企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

経歴詐称を見抜けるか
人材紹介会社は基本「性善説」 ついキャリアを上方修正してしまう人たち

自身のホームページに記載されているプロフィールが事実と違うのではないか――。経歴詐称疑惑でTVコメンテーターが番組を降板、謝罪した事件は記憶に新しい。同じように転職活動においても、少しでも良い仕事に就きたいという思いからか、キャリアを「よく見せようとする人」は存在する。人材紹介会社が推薦する人材は、学歴・経歴などもしっかりウラをとってあると思われるかもしれないが、幹部クラスを紹介するヘッドハンターなどを除けば、人材からの自己申告を信頼して紹介しているケースが一般的だ。

学歴水増しから転職回数の操作まで

「すごい経歴の方ですね。他の会社での進捗状況はわかりますか?」

時折だが、紹介した企業の人事も驚くほどの、キャリアを持つ人材がいる。普通なら書類選考後、「面接します」「今回は見送らせてもらいます」のどちらかの結果が伝えられるだけだが、わざわざそんなことを聞いてくる時は、素晴らしいのでぜひ会ってみたいという思いと、本当かなあという思いが混じっている時なのではないかと感じている。

「この経歴は本当なんでしょうかね?」

そうたずねられても「自己申告なので」としか答えようがない。基本的に人材紹介会社は、学歴・経歴などをごまかすような人はいないという、「性善説」のスタンスをとっている。企業の場合、入社前に大学などの「卒業証明」を提出させたり、過去に勤務していた企業に全部あたって在籍確認をしたりするところもある。就職がかかっているから、たとえ面倒でもそれについて文句を言う人はまずいない。しかし、人材紹介会社が同じことをやると「そんな面倒なところには頼まない」ということにもなりかねない。

Photo

性善説のスタンスをとっているとはいえ、転職相談をしている時に、なんとなく「これはゲタをはかせているんじゃないか?」と感じることもある。たとえば、大学を卒業後、国内外の著名な大学院などで複数の学位を取得している場合。聴講しただけなのに、「修了」や「学位取得」と記載しているのではないかと考えてしまうのだ。しかし、だからと言って、「これは本当ですか?」とたずねることはまずできない。

社会人の場合、学歴より職務経歴の方がより重要だ。しかし、これも実態を正確に把握することは難しい。たとえば、有名企業でインターンシップを経験したことを「勤務」と書いていてもわからない。一度だけ成績が良かったことを「トップセールス」、部下が一人でも「マネージャー」といった表現も完全にウソだとはいえない。数多くの職務経歴書を見ていると、不自然なところには敏感になるのだが、よほどのことがない限り、詳細まで確認することはできない。

何かを「つけたす」だけでなく、短期間で退職した企業などを職務経歴から「とばして」しまう人も少なくない。転職回数の多い人に、そういったケースがよく見られる。以前、人材紹介会社に登録した際の古いデータと比較すると、社数を少なく書いているのだが、これも一種の経歴詐称といえるだろう。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
2016/05/17

経歴詐称は一般的に思われているより多く、だから当社のようなバックグラウンドチェックへのご要望が増えているのでしょう。

1件中 1~1件を表示
  • 1

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
酒場学習論【第6回】 銀座「しらたまや」とトランスファラブル・スキル
銀座のコリドー街の近く、ちょっと古びたビルの地下2階、そんな秘密めいた場所に「しらたまや」はあります。女将一人で営業する、料理と日本酒が中心の店。日本酒は燗酒好...
2020/03/19掲載編集部注目レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
羽生 崇一郎さん(エムスリーキャリア株式会社 代表取締役):
仕事への原動力は一貫して「好奇心」
今は日本の医療に人材という観点から向きあう
日本社会の少子高齢化とともに、医療に対する需要も急速に変化しつつあります。さまざまなニーズに対応できる医療提供体制をスムーズに整えるには、医師や看護師、薬剤師な...
2020/02/21掲載HR業界TOPインタビュー
人材採用“ウラ”“オモテ”
自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...