企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会社の敷地内で起きた損害

会社の駐車場に停めてある社員の車が、強風で、飛ばされてきた物体に、傷つけられてしまいました。(軽傷ですが)
この場合、社員は、車の修理代を会社に請求できるのでしょうか?
また、会社は、その社員の車の修理代を、支払わなければならないでしょうか?

投稿日:2008/04/01 15:53 ID:QA-0011929

*****さん
群馬県/鉄鋼・金属製品・非鉄金属

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

会社提供の駐車場内での車両物損

■通常、屋外駐車場の賃貸借契約書には、盗難、物損等については、賃貸側は免責とされており、現場にも、そのような主旨の看板表示がされていることが多いことは、よく見受けることです。
■会社が社員に提供する場合にも、有料・無料にかかわらず、決め事があるのが普通ですが、御社では、どのようになっていますか? 特になければ、会社の責に帰すことのできない原因で起きる損傷には、修理代を負担する義務はないと思います。

投稿日:2008/04/02 11:10 ID:QA-0011931

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
転勤後の車通勤に使用する車のリース料の負担
社宅居住を前提として転勤を命じた社員が、自宅から片道約2時間で着くので社宅居住ではなく自宅通勤をしたいと申し出てきました。 この場合、通勤に使用する車をリースする必要があるのですが、その車のリース代と夜間と週末に駐車する駐車料は、会社と社員のどちらが負担するのが一般的でしょうか。 ちなみに、社宅居住...
業務中の交通事故
社員が出張中に、取引先の方に駅まで車で送ってもらって車を降りた時に、後ろから来た車がぶつかって怪我をしました。 その場では大したことはないということで、警察にも届けませんでした。 その後、念の為に医者に行ったところ、軽いむちうちとの診断を受けました。 警察の事故証明は出るのかは別に調べるとして、 こ...
工場での車通勤について
いつも読ませていただいております。 工場での車通勤について教えてください。 当社で、お客様先である工場に常駐しての仕事を請け負うことになりました。 その工場は本社から公共交通機関を使っても3時間以上離れているため、 会社が準備した借家から通うことにしようと考えています。 ただ、その借家から工...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
身元保証人(身元保証書)
「身元保証人」とは、雇用される人(被用者)の身元を保証する人のことを指します。多くの雇用主は入社時に身元保証書の提出を求めます。被用者が雇用主に何かしらの損害を与えたが十分な損害賠償の支払い能力がない場合などに、雇用主は身元保証人に対して賠償責任を問うことができます。書面で第三者への責任を明記するこ...
未払い残業代
従業員が法定労働時間を超えて働いたにもかかわらず、会社から労働基準法で定められた時間外割増賃金が支払われない場合、この賃金債権を「未払い残業代」と呼びます。現在の民法の規定では、賃金債権の時効は2年。したがって労働者は最大で過去2年分までさかのぼって、未払い残業代を請求することができます。
スマートシティ
「スマートシティ」とは、IoTやロボット、人工知能(AI)、ビッグデータなどの先端技術を活用して、マネジメント(計画、整備、管理・運営など)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市のこと。内閣府が提唱する日本の未来社会のコンセプト「Society 5.0」を、先行的に実現する場として期待が高まっ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。