企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(前編)
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか

近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事に携わる人たちには、公開された法律に関する「公的資料」の主旨をしっかりと読み解くとともに、社内における人事実務へと反映していくことが求められている。前編では、人事部の仕事における法律(労働関連法令)の持つ意味と、留意すべきポイントを整理していく。

1. 人事部の機能とは?

法改正が進む中、適正な対応が求められる人事部

人事部が担っている業務の領域は非常に幅広いが、大きく「採用」「評価・配置・異動」「人材育成」「給与(賃金)」「労務・福利厚生」「職場対応・活性化支援」に分けることができる。

また、人事部員としてのキャリアや立場によって求められる要件は異なってくる。例えば新任の人事担当者として配属された場合、まずは人事業務に関する基本的な作業を担当したり、アシスタントとして補助的な作業を行ったりすることが一般的だ。その際、人事部には法的対応などでミスが許されない業務が数多く含まれているため、新人でも慎重かつ正確に業務を遂行することが求められている。

中堅社員の場合、管理者としての役割を担うことが多い。社内の他部門との調整が発生することも多くなり、その窓口としての責任を持つことになる。

人事責任者の立場となると、人事方針や規定にかかわる業務が中心となる。経営ビジョンの実現に向けて、人事的な側面から貢献していくには、人事諸制度の施策に展開する前の「方向性」をしっかりと示さなければならない。

領域 新人 中堅社員 人事責任者
採用 ・応募者への対応
・面接・説明会日程の調整
・採用計画の実務 ・要員計画の策定
・採用方針の策定
評価・配置・異動 ・先輩社員の実務アシスタント ・人事制度設計の支援
・人事制度運用のための対応
・配置・異動における社内調整
・人事制度方針の策定、設計
・評価の調整
・配置・異動の決定
人材育成 ・研修の実施準備
・社内対応
・教育プログラム・研修の設計 ・人材育成方針の策定
給与(賃金) ・給与計算の実務アシスタント ・給与計算
・社会保険の手続き
・総額人件費の管理
労務・福利厚生 ・労務・福利厚生の実務アシスタント ・福利厚生の実務
・入退社、異動の手続き
・規定の整備、改定
・労務案件の対応
・給与支払処理の承認
・就業規則の官吏
・労働組合との交渉
職場対応・活性化支援 ・施策運営の実務アシスタント ・社内活性化施策の企画・運用・遂行 ・社内活性化方針の策定

人事部に求められる役割を遂行していく際に大きなカギとなるのが、自社のビジネスが置かれた状況への理解と、労働条件などを定める「法律」面での対応だ。特に近年は、経営を取り巻く環境が大きく変化しており、規制緩和やグローバル化への対応が急務となっている。それに伴い、多くの「法改正」が行われているのは周知の事実だろう。最近では「働き方改革関連法案」をはじめ、さまざまな法律施行に対する適正な対応が、人事部にとって最重要課題となっている。当然のことながら、これらの対応は人事部の責任者だけでなく、中堅社員や新人に対しても同様に求められる。

いま、人事担当者に求められる重要な要件として、法改正の進展に合わせて、政府・厚生労働省などから提示される「公的資料」をタイムリーにキャッチし、正しく文面を読み解くスキルが挙げられるのは当然のことといえるだろう。


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます

登録45秒!すぐに登録できます!

無料会員登録 会員の方はログイン

次のページ人事部の仕事と関連する法律

  • 1
  • 2
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが理解しやすいでオススメしました
神奈川県 輸送機器・自動車 2020/05/27

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(後編)
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関...
2019/11/21掲載
人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?(後編)
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載
人事マネジメント「解体新書」第115回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
職場における「パワー・ハラスメント」の現状とは(前編)
近年、「パワー・ハラスメント(パワハラ)」がもたらすさまざまな弊害が関心を集めている。2019年5月には、パワー・ハラスメント防止を義務付ける関連法(パワハラ防...
2019/10/17掲載

関連する記事

カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載編集部注目レポート
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第4回】わが社にとってのグローバル人事とは……?(その4)
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/05/01掲載編集部注目レポート
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第3回】わが社にとってのグローバル人事とは……?(その3)
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/04/06掲載編集部注目レポート
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第1回】わが社にとってのグローバル人事とは……?(その1)
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/02/19掲載編集部注目レポート
【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な...
2018/07/11掲載人事・労務関連コラム

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。