企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュウロウケイゾクシエンエービーガタジギョウショ 就労継続支援A・B型事業所

「就労継続支援事業所」とは、障がい者自立支援法に基づく就労継続支援のための施設。一般企業への就職が困難な障がい者に就労機会を提供するとともに、生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練などの障がい福祉サービスを供与することを目的としています。同事業所の形態にはA、B二種類あり、「A型」は障がい者と雇用契約を結び、原則として最低賃金を保障するしくみの“雇用型”。「B型」は契約を結ばず、利用者が比較的自由に働ける“非雇用型”です。
(2011/9/26掲載)

就労継続支援A・B型事業所のケーススタディ

一般就労が困難な障がい者の働き場所
最低賃金の保障や社会保険の加入も

厚生労働省がまとめた2010年6月1日時点の障がい者雇用状況の集計結果によると、民間企業(従業員56人以上規模)に雇用されている障がい者の数は前年比3.1%増の34万2973.5人、実雇用率は同0.05%増の1.68%で、いずれも過去最高となりました。1.8%以上の法定雇用率を達成した企業の割合は47.0%。未達成企業に対する指導の強化などの効果が表れ始めたのか、前年を1.5%上回りはしましたが、過半数の企業が未達成であるという状況に変わりはありません。東日本大震災以降の雇用悪化を考えれば、直近の数字はむしろ落ち込んでいると見るのが妥当でしょう。

そもそも雇用総数や雇用率といったデータからは、障がい者の職場への定着状況や働きぶりまでは読み取れません。自ら一般企業などでの就労を希望し、教育や訓練を受けて雇用されても、実際は仕事についていけなかったり、職場で人間関係を築けなかったりして、離職を繰り返す障がい者は少なくありません。そうした人も含め、通常の事業所の雇用に結びつきにくい障がい者を対象に就労支援サービスを実施・提供するのが「就労継続支援A・B型事業所」の設置目的です。

A型(雇用型)はおもに養護学校卒業者や離職した人を対象に、雇用契約に基づいて、働きながら一般就労も目指す事業です。指定を受ければ、事業所としての位置付けは一般企業とほぼ変わりません。賃金体系や労働法規は厳格に適用され、社会保険の加入も義務付けられます。事業者には補助金が支給され、その財源は国が1/2、都道府県と市町村が1/4ずつ負担します。指定の申請には事業計画や収支見込み、職員の配置や作業場の間取りなどの書類が必要です。

一方、B型(非雇用型)は、年齢や体力面の理由で一般就労が困難な人などを対象に、雇用契約は結ばず、就労機会の提供を提供する事業です。賃金体系や労働法規に関しては法令の適用外なので、事業者は原則として作業工賃を分配すればいいわけですが、不当な低賃金でトラブルが多発していることから、指定にあたっては工賃の目標額を事業所ごとに定め、その引き上げを図ることとしています。

06年に障害者自立支援法が施行されるまでは、社会福祉法に基づく「法定授産施設」や自治体の定めた要綱に基づく「心身障害者小規模授産施設」などが同様の役割を担っていました。同法施行後、各授産施設は利用者の働き方に応じて、就労継続支援事業所などに順次移行しています。厚労省の調査によると、09年9月時点でA型の事業所は全国に321ヵ所、B型は2,851ヵ所が指定されています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

特例子会社
特例子会社とは、企業が障がい者の雇用を促進する目的でつくる子会社のこと。障がい者雇用促進法は従業員56名以上の民間企業に対して、全従業員の1.8%以上は障がい者を雇うよう義務づけていますが、特例として、事業者が障がい者のために特別に配慮した子会社を設立し、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可...
障害者雇用促進法
「障害者雇用促進法」とは、正式名称を「障害者の雇用の促進等に関する法律」と言い、障がい者の雇用義務に基づく雇用の促進などのための措置、職業リハビリテーションの措置などを通じて、障がい者の職業の安定を図ることを目的とする法律です。同法では、一定規模以上の企業に対し、法定雇用率とよばれる一定比率以上の割...
ジョブコーチ
「ジョブコーチ」とは、「職場適応援助者」の別称で、障がい者が一般の職場で就労するにあたり、障がい者・事業主および当該障がい者の家族に対して障がい者の職場適応に向けたきめ細かな人的支援を提供する専門職を指します。2002年(平成14年)に厚生労働省が創設した「ジョブコーチ支援制度」によって導入されま...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
「障がい者雇用」をめぐる最新動向と採用&労務管理上のポイント
本記事では、社会保険労務士の松山 純子氏が、「障がい者雇用」をめぐる現在の状況や採用方法、法定雇用率引上げに対する企業の対応などについて、詳しく解説します。
2013/05/20掲載人事・労務関連コラム
豊富な事例とノウハウによって 障がい者雇用の成功を総合的かつ本質的にサポート
障がい者雇用は、労働政策によって唯一義務化された領域で、長らく「法定雇用率さえ守っていればよい」という考え方が一般的でした。その結果、障がい者定着率は一般雇用者と比べて低く、事業に貢献する戦力として活用するという発想はなかなか広まりませんでした。こうした障がい...
2019/06/19掲載注目のHRソリューション

関連するQ&A

定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
分類:[ 就業管理 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

現在、福利厚生施策の中で、社員同士や家族連れで自由かつ気楽に利用できる...