企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リフレーミング リフレーミング

「リフレーミング」とは、理想的な状態に向かうために、ものごとを認知する枠組みを別の枠組みで捉え直すことをいいます。枠組みは英語で「Frame(フレーム)」、そのフレームを改めることから「Reframing(リフレーミング)」と呼ばれます。もともとは心理学用語として家族療法などで用いられていましたが、現在はビジネスシーンなど幅広い分野で用いられている技法です。

リフレーミングのケーススタディ

上から見るか、下から見るか
別の視点から捉え直すリフレーミング

何かに行き詰ったり悩んだりしているとき、見ている物事に過集中してしまっているかもしれません。そんなとき、視点を変えて引いてみることで、それまでの視点とは異なる側面が見えてくることもあります。

例えば、病院で医師から「この病気では5年以内に10%の方が亡くなります」と説明を受けたらどう感じるでしょうか。10%という確率を決して低くない数値だと感じ、不安な気持ちが増す人もいるかもしれません。一方、「この病気では5年生存率は90%です」という説明であれば、きっと自分も大丈夫だろうと前向きな気持ちを持てるのではないでしょうか。10%の死亡率も90%の生存率も、どちらも同じファクト。そのファクトにどのような意味付けをするかが、一人ひとりが持つフレームで、その後の感情や思考や行動につながります。

リフレーミングは、いくつかの種類に分けられます。視点のリフレーミングは最も一般的な方法で、コインの裏表のように、視点がネガティブな面からポジティブな面に近づくよう角度を変えるもの。文脈のリフレーミングは、現在の環境では役に立たないことも、環境が変われば有益になるかもしれないというもの。意味づけのリフレーミングは、ある事柄の意味合いを変えるもの。例えば、かつては所有することが豊かさの象徴として捉えられていましたが、現在ではミニマリストという概念ができ、所有しないことに対してポジティブな印象形成に成功しています。

ただし、リフレーミングは表面的にポジティブな言葉を使えばいいというものでもありません。思い悩んでいる人に上辺だけのポジティブな言葉をかけると、かえって停滞を生んでしまうかもしれません。リフレーミングは、物事の枠組みを捉え直し、理想的な方向を向くためのもの。誰にでも効果を発揮する万能薬ではないため、現在のフレームや言葉を尊重しながら変容をうながす姿勢が重要です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

カタルシス効果
「カタルシス」とは、心の中にたまっていた言葉にならないもやもやした感情を、何かをきっかけに吐き出し、解放させること。さらに、それによって気分がすっきりし、不安や緊張などの症状がなくなることを「カタルシス効果」といいます。現在は心理学の用語として使われていますが、語源は古代ギリシアの医学用語といわれて...
自己効力感
「自己効力感」(self-efficacy)は心理学用語の一つで、何らかの課題に取り組むときに困難な状況であっても、「自分は対処できる」と自分に対して確信、自信といったイメージが持てることをいいます。カナダの心理学者アルバート・バンデューラが提唱した言葉で、「自己効力感」があることによって人は物事に...
自己奉仕バイアス
「自己奉仕バイアス」(Self-serving bias)とは、成功したときは自分自身の能力によるものであり、失敗したときは自分ではどうしようもない外的な要因によるものだと思いこむ考え方です。例えば、試験の点数が良かったときは「自分は頭がいいから」と考え、点数が悪かったときは「先生は自分のことが嫌い...

関連する記事

齋藤孝さん 部下を育てる言葉、ダメにしてしまう言葉
部下がやる気をなくすのも起こすのも上司の言葉しだい、と言えるかもしれませんが、では、上司は部下をステップアップさせるためにどんな言葉をかけたらいいのか。逆に、上司と部下の人間関係を険悪にしてしまうのは、お互いのどういう言葉なのでしょうか? 近著『嫌われる言葉―...
2004/12/13掲載キーパーソンが語る“人と組織”
定着と労働条件の微妙な関係
パート・アルバイトとして働く1,600人への最新の調査によると、約4割が転職意向を持っているということがわかりました。空前の採用難時代。従業員の勤続意向を高め定着を進めるために、企業はどのような対策をするべきなのでしょうか。
2018/11/12掲載新卒・パート/アルバイト調査
これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない! いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されています。その中で、従来の「人事管理」のアプローチや手法が通用しなくなってきています。一方で現場に目を向けると、社員の多様化やプレイングマネジャーの増加により、上司のマネジメント難度は増すばかり。...
2020/03/27掲載注目の記事

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。