企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ヤスミカタカイカク 休み方改革

「休み方改革」とは、休暇が一時期に集中するのを見直し、企業に有給休暇の取得を促すなど、官民一体で働く人が休みやすい環境をつくる取り組みのことです。政府は2017年6月に、「休み方改革官民総合推進会議」(仮称)の新説を発表。長時間労働を是正する働き方改革と一体の国民運動と位置づけ、その成果として生まれた休暇の有効活用などについても提案するとしています。「休み方改革」は、ワーク・ライフ・バランスの推進や生産性向上、地域活性化などの観点から日本人の休み方を見直すのが目的。具体的には、学校の休暇分散による大型連休増加と企業への有給休暇取得の働きかけをセットで行い、家族で充実した休日を過ごせる環境づくりに取り組む方針です。
(2017/8/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

休み方改革のケーススタディ

キッズウィークは“休暇後進国”を変えるか?
人材確保へ、官民一体で取り組む有休取得促進

今年のお盆休みも、人気の観光地やレジャースポットは大混雑。各地の高速道路には長い渋滞ができました。制度上は休める環境にありながら、日本人はなぜもっと多く、もっと上手に休みを取ることができないのか。せっかく取った休みを、どうすればもっと有効に活かせるのか。年次有給休暇取得率は48.7%(厚生労働省2016年「就労条件総合調査」)と、依然として世界最低の水準にとどまっています。こうした“休暇後進国”の現状を変えようと、政府が「休み方改革」の旗を振り始めました。

改革の目玉施策に挙がっているのが、来年度から導入予定の「キッズウィーク」です。学校の休暇を地域ごとに分散させて新たな連休をつくるというもので、具体的には全国の小中高校を対象に、夏季休暇の開始を遅らせたり、終了を早めたりして、別の時期にまとめて休むことが検討されています。たとえば、夏休み中の平日5日間を別の週に移せば、前後の土日と合わせて9連休をとることが可能になるわけです。新しく連休をつくる時期については、都道府県など地域によってずらすことを想定し、日程などを調整。法的な措置は必要なく、公立校は義務化を目指し、私立校には協力を求める方針です。

「休み方改革」では、このキッズウィークにあわせて、親や家族が休みをとれるように、企業にも協力が求められます。政府は、企業の有休取得促進のために、2018年度の有休日数を17年度比で3日増やす目標を設定、有休を増やす企業への助成を18年度予算案の概算要求に盛り込むことも検討しています。

企業の側にも、呼応する動きが見られるようになってきました。セブン&アイ・ホールディングスでは今年から主要8社の約2万5千人を対象に、部署ごとに有給休暇を一斉に取得するしくみを導入。引っ越し大手のアートコーポレーションでも、業務を休止して全社員が休む「定休日」を年30日程度設けるという、同業界大手では初めての試みを8月から実施しています。両社とも業務の都合上、休みがとりにくく、全産業平均より大幅に低い有休消化率の改善が課題でした。人手不足が深刻化するなか、各社の「休み方改革」の取り組みが優秀な人材の確保や離職率低下につながるか、今後の動向が注目されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...
アニバーサリー休暇
アニバーサリー(anniversary)とは、英語で「記念日」の意味。企業が社員の休暇取得を促すために、本人や家族の誕生日、結婚記念日などの記念日およびその前後の日を休暇とする制度を「アニバーサリー休暇」と呼びます。(2011/6/27掲載)

関連する記事

「従業員の多能工化」との合わせ技で生産性もアップ! 多様な従業員の事情に配慮した「特別な休暇制度」の導入&活用方法
昨今、「特別な休暇制度」が注目されています。厚生労働省は、全国各地で特別な休暇制度に関するセミナーを行い、さまざまなパンフレットやリーフレットを作り配布しています。また、行政の取組みだけでなく、多くの企業で実際に「特別な休暇制度」が導入されています。厚生労働省...
2015/01/16掲載人事・労務関連コラム
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
「働き方改革」実現を目指した “知の交流” 「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会
今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多くの企業が長時間労働の解消・是正、労働生産性の向上に取り組んでいるが、長年にわたり長時間労働を続けてきた日本企業にとって、そう簡単に解決できる課題ではないようだ。企業には、中長期的な視点で取...
2018/03/01掲載注目の記事

関連するキーワード

従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ANAの研修力 紀尾井カンファレンス

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...