無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

食事手当の支給について

正社員には定額で6,000円/月、パートには300円×出勤日数分の食事手当を支給しています。

同一労働同一賃金の下ではこのような差異を設けることも違法になるのでしょうか?

仮にパートの出勤日数が21日の月は正社員の手当額を上回りますが、この点も違法であるかもあわせてご教授願います。

投稿日:2021/01/06 11:26 ID:QA-0099614

総務の課長さん
東京都/その他メーカー

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

食事手当の目的・性格にもよりますが、

その日の食事代ということであれば、問題はないでしょう。

1日の食事代は、金額的にも、ほぼ同じといえます。

投稿日:2021/01/06 17:02 ID:QA-0099627

相談者より

参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日:2021/01/06 18:48 ID:QA-0099634大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

食事手当

手当の性質上、正規非正規格差が合理的かどうかです。ご提示の金額差は合理的説明ができないのではないでしょうか。勤務日で統一する、日単位で同一であれば問題ありません。

投稿日:2021/01/06 17:19 ID:QA-0099630

相談者より

見解が分かれるような微妙な事案のようですね。参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日:2021/01/06 18:50 ID:QA-0099635大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

基本的に問題はありません。

本来は、正社員、パート社員供に同額にしておくのが一番分かりやすいですが、月の出勤日数によってはパート社員のほうが支給額を上回ることもあるということであれば、これはもう想定の範囲内ととらえれば特に問題視することもないでしょう。

投稿日:2021/01/07 09:43 ID:QA-0099649

相談者より

ありがとうございました。
統一するか否かも含め検討してみます。

投稿日:2021/01/07 11:38 ID:QA-0099656大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、正社員とパートで出勤日数等労働条件が異なっていれば同一労働とはいえませんし、そうした差異に応じて支給条件を変える事に問題はないものといえます。

また、そうした合理的な支給条件によっていずれかの手当額が多くなったとしましても、違法な措置とはなりません。

投稿日:2021/01/07 23:06 ID:QA-0099672

相談者より

ありがとうございました。検討いたします。

投稿日:2021/01/08 09:36 ID:QA-0099684大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
関連する資料
同一労働同一賃金とは?ガイドラインを詳しく解説

働き方改革関連法の柱の一つが「同一労働同一賃金」です。
2018年末には、厚生労働省の諮問機関である労働政策審議会の部会で、具体的なルールが承認されました。基本給や賞与、各種手当て等「賃金」に関することだけでなく、教育訓練や福利厚生までが対象となるこの制度について、上野真裕弁護士に伺いました。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード