企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

テレワークによる通勤費支給について

お世話になります。
弊社は通勤費として一律、全社員に6ヶ月分の定期券代を6ヶ月毎に支給しています。
4月以降、テレワーク率増加により、会社への出勤率が多くても平常時期の約50パーセントに減りました。
職種によっては100%テレワークまたは週1日ベースの出勤という社員もおります。

従いまして、現状では、1ヶ月定期代より(また、6ヶ月分定期券代の6分の1としても)も交通運賃往復X出勤日数の方が遥かに安くなり、コストの面でも見直す必要が出てきました。

仮に、定期券代としての支給を停止し、出勤日数に往復交通費を乗じた金額を翌月「通勤費」として支給することは可能でしょうか?
社会保険の月額報酬に影響が出ますが、この状態が長期になった場合、月額変更の際に考慮しなければならない案件がありましたら、例えば、通勤費支給に変更した説明など、ご教示くださいますよう、お願いいたします。

就業規則上は通勤費についての記載はなく、給与規定もありません。

よろしくお願いします。

投稿日:2020/09/04 17:27 ID:QA-0096448

本心りうさん
東京都/HRビジネス

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通勤費支給の変更は可能ですが、ごく一時的な扱いというよりは長期化する可能性の方が高いはずですので、基本的には就業規則で定めておかれる事が必要といえます。

また社会保険の月額変更につきましても、通常の給与改定等と同じく3カ月連続して金額が大きく変わる場合に行う事が求められます。

投稿日:2020/09/07 09:16 ID:QA-0096463

相談者より

ご回答ありがとうございました。支給変更には長期的な視点で検討する必要がある点、大変参考になりました。

投稿日:2020/09/09 11:19 ID:QA-0096552大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

通勤費は、実費支給でも社会保険の報酬に該当

▼支給通勤費は、実費であっても社会保険の報酬に該当します。そもそも通勤費は、通勤に要する費用を支弁するために支給される手当であり、労働の対償として支払われるものとして、労基法上の賃金の一部として、処理します。
▼他方、出張旅費等は、通勤費と異なり、通常使用者が負担すべきものとして、現物又は実費弁償で支給されることから、労働の対償としての賃金の一部にはならないと解されています。念のため、管轄の年金事務所に確認して下さい。

投稿日:2020/09/07 09:22 ID:QA-0096464

相談者より

ご回答ありがとうございました。通勤に要する費用という観点から賃金の一部として実費支給も可能と判断できると思いました。但し、それには出勤日数等の事務が発生するので、その点は再検討が必要と思っております。
採用可能性が高くなった際には社会保険事務所に確認いたします。

投稿日:2020/09/09 11:29 ID:QA-0096553大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

定期券から実費変更は可能です。
ただし、規定がないようでしたら、本人にはよく説明してください。

固定的賃金の変更となりますので、月額変更対象となります。

テレワーク規程を整備して、併せて、通勤手当についても変更して下さい。

投稿日:2020/09/07 11:08 ID:QA-0096475

相談者より

ご回答ありがとうございました。
テレワーク規程で、通勤費について詳細を定める事を参考にさせていただきます。

投稿日:2020/09/09 11:33 ID:QA-0096554大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

変更には合理性があり可能です。現在の対応がこの先も長期化する可能性は高いので、この機に規定化を進めましょう。
まずは就業規則、交通費規定の改定を行います。合わせて月額変更になるはずですので、見直しを行って下さい。

投稿日:2020/09/07 18:50 ID:QA-0096498

相談者より

ご回答ありがとうございました。
経営陣がテレワーク導入をCOVID-19対策として行ったため、制度内容が突貫工事的に煩雑になっているので、この際規程を作成したいと思っています。

投稿日:2020/09/09 11:41 ID:QA-0096555大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出勤日の数え方について
お世話になります。 当方では、出勤日を1日、0.5日というように、 最小出勤単位を「半日(0.5)」として数え方をして処理しています。 やむを得ず休日に2時間だけなど、半日に満たない出勤がある場合 出勤日数はどのようにカウントすればよいのでしょうか。 よろしくお願いします。
賞与の支給月変更に関して
いつも参考にさせていただいております。 さて、賞与の支給月変更を検討しておりますが、変更に伴う問題点がありましたらご指摘頂きたく思います。 賞与算定期間・支給月 夏: 1月~6月 →7月支給(現在:12月~5月→7月支給) 冬: 7月~12月→1月支給(現在:6月~11月→12月支給)
退職者への業績手当支給
当社では営業の業績により業績手当を支給しておりますが 支給方法が4月、5月分を合せて6月に支給という形をとって おります。 4月末退職の場合、1ヶ月給与支給がなく6月に支給となりますが システム上、支給が困難なため給与支給時に在籍していなければ 支給はしないという形にする予定ですが、労基法上、問題...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
テレワークマネージャー
「テレワークマネージャー」とは、総務省が主導する「テレワークマネージャー相談事業」において、テレワークの導入を検討している企業・団体などに、アドバイスや情報提供を行う専門家のこと。テレワークの導入コンサルティング実績を持つ人材を総務省がテレワークマネージャーとして認定したもので、支援を必要とする企業...
ふるさとテレワーク
「ふるさとテレワーク」とは、都市部に拠点を置く企業が、地方に人材や仕事を移して行うテレワークのことで、地方の移転先や委託先で都市部にいるのと変わらない働き方を実現する取り組みをいいます。地方に整備したサテライトオフィスやテレワークセンター、個人宅などで働くことを前提として、都市部の人材を地方へ長期派...
テレワーク
働き方改革が推進されるなか、時間と場所にとらわれない多様な働き方を実現する「テレワーク」の導入を検討する企業が増えています。新たな労働力の確保や優れた人材を獲得しやすいなどの理由から、その活用方法にも注目が集まっています。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。