企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

“できる力”をとことん引き出す――
エフピコが目指す障がい者の
「真の戦力化」とは

工場見学が学生に人気、採用活動に現れた波及効果とは

企業が障がい者雇用を推進するのに、特別なコツや秘訣はないということですね。

井上英徳さん photo

且田:よく聞かれるのですが、何か特別な、障がい者用の教育プログラムがあるわけではありません。障がい者だからではなく、同じ人間としていかにプライドを持って働けるようにするか。同じ働き手としてどう能力を引き出し、一人前に育てるか。考えていることは通常の人材育成と変わりません。私たちはその原点を守り続けているだけなんです。

障がい者雇用の取り組みに注目が集まることで、グループ全体の企業活動そのものに何か波及効果は出ていますか。

井上:私は新卒採用の現場に携わっていますが、障がい者雇用に積極的な企業ということで、弊社に関心を持ってくれる学生がとても増えました。障がい者雇用といっても、私たちにとってはごく身近で当たり前のことでしたから、反響の大きさに正直、驚いています。外部から注目され、評価されることであらためて、弊社はこんなすごいことをしているのかと誇らしく、また身の引き締まる思いでもあります。

やはり最近は、“やさしい若者”が多いからでしょうか。就職においても人の役に立つことや、社会に貢献するといった価値観を重視する傾向が強まっているようです。障がい者が働く生産現場で学生向けの見学会を実施するなど、人事部としても弊社の取り組みについて正確な内容を発信するように心がけています。

障がい者雇用に取り組む企業に向けて、メッセージをお願いいたします。

且田:最近は、仕事でお付き合いのある各地のスーパーや生協などから依頼されて、障がい者雇用のコンサルティングに出向く機会も増えましたが、決して何か特別なノウハウを教えるわけではありませんし、先ほど申し上げたようにそうしたものはないんです。“障がい者だから”と、あえて特別な施策を講じたり、過度な職場づくりに配慮したりするのは無意識の差別につながりかねません。弊社がここまで成果を出せたのも、要は“何もしなかった”からだと、私は思っています。

最初に作った特例子会社のダックスには、創業時から勤続28年の知的障がい者もいます。彼らは、やればできるんです。もちろん何ができるかは人によって違いますが、受け入れて育てる側が、その「できる力」にとことん向き合えるかどうか、結局は私たちの執着心にかかっているんじゃないでしょうか。

藤井:これも当たり前のことですが、障がい者とはいえ、皆一人ひとり違うわけですから、一括りにせず、目の前にいる“その人”に関心をもってコミュニケーションを深めること。現場ではそれが何より大切でしょう。彼らと工場で一緒に過ごす時間は8時間から、長くて10時間ですが、それ以外の時間は例えば家で何をしているのか、親や家族、友人とはどんな話をしているのか、そういうことにも関心を向けて、じっくりと話を聞くことです。職場に理解者がいると思えば、彼らもより安心して仕事に集中できますからね。

永尾:障がい者雇用の取り組みはあくまで企業活動の一環ですから、人事部のスタンスとしては、全体のバランスを見ながら、できることを積極的に取り組んでいくことに尽きます。社内のさまざまな部門や事業と接する機会が多いわけですから、その中で障がいのある社員の能力を活かせる分野を見極め、任せていく。私たちにきちんと任せる勇気さえあれば、それが彼らの本当の仕事、いわば“天職”になっていくのではないでしょうか。

株式会社エフピコ photo

(東京・新宿区の株式会社エフピコ 東京本社にて)


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
東京都 その他業種 2014/03/04

障がい者の雇用について、特に何もしていない、彼らを特別扱いしていないという点が、とても参考になりました。

1件中 1~1件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載
株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載

関連する記事

半数近い企業がダイバーシティを推進。取り組み開始5年以内は感じる効果が低め
『日本の人事部 人事白書2020』から、ダイバーシティの調査結果を紹介します。
2020/08/18掲載人事白書 調査レポート
「ひとまず採用」では成功しない。
定着・活躍を実現する障がい者雇用支援サービスの選び方
2018年4月、障がい者の法定雇用率が引き上げられました。重要な戦力として積極的に障がい者を雇用する企業も増え、実雇用数は上昇傾向にあります。一方で、障がい者の...
2020/06/05掲載人事支援サービスの傾向と選び方
大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の算出対象に新たに精神障がい者が加わり、民間企業の法定雇用率が2.2%に上がりました。企業の...
2019/04/17掲載注目の記事
障害者雇用 相談事例にみる!企業の“合理的配慮”はどこまで必要か?
法定雇用率の引き上げや雇用義務対象の拡大を受けて、大企業を中心に障害者雇用が進んでいます。一方、障害者雇用をめぐる相談事例も増加傾向にあります。実際の事例をもと...
2018/09/10掲載人事・労務関連コラム
浦上壮平さん(株式会社エスプール 代表取締役会長兼社長):
課題解決型の人材派遣とシェアリング型のアウトソーシングサービスで急成長 
近年は障がい者雇用支援など、社会課題を解決するソーシャルビジネスを展開
企業の課題解決に主眼をおいたグループ型の人材派遣サービスと、シェアリング型のアウトソーシングサービスを主力事業として展開するエスプール。1999年の創業当時は、...
2017/08/25掲載HR業界TOPインタビュー

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

アジアを中心とした新興国市場の拡大に伴い、外国人従業員の採用、グローバ...