企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

現場管理職アンケートから見た これからの管理職育成

企業を取り巻く環境が大きく変化している中で、経営上の課題として「現場管理職の育成」がよく挙げられます。管理職の役割は、部門/部署における業績向上から部下の人材育成責任まで多岐にわたります。組織を活性化し、企業業績の向上につなげていく上で、管理職層のマネジメント力、育成力を強化していくことは、多くの企業において喫緊の課題となっています。民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、現場管理職の育成の方向性を探ることを目的として、現場管理職へのアンケートを実施。本記事では、その中から「仕事の能力が向上した時期と、役立った経験」「上司から受けた指導と、部下育成のため実践している指導」「管理職の意欲、モチベーションの源泉」について、取り上げます。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【調査要領】

◎調査名:「管理職自身が考えるマネジメントの現状」

1. 調査対象:マクロミル社のインターネットリサーチパネルから、北海道、神奈川、東京、千葉、埼玉、愛知、大阪、福岡の計八つの都道府県に在住の20~60歳の管理職(部長クラス、課長クラス、係長クラス)を抽出・調査

2. 調査期間:2012年2月25~26日

3. 調査方法:WEBによるアンケート

4. 集計対象:「部長クラス」「課長クラス」「係長クラス」について各103人(計309人)。

仕事の能力が向上した時期と、役立った経験

現在は職場管理者として業務に当たる管理職層も、キャリアのいずれかの時点で、大きく仕事上の能力を伸ばし た時期があったはずです。ここでは、回答者にこれまでのキャリアを振り返ってもらい、最も能力が向上した時期と、その背景や周囲から与えられた支援、そし て能力を身に付ける上で役立った経験を挙げてもらいました。

これまでで一番仕事の能力が向上し、大きく「伸びた」時期

回答者に、自分自身がこれまでで一番仕事の能力が向上し、大きく「伸びた」と実感している時期について、最も近い年齢層を挙げてもらいました。

これによると、現在50~54歳の回答者が最も多い部長クラスでは「30代後半」、同じく現在50~54歳の回答者が最も多い課長クラスでは「30代前 半」、さらに現在40~44歳の回答者が最も多い係長クラスでも「30代前半」を挙げる声が最も多くありました。もちろん昇進時期は企業によって異なりま すが、中堅から初任管理職に相当する30代半ばに、最も大きな成長を遂げたと本人たちは認識しているケースが多いことがうかがえます。

その時期に大きく伸びたことの背景、与えられた支援

また、その時期に大きく「伸びた」ことの背景や周囲から与えられた支援について聞いたところ【図表1】(複 数回答)、いずれの役職においても「仕事上の責任の増加」を挙げる回答が最も多くありました(部長クラス76.7%、課長クラス77.7%、係長クラス 69.9%)。また次点もすべての役職で「自分自身の意識変革」となっています(部長クラス50.5%、課長クラス42.7%、係長クラス45.6%)。

一方、役職が高くなるほど、「昇進・昇格」を挙げる回答割合が増えています(部長クラス38.8%、課長クラス27.2%、係長クラス18.4%)。

【図表1】自身がその時期に大きく「伸びた」ことの背景や支援(複数回答)

【図表1】自身がその時期に大きく「伸びた」ことの背景や支援(複数回答)

仕事上の能力を身に付けるために役立った経験

回答者に、これまでのキャリアを振り返ってもらい、仕事上の能力を身に付けるために役立ったと思う経験を挙げてもらいました。

これによると、部長クラスでは「リーダーシップを発揮するポジションに就く」(51.5%)、課長クラスでは「新しいプロジェクトや新規事業の立ち上げに 関わる」(47.6%)、係長クラスでは「未経験の仕事を数多く経験する」(40.8%)――を挙げる回答割合がそれぞれ最も多く、役職によって回答傾向 が異なる結果となりました。

なお、係長クラスについては、「職場で頼られる存在となる」(27.2%)、「後輩を指導する」(15.5%)、「仕事上の目標となる先輩や上司を持つ」(14.6%)――など、職場での人間関係に基づく経験が、部長クラス等に比べ比較的多く見られました。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

新型コロナウイルス感染症への企業の対応アンケート
~在宅勤務の実施状況、社員が感染した場合の対応などを調査~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所(理事長:猪股 宏)は、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)に企業がどのように対応したのかを調べるために、20...
2020/12/11掲載
【本誌特別調査】〈速報〉2020年度決定初任給の水準
58.5%が「全学歴据え置き」、据え置き率は2年連続で上昇。
大学卒の水準は21万3276円で前年度比0.5%増
労務行政研究所では、2020年4月入社者の決定初任給を調査。ここでは、4月7日までに回答のあった東証1部上場企業164社について、速報集計を取りまとめた。 今...
2020/10/19掲載
【本誌特別調査】
人事担当者のキャリアに関するアンケート
人事担当者としての今後の意向と自身のレベル感
働き方改革関連法の施行やHRテクノロジーの普及など、企業の人事を取り巻く環境とともに、“人事担当者に求められる役割・資質” も大きく変化している。こうした中、人...
2020/08/26掲載

関連する記事

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第15回】
キャリア開発研修を「違反者講習会」にしないために、今こそ、刷新を!
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2021/01/15掲載編集部注目レポート
企業のシニア人材マネジメントに関する実態調査(2020)(パーソル総合研究所)
(1)日本企業がシニア人材マネジメントに対して抱えている課題感や制度・施策の実施状況・方針などの実態を明らかにする、(2)シニア人材の活躍を促す制度・施策や企業...
2021/01/08掲載HR調査・研究 厳選記事
株式会社ニトリホールディングス:
そのテクノロジーは何のため?
個人と深く向き合い成長を促す、ニトリのテクノロジーを活用したキャリア開発
ニトリホールディングスの躍進が止まりません。コロナショックで多くの企業が業績を悪化させる中、巣ごもり需要を追い風に、33期連続増収増益の記録を今期も更新しそうな...
2021/01/06掲載となりの人事部
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll” 【第12回】人事部とリーダーシップ(その8):人事部門の志
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2021/01/04掲載編集部注目レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第12回】
資格取得やスキルアップ研修……
社員のキャリア開発支援、どんなものがある?
キャリア開発支援の導入について、社員からは「部署移動」や「資格補助」などさまざまな要望が出てきますが、すぐに手を付けられるとは限りません。会社が行うキャリア開発...
2020/12/23掲載編集部注目レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...