企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ロウドウセイサクシンギカイ 労働政策審議会

「労働政策審議会」とは、厚生労働省に設置されている審議会の一つで、略称は労政審。厚生労働省設置法第9条に基づき、厚生労働大臣等の諮問に応じて労働政策に関する重要事項の調査・審議を行うことを目的とします。厚生労働大臣によって任命される同審議会の委員は、国際労働機関(ILO)の公労使三者構成の原則に則り、学識経験者や弁護士などの公益代表・労働者代表・使用者代表の各10名、計30名で構成されています。労働政策審議会には、扱う審議事項の性質ごとに七つの分科会と、その下に11の部会が設置されています。
(2016/9/9掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

労働政策審議会のケーススタディ

日本の労働関連法案が事実上決まる議論の場
公労使の代表からなる委員構成を見直しへ

雇用・労働関連の報道や政府発表でよく耳にする“労政審”――「労働政策審議会」は、厚生労働省内に設置されている審議会の一つで、労働政策に関する厚生労働大臣の諮問機関です。2001年1月に施行された中央省庁の再編に伴い、従来の中央労働基準審議会や中央職業安定審議会など、13の審議会を統合する形で設置されました。同審議会には、労働条件分科会・安全衛生分科会・勤労者生活分科会・職業安定分科会・障害者雇用分科会・職業能力開発分科会・雇用均等分科会の7分科会と、その下に11の部会が設置されており、それぞれの所管業務について調査・審議が行われています。

労政審は、日本の労働政策の立案から実現にいたる現状のプロセスにおいて、きわめて大きな影響力を持っています。とりわけ法改正を伴う重要な政策の場合、議論のスタートから関連法案成立までには、厚労省内の研究会・検討会から労政審の議論を経て、国会に上程するという3ステップを踏むことが欠かせません。有識者による研究会がまず論点を整理し、議論を粗ごなしした上で報告書を作成。それをもとに労政審が分科会レベルから本格議論を積み上げ、法案作りに向けた建議をまとめるが通例です。現政権が掲げる雇用改革や働き方改革の改革メニューについても、それぞれを実際の法律にどう反映させるかは、労政審の議論にかかっているといえます。

一方で、厚労省は今年7月、この労政審のあり方などについて再検討する有識者会議を設けると発表しました。会議の名称は「働き方に関する政策決定プロセス有識者会議」。増加を続ける非正規労働者などの主張を政策決定に反映しやすくするのがねらいで、来年4月の委員改選の時期までに改革案をまとめる方針です。労政審の委員は“公・労・使”を代表する有識者各10人の計30人で構成(任期2年、再任可)されていますが、労使の大半は、連合傘下の正社員中心の組合代表者や大企業の幹部で占められているのが現状。塩崎恭久厚労相はかねて「いろいろな働き方をしている人たちの声をきちんと政策に反映することが大事」との観点から、非正規労働者や高齢者の意見を代弁できる人材も入れて委員構成などを刷新し、多様な働き方に対応する意向を示していました。しかし労政審のあり方を見直すために、別の有識者会議を新しく設ける手法には、「屋下に屋を架すもの」と疑問視する声も上がっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

法定雇用率
「障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)」によって定められた割合。民間企業・国・地方公共団体に対し、それぞれの雇用割合が設けられており、それに相当する人数の身体障害者または知的障害者を雇用しなければなりません。
労働施策総合推進法
かつて「雇用対策法」と言われた法律が改正され、2018年に新たに制定された「労働施策総合推進法」。働き方改革の一環として、多様な働き方を促進させることを目的として改正されました。パワハラの防止も規定されているため、「パワハラ防止法」とも呼ばれていますが、同法ではフリーランスや時短労働など多様な働き方...
従業員代表制
従業員の過半数で組織する労働組合がない事業所は、時間外労働に関する協定(いわゆる「36協定」)などの労使協定を締結する際、従業員の過半数を代表する者を従業員代表として締結することが定められています。また就業規則を作成・変更する際にも、従業員代表の意見を求めなければなりません。これを「従業員代表制」と...

関連する記事

人材派遣の「現状」
進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向
2016/10/31掲載よくわかる講座
改善コンサルタントが教える過重労働対策 残業削減&企業リスク軽減につなげる「業務終了命令書」「帰宅命令書」の活用方法
本記事では、労働時間をめぐる労使間のトラブルに対する、残業削減と企業リスク軽減を図るための「業務終了命令書」「帰宅命令書」について、作成方法と活用の仕方を紹介します。
2012/11/19掲載人事・労務関連コラム
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

労働者代表の任期について
労働組合のない会社が労使協定を結ぶ時の、労働者側の当事者となる“労働者の過半数を代表する者”に、任期はあるのでしょうか?
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
衛生委員会の委員について
衛生委員会の委員の構成について、法的な制約等はあるのでしょうか? 現在、管理部門の社員のみで構成しておりますが、問題があるか教えていただけますか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 労務・法務 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...