企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】トモニン トモニン

「トモニン」とは、厚生労働省が定める、“仕事と介護を両立できる職場環境”の整備・促進のためのシンボルマークの愛称です。マークのデザインは2014年3月、愛称は同年8月に一般公募により決定。「介護する人を職場で支えてともに頑張っていく」「仕事と介護をともに両立させる」という意味を込めて、「トモニン」と名づけられました。介護離職の問題が深刻化する中、厚労省では、仕事と介護を両立できる職場環境の整備に取り組む企業に対して、「トモニン」マークを名刺やホームページなどに掲載して自社の取り組みをアピールするよう促すとともに、「トモニン」を活用して、介護離職に対する認知向上やその防止に向けた社会的気運の醸成を図っています。
(2016/9/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トモニンのケーススタディ

介護離職ゼロに向けた取り組みのシンボル
職場環境の整備を図る企業に国のお墨付き

親や家族などの介護を理由にやむを得ず仕事を辞める介護離職者の数は、年間10万人にのぼるといわれています。しかもその四人に一人が「課長クラス」以上。現在、介護を担っている労働者は、その年代からしても、企業においては中核的な人材として活躍しているケースが少なくありません。こうした人材の離職を未然に防ぐために、仕事と介護を両立できる職場環境の整備を図ることは、企業の持続的な発展にとっても、きわめて重要かつ喫緊の課題となっています。

このような状況を踏まえて、厚生労働省は、仕事と介護を両立しやすい職場環境の取り組みへの関心と認知度を高め、介護離職を防止するための取り組みに向けた社会的気運の醸成を図るために、仕事と介護を両立できる職場環境の整備に取り組んでいる企業が使用できるシンボルマークを作成。その愛称を「トモニン」と名づけました。

仕事と介護を両立できる職場環境の整備に取り組んでいる企業は「トモニン」マークを活用して、その取り組みをアピールすることができます。活用の方法として、人材の募集や採用の際に募集要項や会社案内、ホームページなどにマークを掲載して両立支援に意欲的な企業姿勢をアピールすることや、商品、名刺などにマークを入れて顧客や消費者、取引先に対する企業イメージを高めること、広報誌やホームページ、 社内報にマークを掲載し、活動を紹介することで自社の労働者の意識啓発などを図る、などが挙げられています。

企業が「トモニン」マークを使用するためには、仕事と介護を両立しやすい職場環境の整備に取り組んでいるという実態だけでなく、その取り組みを、厚労省が運営するウェブサイト「両立支援のひろば」に登録する必要があります。専用画面に、仕事と介護の両立支援に関する自社の行動計画や取り組み内容を入力して、マークをダウンロード。マニュアルや使用規定を確認した上で使用することになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ワーキングケアラー
「ワーキングケアラー」とは、働きながら家族や親族などの介護を行っている勤労者を指す言葉です。総務省が2013年に公表した最新の「就業構造基本調査」によると、全国のワーキングケアラーの数は、介護をしている人全体(約560万人)の過半数に相当する約290万人に上ります。うち男性が130万人、女性が160...
ファミリー・フレンドリー企業
『仕事』と『育児・介護』とが両立できるような様々な制度を持ち、多様で柔軟な働き方を社員が選択し、しかも安心して利用できる文化をもっている企業。「環境にやさしい企業」、「地域社会にやさしい企業」と同様に、「家庭にやさしい企業」、つまり「ワーク・ライフ・バランス(Work&Life Balance)」...
介護離職
家族などの介護を理由に、働き盛りの社員が会社を辞めることを「介護離職」と言います。団塊世代の高齢化などで親の介護に直面する子世代のビジネスパーソンが急増する中、介護離職を企業の深刻な経営リスクと捉え、支援制度の整備や職場環境の改善に乗り出す動きが広がっています。 (2012/1/16掲載)

関連する記事

介護経験のあるビジネスパーソン309人に聞いた 仕事と介護の両立実態
2014年7月に「介護に関するアンケート」を実施し、これまで実際に介護をした人が、どのように仕事と介護を両立してきたのかを実態調査し、その結果から課題と今後の取り組みのヒントを分析しました。
2015/04/13掲載人事・労務実態調査
人事マネジメント「解体新書」第97回 仕事と介護の「両立支援」を考える 手遅れになる前に、企業はどんな対策を講じておくべきなのか(前編)
企業の中核を担う40代、50代を中心に、介護を理由とした離職が増えている。介護は「いつ始まり、いつまで続くのか」が分からない。手遅れになる前に、企業としての基本方針を示し、何らかの対策を講じておくことが、組織経営(人事マネジメント)の観点からも極めて重要だ。「...
2016/09/01掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第98回 仕事と介護の「両立支援」を考える 手遅れになる前に、企業はどんな対策を講じておくべきなのか(後編)
高齢化社会が到来する中、多くの企業では仕事と介護の両立が大きな課題として顕在化してきている。介護への対応は、運用の仕方や、従業員の意識啓発など、ハード面とソフト面の両方が必要となる。「後編」では、独自の工夫を凝らしている先進企業2社の事例を紹介する。
2016/09/08掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

介護休職で介護保険給付金を請求する場合
親の介護で休職する際 介護保険給付金が請求できると思いますが、介護認定でのしばりはありますか
介護保険料について
40歳~64歳までの人が介護保険料を支払う対象になりますが、その40歳というのは、40歳になった日を含む月から支払の義務が発生するのでしょうか?例えは、3/30が誕生日で40歳になった場合、3月分から介護保険料が発生するのですか?よろしくお願い致します。
請負で仕事をしてもらっている一人親方を短期雇用する
一人親方で、普段当社の仕事を、請負で仕事をしてもらったり 1日¥25000で仕事をしてもらったりしています、 この人は,他社のからも請け負って仕事をしています。 この人と、週2日、20時間の労務契約を結んで、社会保険に入れることはできるでしょうか、又その時に請負で仕事を頼めるでしょうか、よろしくお願...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...