企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15738件   回答数34192

内定式と入社式の同時実施について

人事の方にご相談です。

本年度より入社の時期(10月・4月)を2回分けるようにしようと思いまして、そうなると10月に入社式と内定式が重なるようになります。

いまだかつて、内定式と入社式を同時に進められた企業は
ありますでしょうか。
どちらとも、祝いの席ではあるのでおかしくはないかなぁとは思うのですが、いかが思われますか?

ご意見いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • 通信
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2009/08/03 18:31
  • ID:QA-0017000
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/08/03 23:44
  • ID:QA-0017003

この回答者の情報は非公開になりました

オーガナイズをしっかりと

小職といたしましてはあまり聞いた例がございませんが、特段問題は無いかと思いました。
10月採用のような、オープンな人事政策は御社のフレキシブルさと活力のようなものを感じさせると思いますので、ぜひ実施に当たっては、しっかりとオーガナイズをし、(そのようなことは無いと思いますが)グズグズな印象を与えないようご留意下さい。

フレキシブルは一歩間違うと無秩序となります。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/08/04 05:52
  • ID:QA-0017005

有限会社ライフデザイン研究所 代表取締役

入社式と内定式

新卒採用が一般的な日本の社会では、入社式・内定式はごく「あたりまえ」の式典です。
日本で一般的な内定式は、ある意味「新卒内定者の引き止め」という側面があるように思われます。
今後、社員の流動化がどんどん進む社会環境では基本的な会社の考え方を固めておく必要があるかもしれません。
今後の方針としては、(1)どちらも「廃止する」、(2)入社式は「存続させる」、(3)内定式は「存続させる、(4)どちらも「存続させる」の四つが考えられます。
入社の時期を年2回にする、という柔軟な考え方をとるのであれば、内定式を廃止するということも考えられるのではないでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/08/06 23:27
  • ID:QA-0017052

この回答者の情報は非公開になりました

同時開催を生かしてみたら?

最初に質問をさせてください。
【キヨの質問】
・内定式と入社式は誰のためのどんな意味をもつ「式」にしたいですか?
・内定式と入社式は、同時・合同でする場合と、全く別々にする場合でどんな影響が起こるでしょうか?
【回答】
このテーマ。考えてみました。確かに、年に2回となると内定式と入社式を同じ時期に開催していくことになるのでしょう。
内定式が「つなぎとめるため」に実施するであれば、内定式と入社式に工夫をする余地があります。入社式に参加した「先輩」とこれから入社準備をする「後輩」との接点を持たせ方とかです。
交流の場で、内定者にメッセージを送ることができます。同時に入社社員へも一足先に入社する「先輩」という意識も持つことができるでしょう。
すると、一足お先の「先輩」と交流が始まる可能性があります。先輩が好調ですと、OK。「こんなはずじゃなかった」となると悪影響?こんなことも起こり得ます。
しかし、社員を「だます」ようなことをしない限り正々堂々としっかり、新入社員を受けて止めてほしい。とくに、社会人になったばかりの新人への接し方はその後の伸ばし具合にも大きな影響があるでしょう。(私の会社ではそのような人を「イントロデューサー」と定義して新人の育成担当者の重要性を訴えています)
内定者、入社新人、人との縁をつなげながら、「祝い」の会を盛り上げてみたらいかがですか?

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/08/07 20:44
  • ID:QA-0017062

社会保険労務士法人SRグループ 代表

内定式・入社式を活かす方法の検討を

■既に回答されている内容と重なるところもありますが、参考にしていただければと思います。

■入社式は、毎月あっても良いと思います。
外国であれば地域によっても違いますので、「いつでなければいけない」と言うことはないでしょう。
もちろん、毎月行うことによって負荷がかかりますので、実際的なところで判断になると思いますが。

そもそも、なぜ入社式を行うのか?
それは節目、節目に「感動を共有する」ためです。人生の新人賞は1度しかありません。
新卒の入社式は、会社によって差はあるものの、ある程度多くの人が集まり、
どこか会場を手配して、それ相応の式が行われると思います。
ですが中途の場合には、入社人数が多い場合などを除いて、
わざわざ人が集まり会場を借りてまで式を行うということは少ないのではないでしょうか。
人生の新人賞とはそういう意味です。
会社として、そういう場面に新人に何をしてあげることができるのか?
それが入社式だと思います。

■内定式も同様です。
内定者は、他の内定者や既存社員と初めて出会うわけです。
イベントにすることで、「全社員参加すること」になります。全ての予定を調整し、準備し、本番を迎えるわけです。
せっかく全員が集った場面を、如何に最大化するか、です。

事例として、当社の場合、入社前にITリテラシー研修に参加してもらっていますが、
内定式や入社式、社員旅行などで課題の発表をしています。
課題は生易しいものではありません。「実務に役立つもの」をテーマに課しています。
そうすると、それは業務につながるものになりますので、仕事に対して関心を強めることに
なりますし、発表では先輩社員から実務という視点から厳しいコメント・指摘がありますので、
仕事の厳しさを知ったり、自分の未熟さを知ったり、先輩社員に対する尊敬の念を持ったりと
いろいろプラス面があります。

■ただ辞令を交付するだけの儀式であるならば、あってもなくても同じかもしれません。
直接的な回答にはなっていないかもしれませんが、会社として内定式・入社式を
どう位置づけるのか、そういう場をどう活かすのか、をお考えになると良いのではないでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
出向者の入社祝い金について
毎月の給与はもちろん出向先が負担しますが、入社祝い金については出向元に入社した人の場合でも 出向先が支払わないといけないのでしょうか?
入社一時金制度について
入社一時金制度について相談させていただきます。 入社一時金には2種類あり、入社準備金の意味合いで入社当月に支給するものと、入社半年後に入社祝い金の意味合いで支給するものがあります。 社会保険上の手続きで、さる専門家に「入社当月支給するものは給与扱い」、「半年後支給するものは賞与扱い→賞与支払届提...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 人材紹介会社のフォロー範囲
    人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、という気持ちが強いようで――。
  • 「内定者フォロー」とは ~その目的
    新卒採用では、母集団形成や面接・選考といったプロセスがクローズアップされがちだ。しかし、内定を出した学生を確実に入社させ、また入社後の新人研修にスムーズにつなげていくための最終段階「内定者フォロー」も、決して無視できない大切なポイントである。
あわせて読みたいキーワード
内定ブルー
「内定ブルー」とは、企業から内定を得て、就職活動に区切りがついた学生が、内定式の前後などに、「本当にこの会社でよかったのか」「この会社で活躍できるのか」といった不安や迷いに苦慮している状態を表す言葉です。結婚を控えた花嫁が漠然とした不安感に襲われる「マリッジブルー」になぞらえて、「内定ブルー」と呼ば...
内定後インターンシップ
「内定後インターンシップ」とは、すでに就職活動を終え、就職先が内定した学生が卒業までの間に取り組むインターンシップのことです。就活後の残された学生生活を、学業や遊びに費やすのではなく、内定先企業とは異なる会社や団体での就業体験に活かすという選択肢が、若者の就労観をめぐる新しい動きとして注目されていま...
配活
就職活動で内定を得た学生がそこで活動を終了せず、入社後希望通りに配属(職種や部署、勤務地など)されるよう企業研究を続けたり、さまざまな機会をとらえて内定先にアプローチしたりすることを配属活動、略して「配活」と呼びます。若者の労働観、就労観を反映した新しい動きとして注目されています。 (2013/8...
定番のQ&Aをチェック
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/02
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

ビジネスの世界では、「グローバル化」が急速に進んでいる。このような状況...