企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

“できる力”をとことん引き出す――
エフピコが目指す障がい者の
「真の戦力化」とは

2013年4月、障がい者の法定雇用率が従来の1.8%から2.0%に引き上げられました。企業は障がい者雇用へのさらなる取り組みを求められていますが、厚生労働省の統計によると、同年に法定雇用率を達成した企業の割合は42.7%で、前年に比べて4.1ポイント低下しています。障がい者雇用を拡大するには何が必要か。どうすれば障がいのある人材を事業に活かせるのか。これらの課題を考えていく上でぜひ参考にしたいのが、16.1%という驚異的な雇用率を実現する、食品容器メーカー最大手のエフピコの取り組みです。同社グループは、障がい者福祉の現場経験をもつ特例子会社ダックスの且田久雄社長をけん引役として、独自の発想と方法論で重度の知的障がい者を戦力化。日本の人事部「HRアワード2013」では、企業人事部門 優秀賞を受賞し、いま、多くの企業から注目を集めています。

Profile
且田久雄さん
且田久雄さん
エフピコグループ 株式会社ダックス四国(特例子会社) 代表取締役社長

(かつだ・ひさお)● 1995年(株)ダックス四国を設立、代表取締役社長に就任。1997年(株)エフピコの特例子会社として認定。

藤井良朗さん
藤井良朗さん
エフピコグループ エフピコ愛パック株式会社(就労継続支援A型) 代表取締役社長

(ふじい・よしろう)● 2006年(株)エフピコ 常勤監査役就任。2008年エフピコ愛パック(株)代表取締役社長就任。

永尾秀俊さん
永尾秀俊さん
株式会社エフピコ 人事部 ジェネラルマネージャー

1987年経理部に入社。その後、財務部、経営企画室、社長室を経て第二営業本部大阪支店長就任。2012年より人事部ジェネラルマネージャー。

井上英徳さん
井上英徳さん
株式会社エフピコ 人事部人事課 チーフマネージャー

(いのうえ・ひでのり)● 1982年営業職入社。仙台(営)、茨城(営)、埼玉(営)、大阪支店勤務後、第一営業本部業務課、総務部を経て、2010年10月より人事部人事課。

CSRも法令順守も超えて“本業の真ん中”で戦力に

「HRアワード2013」企業人事部門 優秀賞受賞おめでとうございます。“質・量”ともに最先端をいくエフピコグループの障がい者雇用を、それぞれの立場で統括・推進されている方々にお集まりいただきました。まずこれまでの取り組みをご説明いただけますか。

永尾:弊社は、スーパーなどで使用される簡易食品容器の製造・販売元であり、障がい者雇用については、特例子会社のダックスグループと就労継続支援A型事業所のエフピコ愛パックという二つの形態をもって、拡充に取り組んでいます。その歴史は28年前から始まりました。千葉県習志野の社会福祉法人「あひるの会」とご縁があり、1986年に知的障がい者を雇用する特例子会社としてダックスを立ち上げたのが始まりです。親会社エフピコの生産施設という位置付けで、最初は食品トレーの成型加工からスタートし、そのノウハウをベースに、ダックス四国、ダックス佐賀などグループ4社を順次設置していきました。

一方、エフピコ愛パックは2007年に営利法人としては日本で初めて、障害者自立支援法(現・障害者総合支援法)による就労継続支援A型事業の認定を受けました。その後、北海道から佐賀まで計14の事業所を展開し、現在では容器の製造だけでなく、近年の事業の大きな柱であるリサイクル事業の選別部門でも、多くの障がい者が活躍しています。

且田:知的障がい者が雇用義務化の対象になったのは97年ですから、本当に最近のことなんです。弊社が知的障がい者の特例子会社としてダックスを立ち上げたのは、それよりも10年以上早かった。ただ、私たちの場合は基本的に法定雇用率やCSR、コンプライアンスがどうかという発想から始めたわけではありません。弊社のトップである、小松安弘 会長兼CEOは当時、福祉問題としての障がい者雇用そのものには関心は希薄でした。障がい者だから働けないだろうという偏見や思い込みもなかったんです。

千葉・習志野にある知的障がい者の親たちの会から相談を受けた時も、「働いてもらえるなら取り組んでみよう」という感覚でした。かわいそう、助けなければいけないといった目線では見ていないので、いまある弊社の仕事をそのまま任せることに何のためらいもありませんでした。そして実際に任せてみたら、できるじゃないかと。つきっきりで手助けしたり、障がい者に合わせた作業をわざわざつくったりしなくても、彼らは私たちの本業のど真ん中で十分戦力になってくれる。そういう確信を28年前、初めて特例子会社をつくった時につかんだんです。

就労継続支援A型事業にも、そのようなスタンスで参入されたのでしょうか。

且田:ええ。あくまで事業としての可能性を評価して、挑戦しました。2006年に自立支援法ができ、就労継続支援A型の認定対象が非営利法人のみから営利法人まで広がったのですが、当初はどの企業も手を挙げませんでした。そこで厚労省から、特例子会社での実績を積んでいた弊社グループに「参入してみませんか」という相談があって、まず広島の工場で取り組んでみたら、これが予想以上の成果を上げました。かなり重度の人でも戦力として活躍できることがわかり、全国へ展開していくことになったのです。

藤井:A型事業所は、企業でありながら、障がい者に就労の可能性と職域を広げるための福祉サービスを提供する福祉事業者でもあるという位置づけです。障がい者を単に雇用すればいいわけではなく、経営陣としては厳しい法的規制もクリアしなければなりません。それでも弊社にとって彼らは、その苦労を補ってあまりある貴重な戦力なんです。愛パックの事業には大きく、食品容器組立加工とリサイクルの選別の二つがありますが、特に後者では彼らの強みが存分に発揮されています。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
東京都 その他業種 2014/03/04

障がい者の雇用について、特に何もしていない、彼らを特別扱いしていないという点が、とても参考になりました。

1件中 1~1件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載
株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載

関連する記事

「ひとまず採用」では成功しない。
定着・活躍を実現する障がい者雇用支援サービスの選び方
2018年4月、障がい者の法定雇用率が引き上げられました。重要な戦力として積極的に障がい者を雇用する企業も増え、実雇用数は上昇傾向にあります。一方で、障がい者の...
2020/06/05掲載人事支援サービスの傾向と選び方
大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の算出対象に新たに精神障がい者が加わり、民間企業の法定雇用率が2.2%に上がりました。企業の...
2019/04/17掲載注目の記事
障害者雇用 相談事例にみる!企業の“合理的配慮”はどこまで必要か?
法定雇用率の引き上げや雇用義務対象の拡大を受けて、大企業を中心に障害者雇用が進んでいます。一方、障害者雇用をめぐる相談事例も増加傾向にあります。実際の事例をもと...
2018/09/10掲載人事・労務関連コラム
浦上壮平さん(株式会社エスプール 代表取締役会長兼社長):
課題解決型の人材派遣とシェアリング型のアウトソーシングサービスで急成長 
近年は障がい者雇用支援など、社会課題を解決するソーシャルビジネスを展開
企業の課題解決に主眼をおいたグループ型の人材派遣サービスと、シェアリング型のアウトソーシングサービスを主力事業として展開するエスプール。1999年の創業当時は、...
2017/08/25掲載HR業界TOPインタビュー
中途採用とは
中途採用を「採用目的別」「雇用形態別」にそれぞれの特性を整理。また、「即戦力採用⇔ポテンシャル採用」「通年採用⇔4月一括採用」「採用コスト、期間」といった項目ご...
2012/10/08掲載よくわかる講座

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...


ピンチをチャンスに。<br />
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

ピンチをチャンスに。
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

働き方改革が進むなか、2020年4月から施行された中小企業の時間外労働...