企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

ワーク・エンゲイジメント
――組織を元気にする“攻め”のメンタルヘルス対策とは [1/3ページ]

島津 明人さん

東京大学大学院 医学系研究科 精神保健学分野 准教授

近年、職場のメンタルヘルス対策に取り組む企業は、大企業を中心に着実に増えていますが、事業所全体ではまだ3割程度(厚生労働省:「平成19年 労働者健康状況調査」より)。とりわけ不況下で人員削減が進み、労働環境の悪化が著しい中堅・中小企業では、その多くが手をこまねいたままです。東京大学大学院の島津明人准教授は、そうした“限られた人材で最大の成果を上げなければならない職場”にこそ、組織を活性化する“攻め”のメンタルヘルス対策が必要と指摘します。従来の健康観を超えるメンタルヘルスの新概念――「ワーク・エンゲイジメント」に詳しい島津先生にお話をうかがいました。


Profile
しまず・あきひと●1969年、福井県福井市生まれ。早稲田大学第一文学部、同大学院文学研究科卒業後、早稲田大学文学部助手、広島大学大学院教育学研究科専任講師、助教授、ユトレヒト大学社会科学部客員研究員を経て、2007年より現職。「ワーク・エンゲイジメント」「ストレス対策」「ワーク・ライフ・バランス」をテーマに、企業組織における人々の活性化・メンタルヘルスを研究している。精神保健学、産業保健心理学。共著・単著に『自分でできるストレス・マネジメント』(培風館)、『じょうずなストレス対処のためのトレーニングブック』(法研)等。Eラーニングソフト「いきいき元気アップ」(富士通ソフトウェアテクノロジーズ)監修。
自分でできるストレス・マネジメント



「守り」から「攻め」のメンタルヘルス対策へ

―― 「職場におけるメンタルヘルス対策」に取り組まれるようになったきっかけは、何だったのでしょうか。

大学で心理学を学んだ恩師が「社内うつ」で知られる小杉正太郎教授だったんです。卒業後はテレビ局に就職し、営業の仕事をしていましたが、自分が実際に職場で働くうちに、働く人の心のありようって本当に大事なんだと再認識しました。マスコミの世界は華やかですが、過酷です。メンタルヘルスの不調に悩む人も少なくありません。そういう現場を目の当たりにして、働く人のための研究・実践活動ができないかと思い直し、針路を変更、母校に戻ったんです。1993年、折りしも日本の職場にバブル崩壊による環境悪化の影が差し始めた頃ですね。

―― 臨床心理士として、実際に多くの職場で働く人の心のケアにあたってこられました。

現在の大学に移るまではさまざまな企業の健康相談室に定期的に通って、社員の方々へのカウンセリングや研修、メンタルヘルスのシステムづくりに取り組んでいました。いまは研究のかたわら、もう少し引いた立場で“側面支援”に力を入れています。

―― どのような支援なのでしょう。

具体的には、各企業・自治体の産業保健や人事の担当者を対象とした研修やセミナーなどを行っています。メンタルヘルスに関する啓発活動ですね。そういう場で参加者の方々と交流してわかったのですが、どの職場でも不調者へのケアやストレスマネジメントなど、対策は講じているんです。でも「何かひと味足りない」という考えが共通しています。トップや管理監督者がメンタルヘルスの問題に熱心ではなく、制度はありながら実態が伴わないケースも少なくない。経営層を巻き込むための何か新しい切り口はないかと、皆さん模索していらっしゃるんです。

―― 労働衛生や産業保健の視点からだけでは、複雑化する従業員のこころの問題をとらえきれない。もっと全社的な、経営上の課題として認識すべきということでしょうか。

島津 明人さん Photo

そうなんです。そもそも従来のメンタルヘルス対策は、企業側から見ると、利益やメリットに直接つながるわけではない、“守り”のメンタルヘルス対策でした。万が一に備えるセーフティネット、いわば“保険”のようなものですね。

もちろん産業保健の施策として、それはきちんとしなければいけません。しかし生命保険も、健康に自信のある人はあまり関心を持たないのと同じで、企業のトップもたいてい心身ともにタフなので、保険としての“守り”のメンタルヘルス対策にはピンとこない、積極的に取り組む必要性を見いだせない、というのが本音だと思うんです。無理もありません。本来、不調者はひとりも出ないほうがいいんですから。想定したくないマイナスの事態をあえて想定して、対応を検討するというのは、人間の心理として気乗りしないのが普通です。だからこそ、これからのメンタルヘルス対策はもっと“攻め”に回らなくては。

つまり、一部の不調者だけを対処療法的にケアするのではなく、元気な人も含めたすべての従業員のメンタルヘルスを重要な経営資源ととらえ、組織を活性化するために職場全体の健康度を積極的に底上げしていくという視点が求められているのです。こうした業務への前向きな考えを共有すれば、経営層や人事労務部門も話に乗りやすく、産業保健部門との連携・協調が促進されるのではないでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

山本 寛さん:
優秀な若手をひきつける「リテンション・マネジメント」
人が辞めない組織をつくりあげる極意とは
少子化に伴う労働人口の減少が進行する中、優秀な人材に長く組織で活躍してもらうための施策である「リテンション・マネジメント」が注目を集めています。特に企業の将来を...
2018/07/18掲載
柳川範之さん:
正解に頼らない思考の癖づけが考える力を育てる
人事の役割は主体性のサポートとモヤモヤできる場の醸成にあり
AIの発達の影響で、今後10年で仕事内容や役割は大きく変わると言われています。私たちビジネスパーソンにも、物事に対する捉え方の変革が求められています。この時代に...
2018/05/25掲載
渡辺雅司さん:
改革の痛みの先に見えたものとは
200年続く老舗を超人気企業に生まれ変わらせた
社長と社員による「全員参加経営」への挑戦
「元祖くず餅」で知られる「船橋屋」は、参詣客で賑わう江戸の名所「亀戸天神」参道に本店を構えて200年余り。老舗として伝統を守り続ける一方で、旧態から脱却するため...
2018/04/23掲載

関連する記事

組織活性化制度の実際
人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
厚労省・ストレスチェック制度に関するマニュアル作成委員に聞く!
ストレスチェック義務化対策――見過ごされている「経営リスク」とは
「マイナンバーは待ったなし。女性活躍推進の行動計画も作らなければいけないのに……これも!?」――今年12月に施行される「ストレスチェック義務化」への対策に、多く...
2015/11/25掲載注目の記事
真の残業削減を実現する!
「営業職」の労働時間短縮のための業務見直しのポイント
長時間労働がなくならない大きな理由のひとつに、事業場外みなし労働時間制の採用があると思われます。事業場外みなし労働時間制の採用により、支払う賃金の額に増減が生じ...
2014/11/27掲載人事・労務関連コラム
人事マネジメント「解体新書」第68回
組織の活性化、従業員のモチベーションを向上させる「表彰制度」
~企業事例からその効果を探る(後編)
『前編』では「表彰制度」が求められている背景と実施状況、制度導入と運用のポイントについて見てきた。続く『後編』は、近年話題となったいくつかのユニークな「表彰制度...
2013/11/01掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第67回
組織の活性化、従業員のモチベーションを向上させる「表彰制度」
その実態と、制度導入・運用のポイント(前編)
「人事制度」にはメインとなる賃金・評価とは別に、サブシステムとして、組織の活性化・従業員のモチベーション向上につなげるためのいくつかの制度がある。「表彰制度」は...
2013/10/28掲載人事マネジメント解体新書
課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

HRコンソーシアム 20代優秀層の採用ならキャリトレ

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

下期や来期に向けて、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。