企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ホウテイコヨウリツ 法定雇用率

「障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)」によって定められた割合。民間企業・国・地方公共団体に対し、それぞれの雇用割合が設けられており、それに相当する人数の身体障害者または知的障害者を雇用しなければなりません。
(2007/5/21掲載)

法定雇用率のケーススタディ

現在の民間企業の法定雇用率は1.52%
伸び悩む障害者雇用の課題は企業の雇用整備と就労支援

それぞれの法定雇用率は以下の通り(厚生労働省)

● 民間企業─── 一般の民間企業(常用労働者数56人以上)…1.8%
└───── 特殊法人等(常用労働者数48人以上) …… 2.1%

● 国・地方公共団体(職員数48人以上) …………………………2.1%
● 都道府県の教育委員会(職員数50人以上) ……………………2.0%

身体・知的障害者の雇用について、障害の重度や労働時間によっては、1人の雇用を2人または0.5人の雇用とみなす場合があります(平成18年4月の改正により、精神障害者も含まれる)

平成10年7月に施行された同法ですが、平成18年6月現在、民間企業における法定雇用率は1.52%(厚生労働省調べ)と基準値に達していません。その背景には、企業に障害者雇用についてのノウハウがないことや、障害者の担当業務を適正に判断することが困難であるという問題があります。法定雇用率が未達成の企業に対しては、障害者雇用に関する計画書の提出を求められる場合があり、それを怠ると罰則(罰金20万円以下)が科せられます。

また、常用労働者数300人以上の企業が法定雇用率未達成の場合、「納付金制度」といって、不足人数1人に対し、月額5万円の障害者雇用納付金の納付を義務付けられています。この納付金は、法定雇用率を達成し、障害者雇用を積極的に行っている企業の雇用環境の整備や、雇用促進のための助成金として用いられます。つまり、達成企業の経済的負担を軽減する役割を果たし、障害者雇用の発展と向上を促すものとして運用されています。

現段階で全体的な法定雇用率の上昇には、もう少し時間がかかりそうですが、さまざまな支援制度もあります。

そのひとつの「特例子会社制度」は、障害者雇用の促進と安定を図るため、企業が障害者の雇用に特別の配慮をした子会社を設立して、一定の要件を満たす場合には、その子会社に雇用されている労働者を親会社に雇用されているものとみなして、実雇用率を算定できる制度です。その例として、特例子会社がグループ会社と連携し、各社の仕事を受託して障害者に働く場を提供していくものがあり、クリーニングや、名刺印刷などの業務を受託するケースが出てきています。

上記の他にも、職場への受け入れサポートや職務支援などを地域障害者職業センターが行う「ジョブコーチ制度」や、就職してからのミスマッチを防ぐために試用期間を設ける「トライアル雇用」という制度が展開されています。

雇用環境の整備や就労支援を通じて、障害者雇用が促進・安定していくことが望まれます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

特例子会社
特例子会社とは、企業が障がい者の雇用を促進する目的でつくる子会社のこと。障がい者雇用促進法は従業員56名以上の民間企業に対して、全従業員の1.8%以上は障がい者を雇うよう義務づけていますが、特例として、事業者が障がい者のために特別に配慮した子会社を設立し、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
在宅就業障害者支援制度
「在宅就業障害者支援制度」とは、自宅もしくは福祉施設などで働く障害者に仕事を発注する企業に対して、障害者雇用納付金制度から助成金(特例調整金・特例報奨金)を支給する制度。障害者の就業機会拡大を図る障害者雇用促進法に定められ、2006年に導入されました。同制度では、自宅などで就業する障害者と仕事を発注...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
豊富な事例とノウハウによって 障がい者雇用の成功を総合的かつ本質的にサポート
障がい者雇用は、労働政策によって唯一義務化された領域で、長らく「法定雇用率さえ守っていればよい」という考え方が一般的でした。その結果、障がい者定着率は一般雇用者と比べて低く、事業に貢献する戦力として活用するという発想はなかなか広まりませんでした。こうした障がい...
2019/06/19掲載注目のHRソリューション
「障がい者雇用」をめぐる最新動向と採用&労務管理上のポイント
本記事では、社会保険労務士の松山 純子氏が、「障がい者雇用」をめぐる現在の状況や採用方法、法定雇用率引上げに対する企業の対応などについて、詳しく解説します。
2013/05/20掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

障害者雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
障害者雇用について
聾唖者の方を雇用する場合、手話の出来る人を配置することは義務付けられているのでしょうか。
障害者雇用
平成22年4月より改正されると聞きました。 概要を教えてもらえませんか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

日本企業が成長していくには、「グローバルに対応できる人材をいかに育成し...