企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

外国人労働者が関係する労組トラブル対応最前線

弁護士 向井 蘭(杜若経営法律事務所)
弁護士 友永 隆太(杜若経営法律事務所)

1.外国人労働者が関係する 労使トラブルの特徴

(1)失踪後の組合加入通知と団体交渉の申入れ

外国人労働者の労使トラブルにみられる類型として、労働者の失踪の問題が挙げられます。特に注目すべきは、外国人技能実習生として日本で就労する者の失踪です。外国人技能実習生の失踪人数は年々増加傾向にあり、法務省技能実習制度の運用に関するプロジェクトチーム発表「調査・検討結果報告書」(平成31年3月28日)によると、平成30年に失踪した外国人技能実習生の人数は9,052人(技能実習生全体の人数の2.1%)となっています。

外国人技能実習生が失踪してから数カ月経過後、外部の労働組合から、失踪した外国人技能実習生の組合加入通知と団体交渉の申入れがなされるという形で紛争につながるケースが頻発しています。「失踪して時間も経っているのだから、うちとは関係ない」、「外部の労働組合からの団体交渉だから応じなくてよい」、「技能実習生に関する事項なので、監理団体だけが対応すればよい」といった誤解から使用者が組合からの申入れを放置してしまうと、紛争が泥沼化してしまう場合があり得ますので、留意が必要です(この点については2で詳説します)。

(2)長時間労働・過重労働が団体交渉のメインテーマとなることが多い

工場で働く外国人労働者

外国人労働者の中には、「できるだけ多く稼ぎたいから、休みでも構わずシフトを入れてほしい」などとして、できるだけ多くの勤務を望む者が見受けられます(特に、工場・作業場等での現場作業やドライバー等の職種にみられる)。使用者の中には、労働者からのこのような申出をそのまま鵜呑みにし(場合によっては「やる気に応えてあげよう」という一種の「親切心」から)、外国人労働者を際限なく働かせてしまうというケースがあります。このような実態がある場合、団体交渉の中では、「長時間労働」に起因する問題(残業代請求、労災等)が主たる要求事項となります。

「長時間労働・過重労働」は、残業代請求リスクや労災リスクを高めるものであり、使用者にとって決して好ましいものではありません。労働時間を管理・把握する義務は使用者にあるとされているため、実際に残業代請求や労災発生事案になった際、「労働者の求めに応じて働かせてあげただけだ」という使用者からの反論は、法的には通用しません。

(3)社会保険未加入等の指摘を受けるケースが多い

外国人労働者が労働組合に加入した際に、労働組合から主たる要求事項とセットで掲げられる問題として、社会保険未加入問題があります。加入要件に該当する外国人労働者の社会保険加入の手続きを怠っていたとして、使用者に責任追及を求めるケースがままあります。外国人労働者の中には、社会保険制度への理解が不十分なまま、「社会保険はいらないから手取り額を増やしてほしい」と使用者に求める者がいます。しかしながら、外国人労働者であっても、当該外国人が加入要件に該当している以上、社会保険に加入しなければなりません(なお、当該外国人労働者の母国が日本との間で社会保障協定を結んでおり、かつ当該外国人労働者が母国にて社会保障制度に加入していれば、日本の社会保険に加入しなくてもよい場合があります)。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務関連コラムのバックナンバー

ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載
今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載
悪質クレームに対応する従業員ケアの必要性と対策
年々増加する不当クレーム・悪質クレーマーから従業員を守るにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、クレーム対応の考え方や、体制整備の進め方について解説します。
2020/01/17掲載

関連する記事

平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載新卒・パート/アルバイト調査
受入拡大迫る!外国人雇用よくあるトラブルと対応
減少する日本人労働者を補うためにも不可避となった外国人採用。 今回は、外国人を雇用するにあたって押さえておきたい注意点等について、トラブル事例をもとにお伝えいた...
2019/05/20掲載人事・労務関連コラム
52.8%のアルバイト学生、もっと働きたい――なのに人手不足の「なぜ?」
人手不足が深刻化し、パート・アルバイトの確保に頭を悩ませる小売店や飲食チェーンが増えています。一方、学生や主婦を対象に行った調査では「まだ働ける余地がある」と回...
2018/07/20掲載新卒・パート/アルバイト調査
「働き方改革」推進に向けての実務(2)長時間労働の是正
2016年6月に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」に示された、働き方改革における「長時間労働是正」とは?
2017/03/31掲載よくわかる講座
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...