは -意義・基本-
    経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させる仕組み」を人材マネジメントの側面から制...
あわせて読みたいキーワード
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
転進支援制度
従業員の多様なライフプランに対応して、その転職や独立を支援する制度のことです。65歳までの雇用を継続できない企業が、従業員のセカンドキャリアを支援するために設けているケースも少なくないようです。
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/12
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...