無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

評価されづらい?「大学院卒」の転職
海外との違いが大きい

中国の総合家電メーカー「Xiaomi」や、アメリカ発の自動車配車サービス「Uber」、民泊サービス「Airbnb」など、近年、さまざまなビジネスが誕生し、急成長を続けている。これらの市場評価額10億ドル以上の未上場企業は「ユニコーン企業」と呼ばれ、世界的にも大きな注目を集める。では、なぜ日本には海外と比べて、ユニコーン企業が少ないのだろうか。そこにはさまざまな要因が考えられるが、「大学院などで高度な教育を受けた人が評価されづらい」日本の採用市場も、理由の一つだろう。

「大学院卒」は転職市場で評価されない?

「退職して大学院で学びなおすことは、転職の際に有利になるのでしょうか。もし評価されるのなら、『急がば回れ』で、それもいいかと思っているのですが」

転職相談のときにこういった質問を受けることがある。勉強熱心でまじめな人に多いようだ。同じように「留学を考えている」「資格取得を検討している」といった相談をされることもあるが、人材紹介会社のキャリアアドバイザーとしては、そのどれにも積極的には賛成できないと回答している。

なぜなら、中途採用において学位や留学経験、資格などを重視する企業はほとんどなく、参考にする程度だからだ。時間やお金をかけても、それに見合うだけのメリットはまず得られない。純粋に学びたい気持ちがあるなら話は別だが、「転職のために」というのならやめておいた方がいい、というアドバイスをせざるをえない。

評価されづらい?「大学院卒」の転職

中でももっとも厳しいと思われるのが、博士・修士などの学位取得だろう。理工系の技術職に関しては修士の方が有利なケースもあるが、それ以外ではプラスに働くどころか、マイナス要因になってしまうことさえある。中途採用に限らず、新卒採用であっても、大学院で学んだ人に対して「年齢のわりに経験が少ない」という見方をする企業は少なくない。

以下のような評価は、いずれもかつて企業の採用担当から聞いたものだ。

「勉強ばかりしてきて社会や現実を知らない」
「専門外の仕事をしたがらない」
「プライドが高くて使いにくそうだ」
「一種のモラトリアムで大学院に進んだのでは?」

ほとんど偏見に近いようなものもあるが、基本的には日本の企業が「学校の勉強は、実際の仕事には直接使えない」と考えていることからくるものだろう。よりビジネスに直結した分野を学ぶMBA(経営学修士)でも、日本企業では優遇されることが少ないようだ。

「なるほど。そうなんですか」

こういった状況を説明すると、ほとんどの人が納得してくれる。ただ、欧米の転職事情などを知っている人には不思議がられることもある。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
35歳限界説
Oターン
ジョブホッピング
嫁ブロック
カウンターオファー
リベンジ転職
リファレンスチェック
パラレルキャリア
在留資格
キャリア権