人材採用“ウラ”“オモテ”企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

経歴詐称を見抜けるか

2016/05/02
人材紹介会社は基本「性善説」
ついキャリアを上方修正してしまう人たち
自身のホームページに記載されているプロフィールが事実と違うのではないか――。経歴詐称疑惑でTVコメンテーターが番組を降板、謝罪した事件は記憶に新しい。同じように転職活動においても、少しでも良い仕事に就きたいという思いからか、キャリアを「よく見せようとする人」は存在する。人材紹介会社が推薦する人材は、学歴・経歴などもしっかりウラをとってあると思われるかもしれないが、幹部クラスを紹介するヘッドハンターなどを除けば、人材からの自己申告を信頼して紹介しているケースが一般的だ。
(1/2ページ)

学歴水増しから転職回数の操作まで

「すごい経歴の方ですね。他の会社での進捗状況はわかりますか?」

時折だが、紹介した企業の人事も驚くほどの、キャリアを持つ人材がいる。普通なら書類選考後、「面接します」「今回は見送らせてもらいます」のどちらかの結果が伝えられるだけだが、わざわざそんなことを聞いてくる時は、素晴らしいのでぜひ会ってみたいという思いと、本当かなあという思いが混じっている時なのではないかと感じている。

「この経歴は本当なんでしょうかね?」

そうたずねられても「自己申告なので」としか答えようがない。基本的に人材紹介会社は、学歴・経歴などをごまかすような人はいないという、「性善説」のスタンスをとっている。企業の場合、入社前に大学などの「卒業証明」を提出させたり、過去に勤務していた企業に全部あたって在籍確認をしたりするところもある。就職がかかっているから、たとえ面倒でもそれについて文句を言う人はまずいない。しかし、人材紹介会社が同じことをやると「そんな面倒なところには頼まない」ということにもなりかねない。

Photo

性善説のスタンスをとっているとはいえ、転職相談をしている時に、なんとなく「これはゲタをはかせているんじゃないか?」と感じることもある。たとえば、大学を卒業後、国内外の著名な大学院などで複数の学位を取得している場合。聴講しただけなのに、「修了」や「学位取得」と記載しているのではないかと考えてしまうのだ。しかし、だからと言って、「これは本当ですか?」とたずねることはまずできない。

社会人の場合、学歴より職務経歴の方がより重要だ。しかし、これも実態を正確に把握することは難しい。たとえば、有名企業でインターンシップを経験したことを「勤務」と書いていてもわからない。一度だけ成績が良かったことを「トップセールス」、部下が一人でも「マネージャー」といった表現も完全にウソだとはいえない。数多くの職務経歴書を見ていると、不自然なところには敏感になるのだが、よほどのことがない限り、詳細まで確認することはできない。

何かを「つけたす」だけでなく、短期間で退職した企業などを職務経歴から「とばして」しまう人も少なくない。転職回数の多い人に、そういったケースがよく見られる。以前、人材紹介会社に登録した際の古いデータと比較すると、社数を少なく書いているのだが、これも一種の経歴詐称といえるだろう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

1件中 11件を表示

1. カシスさん 人事BPOサービス 東京都
経歴詐称は一般的に思われているより多く、だから当社のようなバックグラウンドチェックへのご要望が増えているのでしょう。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

キャリアチェンジ転職
「売り手市場」が続く転職マーケット。とりわけソフトウェア開発を中心とする技術職は、引く手あまただ。しかし、本人がその貴重なキャリアを活かした転職を考えていないこ...
2017/07/05掲載
転職活動と電話
ビジネスにおいての連絡手段といえば「電話」であった時代は過去のものとなり、現在の主役は「電子メール」。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくな...
2017/06/02掲載
40~50代の転職も増加中
長い間、「転職するなら35歳まで」と言われてきたが、この数年で「40代、50代でも経験重視で採用したい」というケースが徐々に増えてきている。人材紹介会社としては...
2017/05/01掲載

関連する記事

若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で...
2017/04/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
フルタイム以外の人材紹介
子育てや介護などでフルタイムは働けない人の場合、これまではパートタイマーのような簡単な仕事を選択することがほとんどだった。しかし、「短い時間でもキャリアを生かし...
2017/03/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
社会人教育と転職
「働き方改革」の一つとして、人材が流動化しやすい社会、つまり転職しやすい環境をいかにつくるのかという課題がある。欧米では一般的な「大学などで学び直すことでキャリ...
2017/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
有本隆浩さん(株式会社MS-Japan 代表取締役社長):
感性を研ぎ澄ませて時代の流れを読み、あとは行動あるのみ――
「管理部門特化型」の人材紹介で市場を創造
株式会社MS-Japanは、人材紹介会社としてはきわめてユニークな「管理部門に特化する」戦略によって、業界屈指の高収益・高付加価値を実現しています。同社の創業者...
2017/01/30掲載HR業界TOPインタビュー
出張面談とプライバシー
腹を割って本音を話してもらう「転職相談」は、人材紹介に欠かせないプロセスだ。在職中で忙しい場合、求職者の希望の場所で出張面談を行うこともある。注意しなければいけ...
2017/01/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
2019年度 新卒採用特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること

注目コンテンツ


2019年度 新卒採用特集

激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...