企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】トーイック TOEIC

「TOEIC」とは、Test of English for International Communication(国際コミュニケーション英語能力テスト)の略称。英語を母国語としない人を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を評価するための試験で、世界約90ヵ国で実施され、年間のべ約500万人が受験しています。日本における実施・運営は財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が行っています。
(2011/3/14掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEICのケーススタディ

採用や人事考課に活用する企業が増加
グローバル化先進国・韓国には及ばず

TOEIC 800点以上の新入社員は通常の3倍近い初任給で採用」――2010年、野村ホールディングスが「グローバル型社員」と呼ばれる40人限定の新卒採用枠を導入して話題を集めました。初任給が54万円2千円という破格の待遇で、採用にあたってはTOEIC 800点以上が要件といわれています。また武田薬品工業は、13年度の新卒採用から、TOEIC 730点以上の取得を義務付ける方針を明らかにしました。国内の大手企業が、海外赴任や海外関連部門への配属を前提とした採用枠に限定せず、新卒採用全体にTOEICの基準ラインを設けるケースはきわめて珍しく、他の大手企業にも同様の動きが波及するのではないかといわれています。

海外進出に欠かせないグローバル人材の育成が企業の喫緊の課題となる中、TOEICのスコアを、採用や昇進・昇格、海外赴任の要件として活用する企業が増えてきました。運営団体のホームページによると、従業員の自己啓発や英語研修の効果測定といった活用事例も含め、国内で2009年度に約2,700団体(企業、官公庁、学校など)がTOEICを導入しています。米国の非営利団体Educational Testing Serviceが制作するTOEICのテストは聞き取り問題(listening)と読解問題(Reading)で構成。内容は各国共通で、その国独自の文化的背景を知らなければ答えられないような問題は出題されません。合否の判定はなく、テスト結果は10~990点までのスコアで評価。そのスコアに応じて、コミュニケーション能力のレベルを次のA~Eの5段階で判定します。

■ レベルA (860点以上)  … Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる
■ レベルB (730~860点) … どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている
■ レベルC (470~730点) … 日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では
                       業務上のコミュニケーションができる
■ レベルD (220~470点) … 通常会話で最低限のコミュニケーションができる
■ レベルE (215点以下)  … コミュニケーションができるまでに至っていない

では、日本の主な企業が社員に求める英語のコミュニケーション能力とはどの程度でしょうか。TOEICの基準点が高い企業を挙げてみると、採用ではNTTコミュニケーションズが850点以上、住友不動産や野村不動産が800点以上を評価対象とし、昇進・昇格では日立製作所の経営幹部候補が800点以上、三菱商事の課長職や楽天の上級管理職などが750点以上を必要とします。海外赴任の条件としては日本マクドナルドが800点以上、丸紅や三井物産や住友商事などが730点以上となっています。

日本企業よりもグローバル化が進んでいるとされる韓国企業のハードルはさらに高く、たとえばサムスンでは05年に新卒採用の“足切りライン”を900点に設定しました。課長クラス以上に昇進できる中核人材A級には920点以上の取得が義務付けられ、それを下回ると事実上、会社に残れなくなるといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...

関連する記事

1日30分、週3日、3ヵ月。 それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています。TOEIC®の点数を昇進・昇格の条件とする企業も見受けられますが、社員の実力が期待したほど伸びていないという企業も多いのではないでしょうか。そうした課題を解決できる英語学習プログラムとして...
2018/06/20掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第45回 「グローバル人材」の育成に向けて(前編)
「グローバル人材」の採用、育成に向けた企業の取り組みと、真のグローバル化に向けて、企業がどのような人材を育成していくべきか
2011/04/18掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
分類:[ 人事管理 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン 富士通が実践する「働き方改革」

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。