無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

休日の際の翌日出勤場所への移動は出勤にあたりますか?

平素より大変お世話になっております。
Q&Aで勉強させていただいております。

今回、平日月曜日から木曜日まで研修を開催することになりました。
遠方から参加する従業員については当日の開始時刻に間に合わない為、
前泊での参加を指定しております。
この場合、前日が日曜日になるため公休ですが、公休日の研修場所への
前入りは出勤扱いになるのでしょうか?
宿泊費、交通費は会社負担での対応になります。

日曜日 公休 自宅から研修場所最寄りの宿泊先へ移動 
月曜日 研修①
火曜日 研修②
水曜日 研修③
木曜日 研修④ 終了後、帰宅

よろしくお願い致します。

投稿日:2022/01/19 08:45 ID:QA-0111473

あきぺはんさん
東京都/運輸・倉庫・輸送

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

移動時間は原則として、労働時間とはなりません。
よって、
前日は、移動時間だけですので出勤扱いとはなりません。

投稿日:2022/01/19 09:56 ID:QA-0111481

相談者より

ご教示ありがとうございました。

投稿日:2022/01/20 08:36 ID:QA-0111523大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

この場合の移動時間は、労働者が日常の出勤に費やす時間と同じ性質のものと考えてよく、かつ、その時間は具体的な業務に関する指揮命令下にあるわけではなく、あくまで自由利用が保障されているわけですから通勤時間と同じ扱いになります。

したがって出勤扱いにする必要はありませんが、ただし、御社の判断で休日出勤扱いとするのはもとより自由です。

投稿日:2022/01/19 10:15 ID:QA-0111483

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2022/01/21 15:34 ID:QA-0111575大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

移動時間は勤務時間に含まれず、日曜には業務は発生しないため、無給となります。
時間をつぶされて不本意不平等に感じる社員もいるかも知れませんが、法的に義務はありません。しかし意欲向上のため、研修手当のようなものを前泊者には支給する例もあります。

投稿日:2022/01/19 13:32 ID:QA-0111496

相談者より

法的義務がない事が分かり、安心しました。

投稿日:2022/01/21 15:35 ID:QA-0111577大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、単に移動の為宿泊されるのみであれば、労働時間扱いされる必要性はないものといえます。

但し、休日でありながら場所的な制限を課されている事も考慮しますと、例えば特別休暇を付与される等といった配慮措置について検討されてもよいでしょう。

投稿日:2022/01/19 20:50 ID:QA-0111518

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2022/01/21 15:35 ID:QA-0111576大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
テーマ別研修の目的・テーマ例・留意事項

事業展開と課題から必要な研修テーマを決定します。テーマには「グローバル研修/コンプライアンス研修/リーダシップ研修/ダイバーシティ研修」などがあります。
ここでは、研修テーマの設定、テーマ研修例の解説、研修の運営上の留意事項などを盛り込み整理しました。

ダウンロード
関連する資料
【研修企画担当者向け】意味のない研修、つまらない研修と言わせないためのポイントがわかる!~効果的な研修設計とは~

せっかく研修を企画・実施したのに一生懸命なのは研修企画側だけだった、なんていうことはないでしょうか。
この資料では、14年間徹底したフルカスタマイズ研修を貫いてきた弊社のノウハウから、企業と受講者の両方に喜んでもらう研修設計のポイントを解説しています。
企画だけでなく、研修の内製化にも活用できます。

オンライン研修とは? 失敗しないやり方や必要なツール、注意点を徹底解説

働き方改革や新型コロナウイルス感染症の影響により、テレワークを導入する企業が
増えています。そうした流れのなかで注目を集めているのが、「オンライン研修」です。

本資料では、オンライン研修に必要なツールや、オンライン研修のやり方、スムーズに
進めるための注意点をわかりやすく解説します。

この相談に関連するコラム

注目の相談テーマ