企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

定着率が高くても、注意が必要なワケ

アイデム人と仕事研究所

三宅 航太(みやけ こうた)

「できるだけ長く勤めたい」は6割

次に、個人調査を見ます。調査対象は直属の上司が正社員、かつ同僚の人数が二人以上の職場で、現在パート・アルバイトとして就業している18~59歳までの男女です(有効回答数1,648人)。

現在の勤務先について、勤続の考えを聞きました。結果は「できるだけ長く勤めたい(+どちらかと言えば)」60.9%、「他に良い仕事があれば、積極的に転職したい(+どちらかと言えば)」39.1%でした。

種別で見ると、できるだけ長く勤めたい人の割合が最も多いのは主婦(65.4%)、次いで学生(59.3%)、一般(46.6%)となっています。

■図4:勤続についての考え

■図4:勤続についての考え「定着率が高くても、注意が必要なワケ」

8割以上の企業が「定着している」

ここまで紹介した主な調査結果をまとめると、下記のようになります。

<企業>
  • 「同じ人にできるだけ長く働いてほしい」95.1%
  • 最低限勤めてほしい期間→最多:「1年~3年程度」25.0%
  • 最大限勤めてほしい期間→最多:「期間の定めなく、ずっと働いてほしい」57.5%
<個人>
  • 「現在の勤務先で、できるだけ長く勤めたい」60.9%
  • 「他に良い仕事があれば、積極的に転職したい」39.1%

勤続に対する考えについて、企業と個人の違いが際立っています。9割強の企業が「できるだけ長く働いてほしい」と回答しているのに対し、「長く勤めたい」と答えた個人は6割にとどまっています。

実際の勤続期間はどうなっているのでしょうか。パート・アルバイトに、現在の勤務先での勤続期間を聞いたところ、最多は「5年以上」で31.8%、次いで「1 年以上2 年未満」16.4%、「3 年以上5 年未満」15.6%となっています。1年以上というくくりで見ると(1年以上~5年以上の計)、働き続けている人の割合は76.1%でした。

■図5:勤務先での勤続期間

■図5:勤務先での勤続期間「定着率が高くても、注意が必要なワケ」

自社の定着について、企業はどう考えているのでしょうか。企業に「パート・アルバイトが定着しているか」を聞いたところ、85.0%が「定着している(+どちらかと言えば定着している)」と回答しました。先述した企業が最低限勤めてほしいと考えている期間と、パート・アルバイトの実際の勤続期間と照らし合わせてみても、おおむね企業は現状に満足している様子がうかがえます。

一方で、39.1%のパート・アルバイトが「他に良い仕事があれば、積極的に転職したい」と回答しています。4割弱が潜在的に転職を考えていることになり、企業にとっては無視できない結果です。

辞めない理由は人それぞれです。たとえ離職率が低くても、個々の働き続ける理由がわからなければ、定着しているかどうかは見えてこないと思います。一人ひとり、個別に見ていくことが、大切ではないでしょうか。

<パート戦力化に関する取材記事は、人と仕事研究所WEBサイトで検索・閲覧できます>
TOP ⇒ コラム/取材記事 ⇒ 現場イズムバックナンバー

アイデム人と仕事研究所は、求人媒体を発行する株式会社アイデムの研究部門です。アイデムは1970年に創業して以来、「人材採用」の側面から、企業経営のサポートをしてまいりました。そうした活動のなかで人と仕事研究所は、「採用後の人材を活かし、企業力を高めていただく」ための、各種情報・サービスの提供を行い続けてきています。 パート・アルバイトの活用を目的に調査・分析を行う「パートタイマー白書」や、人事マネジメントの成功事例記事、募集時賃金を集計し、その動向を伝える各種レポートなど。いずれの情報・サービスも、求人媒体事業を通じ、大手企業とは異なる“中小企業の「人」に関する課題”をつかむアイデムならではの、実践的な内容を旨としています。
詳細はこちらをご覧ください→アイデム人と仕事研究所

●文/三宅 航太(みやけ こうた)
アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、出版社の営業・編集、編集プロダクション勤務を経て、2004年に株式会社アイデム入社。同社がWebで発信するビジネスやマネジメントなどに役立つ情報記事の編集業務に従事する。人事労務関連ニュースなどの記事作成や数多くの企業ならびに働く人を取材。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載

関連する記事

職場のモヤモヤ解決図鑑【第2回】
1on1で、ついつい上司ばかりが話してしまった
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/02/18掲載編集部注目レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑
【第1回】「1on1」をやってね、と言われたけど、話すことが見つからない…
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/01/08掲載編集部注目レポート
酒場学習論【第2回】国分寺「燗酒屋がらーじ」と、決める・決めてもらうのが私たちの仕事
古今東西、人は酒場で育てられてきました。上司に悩み事を相談した場末の酒場、仕事を振り返りつつ一人で呑んだあのカウンター。あなたにもそんな記憶がありませんか。「酒...
2019/11/29掲載編集部注目レポート
世界で大反響を巻き起こした
“強みを伸ばす”新たなリーダーシップ開発法が
人と組織の継続的な成長を可能にする
世界14ヵ国で60万人以上に読まれている、グローバル・マネジメント誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』で大反響を巻き起こした「飛びぬけたリーダー」論文の執筆者で...
2019/11/20掲載編集部注目レポート
従業員満足度調査をめぐる状況(2018年労務行政研究所調査)
大手企業では3割が実施。従業員満足度に関する取り組みは拡大傾向に。
2019/08/05掲載人事・労務実態調査

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...