企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14477件   回答数30769

言語教育制度の件

英語を含めた言語教育の実施を検討しております。
現在は講師を呼んで社員に受講させることを検討しております。
他に、言語教育の実施方法と致しましては、どのような方法がありますでしょうか。また、受講対象をどのようにするかも頭を悩ませております。お知恵を頂戴できますか。

  • *****さん
  • 長野県
  • 精密機器
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2007/10/19 16:35
  • ID:QA-0010139

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2007/10/21 18:48
  • ID:QA-0010152

この回答者の情報は非公開になりました

目的によります

教養としての外国語研修というより、業務上の必要性によって研修を組んでいる企業がほとんどだという前提でお話しします。

①英語手当
一番わかり易い尺度はTOEICですので、学習のやり方は自由にし、勝手にTOEICを受験させ、点数によって手当てを付けるケース

②手当&強制受験
中味は①と同じですが、年1回強制的に対象者にTOEICを受験させるケース

③完全オリジナルで講師招聘、あるいは学校提携するケース

これらが比較的よくあるケースだと思いますが、①はやはり現実的に受験しないで済ませることが多く、本来の社員の英語力向上が達成しづらいでしょう。

③は、コストと何より、現実的に業務との兼ね合いが難しく、挫折すこともあります。

私はその間を取って②をお薦めいたします。方式を社員任せにすることで、業務との兼ね合いに干渉する必要がありません。
もちろんこれに加えて、社内勉強会を設けてる手もあります。要は社員の参加意識と現場の対応によって、何が適するか決まるのではと思います。

TOEIC以外の尺度での語学研修は効果測定が難しいと思います。
また英語関連職をどのように処遇するかという別の対応も必要になります。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
新人教育担当者(OJT)の教育
はじめまして。 4月からの新人教育担当者の教育についてお聞きしたいと思います。 弊社は、ようやく社内教育を始めた小さな会社です。 まだ、定期的には多少の新人研修しか行えていません。 3年目ですが、新人だけを教育しても現場に行くと挨拶などもなくなってしまいます。 新人教育担当者への教育について何か...
平均に上げる教育について
いつもお世話になります。 先日、社内において基本的なことができていない社員が多いので、 基本的なことができる(平均に上げる)教育を考えて欲しいと言われました。 「平均に上げる教育」を実施するにあたり、面談で本人に対して 「できていないこと、必要であること」を気づかせる (自覚させる、認識させる)...
通信教育受講料の補助に対する所得税課税について
通信教育受講料の会社補助を検討しています。 その際、所得税課税が必要かどうかをご教授願います。 現在のところ、期限までに受講を修了した者について、通信教育受講料の半額を補助しようと考えています。 ちなみに、通信教育の受講は、会社強制ではなく、本人の希望に応じて自主的に受講するものです。 所得税課税の...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

ROI
「ROI」とは、return on investment(リターン・オン・インベストメント)の略で、「投資利益率」「投資収益率」などと訳されます。投下した資本に対して得られる利益の割合を示し、企業の収益性や事業における投下資本の運用効率を評価する際に用いられる基本的な指標です。基本的な式は〈ROI...
STEM教育
「STEM教育」のSTEMは「Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)」の頭文字を取った造語であり、これら理工系の知識を統合的に学ぶ教育をいいます。米国において戦略的に科学技術人材を育成しようと始まったもので、オバマ元大統領...
コープ教育
「コープ教育」とは英語のCooperative Educationを和訳した用語で、産学連携による実践的なキャリア教育の方法論を意味します。趣旨はインターンシップと共通しますが、インターンシップが企業など学生を受け入れる側のイニシアチブで実施されるのに対し、コープ教育では大学などの教育機関が産業界・...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...