企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジタハラ ジタハラ

「ジタハラ」とは「時短ハラスメント」の略で、従業員に対して残業時間を削減するための具体策を示さずに「残業をするな」「定時で退社しろ」などと強いるハラスメントのことです。 長時間労働を見直して残業時間を減らす取り組みは、本来、個人だけでなく企業が一丸となって取り組むべき課題です。具体的な対策がないまま退社を強要すると、従業員にとっては持ち帰り残業など「記録に残らない業務時間」が増えるだけでなく、業務が遅延する原因を生み出しかねません。その積み重ねが社員の仕事に対するモチベーションを下げ、企業にとってマイナスを生み出す要因となっています。

1. ジタハラが広まった理由

ジタハラの広まりには、政府が推し進める「働き方改革」が大きく関係しています。2015年12月、長時間労働が原因で発生した株式会社電通の過労自殺事件はメディアでも大きく取り上げられました。これをきっかけに、長時間労働が常態化していた業種においても労働時間の是正に向けた積極的な取り組みが始まり、現在では多くの企業が「働き方改革」の一環として残業時間の削減に努めるようになりました。

ジタハラは、「働き方改革」を急速に推進した結果として生じた弊害といえます。具体的には、次の二つが主な原因として考えられます。

一つ目は、残業時間の削減について企業側が具体的な解決策を提示せずに、「数字上だけの勤務時間削減」を推進していること。終えられなかった業務の穴埋めをどうするのかという議論がなされないまま、「残業せずに退社して成果は上げろ」「仕事の時間が減っても、仕事の質は落とすな」という圧力がかかれば、従業員にとって大きなストレスとなります。

こうした状況を生み出す要因には、管理者が従業員一人ひとりの業務量や職務内容を把握しきれていないといった理解不足もあります。

二つ目は、給与体系などの待遇を見直さず退社を迫ることで、従業員が不利益を被っていること。自分の意思で業務量をコントロールするのが難しく、かつアウトプットの品質を落とせない状況になった場合、やむなく持ち帰り残業するケースが多く見られます。この場合、当然ながら残業手当はつきません。同じ質・量の業務をこなしていても手取り給料は減るため、従業員に不利益が発生する状況を生み出しています。

また、部門一丸となって残業時間削減に取り組み、実際に成果を上げたとしても、会社から評価されなければ士気は下がります。結果として、残業時間削減は単なる「手取り収入の減少」という印象になっているのが実情です。

2. ジタハラのリスク

ジタハラの法的リスクとは?

ジタハラそのものに関する法律はありませんが、2019年5月に成立したいわゆる「パワハラ防止法」に抵触する可能性があり、パワハラ同様の法的リスクを負う可能性があります。

「パワハラ防止法」は、労働施策総合推進法を一部改正する形でできた法律です。ここでは、パワハラについて次のように定義し、措置義務を企業に課しています。

(1)優越的な関係を背景とした
(2)業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動により
(3)就業環境を害すること(身体的若しくは精神的な苦痛を与えること)

ジタハラによって当事者が上記同様の苦痛を感じれば、パワハラと認定されるリスクがあります。パワハラ防止法に企業への罰則規定は明確には定められていませんが、最悪のケースでは訴訟に発展する可能性もゼロではありません。

ジタハラの事例

実際には、どのようなジタハラが発生しているのでしょうか。2017年に訴訟となった事例を紹介します。

自動車販売会社・株式会社ホンダカーズ千葉の元店長は、部下の残業時間を減らすため、部下の仕事を引き取り自宅に持ち帰るなど、長時間労働を強いられていました。結果、元店長は精神疾患を患い、うつ病と診断されて会社から懲戒解雇されてしまいます。元店長は労働審判に申し立てましたが2016年12月に自殺し、最悪の結末となってしまいました。

千葉労働基準監督署は元店長の自殺と膨大な仕事量に因果関係があるとし、元店長の自殺を労災と認定。遺族による民事訴訟へと発展しました。

※のちにホンダカーズ千葉と和解しています。

これは、会社側が具体的な対応策なしに「形だけの残業時間削減」を進め、中間管理職の立場である元店長が部下へのジタハラを食い止めようとした結果、起きてしまった事件です。

なぜ労働時間の削減を目指すのか、どのように達成していくのか。また、現在の人員配分と仕事量のバランスはどうか。現場の実状を把握せず、具体策を提示しない使用者側の一方的な「働き方改革」は、このように非常に大きな犠牲を伴う可能性があることを認識しなければなりません。

3. ジタハラの対策〜ジタハラにならない「時短」推進の要点

ジタハラにならない残業時間削減を実現するには、どのように時短を進めていけばよいのでしょうか。四つのポイントを紹介します。

現場を理解する

まずは、現場がどのような状況にあるのか、しっかりと現状を理解することが大切です。どのような人員が何人いるのか、どのような業務にどれくらいの時間がかかっているのか。また、外部との連携において時短に取り組むうえでのデメリットは生じないかなど、さまざまな角度から検証し、物理的な条件として時短が可能な状態にあるかどうかを把握する必要があります。

従業員の立場から見ると、目標達成や待遇面において時短がデメリットになる可能性がある点を理解しておくことも重要です。この場合、仕事量と就業時間のバランス、目標の見直し、効率化を達成した場合の待遇改善など、従業員側のメリットを考慮した取り組みも必要です。

部門ごとの業務仕分けをしっかり行う

属人的な時短は、個人の負担を増やしてしまう可能性があるため、組織全体で業務の見直しを図ることが大切です。現場の状況を理解したら、部門ごとに業務の仕分けに取り組みます。以下の観点で、業務の優先順位やパワー配分を検討していきます。

  • 本当に必要な仕事かどうか
  • 人が行う仕事と自動化できる仕事とが切り分けられないか
  • 外注できる仕事はないか
  • 誰でも行うことができる仕事はないか

一つの部門だけで仕分けを行うと、他部門との連携がうまくいかなくなる可能性も出てくるため、組織全体で業務内容を見直すことがポイントです。

業務の効率化

業務の仕分けができたら、次は実際に生産性を上げるための「効率化の施策」を検討・実行していきます。

ここでは、化学品製造の東亞合成株式会社の事例を紹介します。同社は、所定労働時間の見直しや総労働時間の削減、年次有給休暇の取得推進など積極的に「働き方改革」を進めています。労働時間の削減において効果を上げている施策には、次のものがあります。

  • 会議を1時間から45分に
  • 部内資料の過剰なブラッシュアップをやめる
  • 部署から離れた集中タイムを設ける

東亞合成では、現場の部門と人事が連携して要因を丁寧に分析し、改善・指導を行ってきました。結果、同社では長時間労働が解消され、現場からも感謝の声が上がっています。

どのような施策が業務効率化につながるのかは、企業によって異なります。東亞合成の事例のように、改革を推進する側と現場で細かくすり合わせを行い、無理なく進めることが大切です。

労働力の確保

労働力を増やせば、一人あたりの業務量を減らすことが可能です。しかし、新卒採用やキャリア採用で人員を確保するのは、昨今の採用市場から見ても容易なことではありません。

労働力を確保するには、現在、政府が推進している「多様な正社員」を視野に入れるなど、柔軟な採用活動が重要です。多様な正社員とは、勤務時間や仕事内容、配置転換、転勤などの条件を緩和したもので、「勤務地限定正社員」「職務限定正社員」「勤務時間限定正社員」などがこれにあたります。

働き方の多様化を推進することで、これまで家庭の事情などで働けなかった優秀な人材を確保できたり、地元密着型の人材を雇用できたりするなど、企業側・労働者側の双方にメリットが生まれます。また、自社での採用以外にも、外部人材を活用するという選択肢も労働力確保につながります。

長時間労働の是正に向けた動きが「企業イメージのため」「義務だからとりあえず」といった考えに基づくものであれば、その実現は難しく、従業員のモチベーションを下げたり不満を募らせたりする原因にもなってしまうでしょう。企業には労働時間を削減する本来の意味を理解したうえで、具体的な対策を労使双方で検討していく姿勢が求められています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
パワハラ
2019年5月29日、企業にパワハラ防止を義務付ける「労働施策総合推進法」の改正案が可決されたことをご存じでしょうか。閉じられた環境の中で起こる「いじめ」や「嫌がらせ」は、学校だけの問題ではなく、職場の問題でもあります。今回の法改正は、都道府県労働局に寄せられる、職場での「いじめ」や「嫌がらせ」の相...
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。

関連する記事

すでに残業時間削減に取り組んでいる企業が8割強。大企業では約97%に
残業時間の削減に取り組んでいるかどうかを聞いたところ、「積極的に取り組んでいる」と答えた企業は34.8%。「取り組んでいる」(49.8%)を合わせると、8割強にのぼった。特に従業員数5001人以上の企業では97.1%、501~1000人、1001~5000人で...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
「働き方改革」推進に向けての実務(2)長時間労働の是正
2016年6月に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」に示された、働き方改革における「長時間労働是正」とは?
2017/03/31掲載よくわかる講座
「働き方改革」実現を目指した “知の交流” 「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会
今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多くの企業が長時間労働の解消・是正、労働生産性の向上に取り組んでいるが、長年にわたり長時間労働を続けてきた日本企業にとって、そう簡単に解決できる課題ではないようだ。企業には、中長期的な視点で取...
2018/03/01掲載注目の記事

関連するQ&A

26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
業務請負と業務委託の違い
ある解説では、業務委託は個人が企業から仕事を受ける場合、業務請負は企業が企業より仕事を受ける場合、又業務委託は事務的な仕事で、業務請負は生産の仕事などとありますが、現実には病院患者給食の受託などは、関係法例でも業務請負とはよばず、業務委託と呼ばれていますが、両社の違いがよく解りませんので宜しくお願い...
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...