企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『アイデム』提携

定着率が高くても、注意が必要なワケ

アイデム人と仕事研究所

三宅 航太(みやけ こうた)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9割以上の企業が、長期継続を希望

厚生労働省発表の最新(2018年8月)の有効求人倍率は1.63倍(季節調整値)で、1974年1月以来の高水準でした。労働市場は、依然として採用難の状況にあります。人の補充がままならない以上、大切になってくるのが、既存スタッフに働き続けてもらうことです。

定着について、企業はどう考えているのでしょうか。せっかく採用した人を辞めさせないためにも、定着は重要です。一昨年、弊社が発表した「平成29年パートタイマー白書」でパート・アルバイトの定着について、企業と個人に聞いたアンケート結果を見ていきます。

まず、企業調査です。調査対象は従業員規模6人以上で、正社員とパート・アルバイトを両方雇用している企業です(有効回答数1,644社)。パート・アルバイトの勤続についての考えを聞きました。結果は、「同じ人にできるだけ長く働いてもらいたい(+どちらかと言えば同じ人にできるだけ長く働いてもらいたい)」が95.1%で、パート・アルバイトの長期勤続を希望している企業が9割以上となりました。

■図1:パート・アルバイトの勤続についての考え

■図1:パート・アルバイトの勤続についての考え「定着率が高くても、注意が必要なワケ」

約6割が「ずっと働いてもらいたい」

9割以上の企業が「同じ人に長く働いてもらいたい」と考えていることが分かりましたが、具体的にはどう考えているのでしょうか。「最低限勤めてもらいたい期間」と「最大限勤めてもらいたいと期待する期間」を聞きました。

「最低限勤めてもらいたい期間」は、最多が「1年~3年程度」25.0%、次いで「6カ月~1年程度」24.5%となっています。これを勤続についての考えで見ると、「同じ人にできるだけ長く働いてもらいたい」は「1年~3年程度」が最多で25.3%、「同じ人に一定期間働いてもらえればよい(どちらかと言えば含む)」は「6カ月~1年程度」が最多で32.1%となっています。

■図2:最低限勤めてもらいたい期間

■図2:最低限勤めてもらいたい期間「定着率が高くても、注意が必要なワケ」

 一方、「最大限勤めてもらいたいと期待する期間」は、「期間の定めなく、ずっと働いてもらいたい」が最多で57.5%、次いで「3 年以上」22.8%となりました。勤続についての考えで見ると、「同じ人にできるだけ長く働いてもらいたい」は「期間の定めなく、ずっと働いてもらいたい」が最多で60.5%、「同じ人に一定期間働いてもらえればよい(どちらかと言えば含む)」は「1 年~3年程度」が最多で43.2%となっています。

■図3:最大限勤めてもらいたいと期待する期間

■図3:最大限勤めてもらいたいと期待する期間「定着率が高くても、注意が必要なワケ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載

関連する記事

酒場学習論【第2回】国分寺「燗酒屋がらーじ」と、決める・決めてもらうのが私たちの仕事
古今東西、人は酒場で育てられてきました。上司に悩み事を相談した場末の酒場、仕事を振り返りつつ一人で呑んだあのカウンター。あなたにもそんな記憶がありませんか。「酒...
2019/11/29掲載編集部注目レポート
世界で大反響を巻き起こした
“強みを伸ばす”新たなリーダーシップ開発法が
人と組織の継続的な成長を可能にする
世界14ヵ国で60万人以上に読まれている、グローバル・マネジメント誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』で大反響を巻き起こした「飛びぬけたリーダー」論文の執筆者で...
2019/11/20掲載編集部注目レポート
従業員満足度調査をめぐる状況(2018年労務行政研究所調査)
大手企業では3割が実施。従業員満足度に関する取り組みは拡大傾向に。
2019/08/05掲載人事・労務実態調査
管理職育成のヒントと課題解決のためのサービス
企業の重要課題の一つとなっている管理職育成について、管理職に求められるスキルと育成のポイントをまとめました。外部ソリューション活用のヒントとサービス内容もあわせ...
2019/05/20掲載人事支援サービスの傾向と選び方
従業員エンゲージメントを高めるヒントとソリューションサービス
企業価値の向上や良好な組織風土の形成を実現するキーワードとして、注目を集めている従業員エンゲージメントについて、「従業員エンゲージメントとは何か」をおさらいしな...
2019/04/26掲載人事支援サービスの傾向と選び方
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...