企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

“できる力”をとことん引き出す――
エフピコが目指す障がい者の
「真の戦力化」とは

やればできる! 売上の4割を稼ぐ驚異のマンパワー

使用済み容器を回収し再生トレーを生産する「トレーtoトレー」方式のリサイクル事業は御社独自のビジネスモデルであり、経営面・環境面で大きな強みとなっています。そのシステムの中で、障がい者の皆さんをどのように戦力化されているのですか。

永尾秀俊さん photo

永尾:スーパーなどから回収される容器類は種々雑多。白無地のものもあれば色柄のものもあり、中には汚れのこびりついた容器や缶詰のフタなど、リサイクルに回せない不適品も含まれています。それらは混ざったままではただのゴミ、分けないと資源になりません。選別はシステムの心臓部ともいえる工程なんです。当初は機械を入れて完全自動化を目指したのですが、トレーが重なっていると、機械ではどうしてもうまく分けられない。精度が低いんですね。機械化を断念し、やはり人の手で分けるしかないとなった時、障がいのある人たちの力を借りてみたら、彼らの特性がこの作業にピタリとはまったわけです。それで一気にリサイクル事業を拡大することができました。

藤井:彼らは、集中力がとても高くて、長続きするんです。ベルトコンベヤーで次々と流れてくる膨大な量のトレーを瞬時に識別し、白なら白、色柄ものなら色柄ものと正確に分けていく。私なら5分もたたずに目が回ってしまいますが、彼らは飽きたり気を緩めたりせずに、黙々と作業を続けられるので、本当にすごいと思います。

且田:再生トレーは現在、弊社の汎用トレー売り上げの約4割を占めています。障がいのある社員の能力がなければ、そこまでの利益は生まれないわけですから、大変な戦力といえます。製造部門でも、ラインはほぼ完全自動化されていますが、1台数千万円もするハイテクマシンから出てくる製品を最終的に検品するのは、知的障がいのある社員です。健常者の社員がさらにチェックしたりはしません。そのままお客様のもとへ届くわけです。

通常なら、企業は「品質が心配だ」と二の足を踏むでしょう。でも、健常者だけで操業している他の工場と比較しても、クレーム率、事故率の数字は変わりません。むしろ障がい者の多い工場のほうがクレームは少ないくらいです。

多くの企業は戦力化どころか、法定雇用率の達成も難しく、なかなか御社のようには進みません。障がいのある人たちが、なぜそこまで活躍できるのでしょうか。

且田:活躍できると信じて、仕事を任せるからです。活躍できないのは、できないと周りが勝手に思い込んで、障がい者の能力をきちんと引き出していないからだと思います。本業の仕事を任せず、例えば書類をシュレッダーにかける、納品書にスタンプを押す、社内で郵便物を配って回るなど、特例子会社でもそういった作業しか与えていないところが多いのではないでしょうか。

私たちの会社では、多少時間がかかってもいいから、本業の仕事を頑張ってもらう。それだけです。仕事ができるようになると、会社が自分の生活基盤のほぼすべてになって、彼らは会社がどんどん好きになっていく。そこには自分の大切な仕事があるし、仲間もいるので「辞めよう」「休もう」なんて思わない。エフピコが大好きだからますます仕事に打ち込んで、スキルも上がっていくわけです。

回収した容器を種類ごとに手作業で選別する

作業の様子 photo

藤井:一見単純な彼らの作業の中には、実は彼ら自身が工夫して編み出したノウハウがたくさん詰まっています。例えば選別では、自分の手もとだけを見ていると目が回るから、ベルトコンベヤーを1メートルぐらい前から見て、流れをつかみながら作業すると目が回らないなどの工夫をしていますね。しかもそうしたノウハウを、進んで他の社員にも教えています。職場にちゃんと自分の役割があるというのが、やはり大きいんでしょうね。本業のど真ん中なのでやりがいがあるし、誇りも生まれる。弊社の社員はスーパーやコンビニに行くと、必ず容器の裏のエフピコマークを確認していますよ。「私の作った容器がありました」と、よく報告してくれます。

永尾:職場に障がいのある人がたくさんいて、大切な役割を任されているということは、他の健常者の社員からすると、障がい者の社員が働いてくれないと仕事全体が回っていかないという状況なんですね。「障がい者だからできなくても仕方ない」と、簡単に諦めている場合ではないんです。できないならできるように、チーム全体で工夫して助け合う。そういう職場環境が自然と生まれてくるメリットも大きいと思いますね。

障がい者雇用を通じて、職場全体のチーム力が向上するわけですね。

且田:以前、障がい者福祉の現場にいた経験から言えば、彼らは、自分たちを“要支援者”だとは思っていません。むしろ自分たちも人の役に立ちたい、誰かのために頑張りたいと思っています。それを健常者が「支援しなきゃいけない」「手助けしなきゃいけない」と、上から目線で見ているから“要支援者”になってしまう。必要以上にサポートしなくてもいいのです。

では何をすればいいか。それは、いま目の前にある仕事を一生懸命頑張ることこそが、彼ら自身が望む、人の役に立つことであり、家族や仲間や会社、ひいては世の中の役に立つことにつながるのだと、彼らに説き続けて“働く意義”を教育することです。そこが分かってくると、自分の仕事へのプライドや責任感が出てくる。なかなか会社を休まなくなるし、休まざるを得ないときでも「私が休んだら迷惑がかかる、会社がつぶれてしまう」と、泣きながら電話をかけてきたりします。知的障がい者が周囲を気遣えるようになるのは、たいへんな成長ですし、彼らをとりまく健常者にも影響は大きい。先ほど仰った、チーム力の源になるんです。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
東京都 その他業種 2014/03/04

障がい者の雇用について、特に何もしていない、彼らを特別扱いしていないという点が、とても参考になりました。

1件中 1~1件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載
株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載

関連する記事

半数近い企業がダイバーシティを推進。取り組み開始5年以内は感じる効果が低め
『日本の人事部 人事白書2020』から、ダイバーシティの調査結果を紹介します。
2020/08/18掲載人事白書 調査レポート
「ひとまず採用」では成功しない。
定着・活躍を実現する障がい者雇用支援サービスの選び方
2018年4月、障がい者の法定雇用率が引き上げられました。重要な戦力として積極的に障がい者を雇用する企業も増え、実雇用数は上昇傾向にあります。一方で、障がい者の...
2020/06/05掲載人事支援サービスの傾向と選び方
大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の算出対象に新たに精神障がい者が加わり、民間企業の法定雇用率が2.2%に上がりました。企業の...
2019/04/17掲載注目の記事
障害者雇用 相談事例にみる!企業の“合理的配慮”はどこまで必要か?
法定雇用率の引き上げや雇用義務対象の拡大を受けて、大企業を中心に障害者雇用が進んでいます。一方、障害者雇用をめぐる相談事例も増加傾向にあります。実際の事例をもと...
2018/09/10掲載人事・労務関連コラム
浦上壮平さん(株式会社エスプール 代表取締役会長兼社長):
課題解決型の人材派遣とシェアリング型のアウトソーシングサービスで急成長 
近年は障がい者雇用支援など、社会課題を解決するソーシャルビジネスを展開
企業の課題解決に主眼をおいたグループ型の人材派遣サービスと、シェアリング型のアウトソーシングサービスを主力事業として展開するエスプール。1999年の創業当時は、...
2017/08/25掲載HR業界TOPインタビュー

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...