企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュウロウケイゾクシエンエービーガタジギョウショ 就労継続支援A・B型事業所

「就労継続支援事業所」とは、障がい者自立支援法に基づく就労継続支援のための施設。一般企業への就職が困難な障がい者に就労機会を提供するとともに、生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練などの障がい福祉サービスを供与することを目的としています。同事業所の形態にはA、B二種類あり、「A型」は障がい者と雇用契約を結び、原則として最低賃金を保障するしくみの“雇用型”。「B型」は契約を結ばず、利用者が比較的自由に働ける“非雇用型”です。
(2011/9/26掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就労継続支援A・B型事業所のケーススタディ

一般就労が困難な障がい者の働き場所
最低賃金の保障や社会保険の加入も

厚生労働省がまとめた2010年6月1日時点の障がい者雇用状況の集計結果によると、民間企業(従業員56人以上規模)に雇用されている障がい者の数は前年比3.1%増の34万2973.5人、実雇用率は同0.05%増の1.68%で、いずれも過去最高となりました。1.8%以上の法定雇用率を達成した企業の割合は47.0%。未達成企業に対する指導の強化などの効果が表れ始めたのか、前年を1.5%上回りはしましたが、過半数の企業が未達成であるという状況に変わりはありません。東日本大震災以降の雇用悪化を考えれば、直近の数字はむしろ落ち込んでいると見るのが妥当でしょう。

そもそも雇用総数や雇用率といったデータからは、障がい者の職場への定着状況や働きぶりまでは読み取れません。自ら一般企業などでの就労を希望し、教育や訓練を受けて雇用されても、実際は仕事についていけなかったり、職場で人間関係を築けなかったりして、離職を繰り返す障がい者は少なくありません。そうした人も含め、通常の事業所の雇用に結びつきにくい障がい者を対象に就労支援サービスを実施・提供するのが「就労継続支援A・B型事業所」の設置目的です。

A型(雇用型)はおもに養護学校卒業者や離職した人を対象に、雇用契約に基づいて、働きながら一般就労も目指す事業です。指定を受ければ、事業所としての位置付けは一般企業とほぼ変わりません。賃金体系や労働法規は厳格に適用され、社会保険の加入も義務付けられます。事業者には補助金が支給され、その財源は国が1/2、都道府県と市町村が1/4ずつ負担します。指定の申請には事業計画や収支見込み、職員の配置や作業場の間取りなどの書類が必要です。

一方、B型(非雇用型)は、年齢や体力面の理由で一般就労が困難な人などを対象に、雇用契約は結ばず、就労機会の提供を提供する事業です。賃金体系や労働法規に関しては法令の適用外なので、事業者は原則として作業工賃を分配すればいいわけですが、不当な低賃金でトラブルが多発していることから、指定にあたっては工賃の目標額を事業所ごとに定め、その引き上げを図ることとしています。

06年に障害者自立支援法が施行されるまでは、社会福祉法に基づく「法定授産施設」や自治体の定めた要綱に基づく「心身障害者小規模授産施設」などが同様の役割を担っていました。同法施行後、各授産施設は利用者の働き方に応じて、就労継続支援事業所などに順次移行しています。厚労省の調査によると、09年9月時点でA型の事業所は全国に321ヵ所、B型は2,851ヵ所が指定されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

特例子会社
特例子会社とは、企業が障がい者の雇用を促進する目的でつくる子会社のこと。障がい者雇用促進法は従業員56名以上の民間企業に対して、全従業員の1.8%以上は障がい者を雇うよう義務づけていますが、特例として、事業者が障がい者のために特別に配慮した子会社を設立し、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可...
ジョブコーチ
「ジョブコーチ」とは、「職場適応援助者」の別称で、障がい者が一般の職場で就労するにあたり、障がい者・事業主および当該障がい者の家族に対して障がい者の職場適応に向けたきめ細かな人的支援を提供する専門職を指します。2002年(平成14年)に厚生労働省が創設した「ジョブコーチ支援制度」によって導入されま...
障がい者雇用
障がい者雇用は、「障害者雇用促進法(障害者の雇用の促進等に関する法律)」で定められた義務です。民間企業の場合、常用労働者の2.2%以上(2018年4月1日時点)の障がい者を雇用しなくてはなりません。障がい者も、さまざまな能力・スキルを持っています。人材不足の中、適切にサポートすることによって、貴重な...

関連する記事

経営者・人事の視点で取材! 障がい者雇用の現状と対策
法の定めにより、企業は全従業員数の2.2%以上(平成30年4月1日)の障がい者を雇用する義務があり、未達成の場合には納付金の徴収という罰則もある。最近では雇用率が未達成の企業に対する指導が強化され、社名の公表措置が取られるケースも…。今、CSR(企業の社会的責...
2006/04/17掲載人事支援サービスの傾向と選び方
“うっかり5年超え”に注意が必要! 無期転換ルールに対応した「定年退職日」と「再雇用終了日」の定め方
就業規則等で定年および定年後の再雇用制度について定める場合には、労働基準法、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律のほか、労働契約法および本年4月から施行される「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法」に留意する必要があります。本稿では、これらの...
2015/05/14掲載人事・労務関連コラム
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
分類:[ 就業管理 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...