企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

機能する目標管理制度--その実態と効果的な運用方法を探る

成果主義の広がりとともに、目標管理制度の導入が高まっています。しかし一方で、運用に課題を持っている企業は多いようです。そこで、2006年3月に『労政時報』が行った「目標管理制度の運用に関する実態調査」から、目標管理制度の実態、円滑な運用に向けた施策の実施状況などを探りました。

1000人以上の企業では9割以上が制度あり

まずは、目標管理制度の導入状況などの実態、制度の基本的枠組みに関する傾向を概観します。調査結果の中から導入状況、導入時期、達成度評価の反映項目、制度の見直し状況について取り上げます。

図表(1)をご覧ください。今回の集計対象となった150社の中では、79.3%と約8割が「制度あり」としており、「制度なし」(20.0%)を大きく上回りました。(なお、『労政時報』が04年に実施した「人事労務管理諸制度実施状況調査」における導入率は、260社中77.3%)

企業規模別では、規模が大きいほど「制度あり」の割合が高く、1000人以上では9割を超える(92.0%)一方、300人未満では67.3%と7割を下回っています。

導入時期については、「96~00年」(42.3%)、「01年以降」(39.4%)がそれぞれ4割前後を占めており、8割超が96年以降の約10年間で制度を導入したことになります。以下、「90年以前」が10.6%、「91年~95年」が7.7%となっています。

図表(1)目標管理制度の導入状況

図表(1)目標管理制度の導入状況

次に、設定した目標の達成評価について、各種処遇のほか、具体的にどのような項目へ反映させているかについても尋ねています。各割合とも、一般社員・管理職で大きな差はなく、「賞与」が8割超で最も多くなっています。これに「賃金改定」(約7割)、「昇進・昇格」(65%弱)が半数以上で続き、以下「人材育成」(30%超)、「異動・配置」(20%弱)などとなっています。

図表(2)をご覧ください。目標管理制度を運用する上でさまざまな問題が発生しますが、問題を解決するため、制度を見直しているか、あるいは今後見直す予定はあるか等については(複数回答)、過半数(56.9%)が今後「見直す予定」ありとしています。「すでに見直した」は18.1%で、「見直す予定はない」は21.6%となっています。

図表(2)目標管理制度の見直し状況(複数回答)

図表(2)目標管理制度の見直し状況(複数回答)

まずは制度実施上の勘所やルールを周知・確認

図表(3)をご覧ください。目標管理制度を適正かつ円滑に運用し、その実効性を高めるために有効と思われる施策について、各社の実施状況やその効果、今後の方向性を聞いています。

「実施した」割合が最も高い施策は、「制度に関する目標設定事例や目標管理シートの記入例、マニュアル等を配布」で84.8%に上ります。まずは制度実施上の勘所やルールを周知・確認しておく必要がある、ということでしょう。

実施率が半数を超える上位5項目は、以下です。

  • 84.8%…「制度に関する目標設定事例や目標管理シートの記入例、マニュアル等を配布」
  • 64.8%…「評価結果を処遇にダイレクトに反映させるなど、活用方法を明確化」
  • 57.7%…「個人目標を設定する前に、組織目標を共有するミーティングを開催」
  • 54.1%…「管理職に自部門の課題・組織目標を設定する研修を実施」
  • 52.8%…「運用の中心となる部署を明らかにし、相談窓口を設置、または指導を実施」

図表(3)制度の円滑な運用に向けた施策の実施割合

図表(3)制度の円滑な運用に向けた施策の実施割合

[注]1.各項目の集計社数は異なる。2.<>内の割合は、各施策に対する評価の内訳(実施企業=100)を示したもの

研修の実施が効果大

「実施した」場合のその施策への評価(「実施した」企業=100)については、いずれの項目でも「やや効果があった」 が過半数を占めます。一方、「非常に効果があった」とする施策は、「一般社員に目標管理に関する研修を実施」が3割程度(32.0%)で最も高くなってい ます。

また、以下は回答者から寄せられた制度を円滑に運用するための留意点についてまとめたものです。

  • 制度に対する理解
  • 認識の統一
  • 管理者の意識改革
  • コミュニケーション、マネジメントの能力向上に向けた研修の実施
  • 組織における役割や職務の明確化
  • 評価結果の処遇反映への明確化と仕組みの工夫

よりよい仕組みにするためには、継続的な運用を通じて蓄積した課題を整理・検証し、制度の修正・改善を行うことが大切なのでしょう。

注) *ここでは、労務行政研究所が2006年3月6日から31日にかけて、全国の上場企業3706社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)349社の合計4055社を対象として(回答があったのは150社)行った調査をもとに、「日本の人事部」編集部が一部をピックアップし記事を作成しました。調査は「目標管理制度の運用に関する実態調査」と題されたもので、詳細は『労政時報 第3681号』(2006年7月14日発行)に掲載されています。
◆労政時報の詳細は、こちらをご覧ください → 「WEB労政時報」体験版

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

新型コロナウイルス感染症への企業の対応アンケート
~在宅勤務の実施状況、社員が感染した場合の対応などを調査~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所(理事長:猪股 宏)は、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)に企業がどのように対応したのかを調べるために、20...
2020/12/11掲載
【本誌特別調査】〈速報〉2020年度決定初任給の水準
58.5%が「全学歴据え置き」、据え置き率は2年連続で上昇。
大学卒の水準は21万3276円で前年度比0.5%増
労務行政研究所では、2020年4月入社者の決定初任給を調査。ここでは、4月7日までに回答のあった東証1部上場企業164社について、速報集計を取りまとめた。 今...
2020/10/19掲載
【本誌特別調査】
人事担当者のキャリアに関するアンケート
人事担当者としての今後の意向と自身のレベル感
働き方改革関連法の施行やHRテクノロジーの普及など、企業の人事を取り巻く環境とともに、“人事担当者に求められる役割・資質” も大きく変化している。こうした中、人...
2020/08/26掲載

関連する記事

株式会社湖池屋:
“働いてみたい注目成長企業”湖池屋が実践!
チャレンジする人材と組織をつくる「人事制度改革」
1962年に湖池屋ポテトチップスを発売、1967年には日本で初めてポテトチップスの量産化に成功し、その後も「カラムーチョ」をはじめとする数々のヒット商品を送り出...
2020/12/03掲載となりの人事部
人事評価システムで業務効率化・評価の質を向上
~目標管理・評価を見える化してマネジメントに生かすおすすめサービス
目標管理や人事評価は従業員のモチベーションに直結し、業績に大きな影響を与える重要な業務です。しかし、Excelを利用するなど従来のアナログな運用では相当な労力が...
2020/02/05掲載HRソリューションの傾向と選び方
特定の職種(スキル保有)の従業員に「何らかの処遇を行っている」企業が約6割
人事担当者に「特定の職種(スキル保有)の従業員に対して、特別な処遇を行うための制度はあるか」を聞いたところ、「何らかの処遇を行っている」企業が約6割あることがわ...
2019/08/06掲載人事白書 調査レポート
「部下が上司を評価する仕組みがある」企業は14.4%
「評価が会社の業績向上につながっている」企業は35.5%
「最終的な評価結果が、被評価者にフィードバックされる」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた人は、71.3%。また、評価対象、評価項目、評価基準...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

「厳選企業と優秀学生をつなぐスカウト型のエージェントサービス」IROO...