企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15720件   回答数34144

雇用契約について

6ヶ月ごとの更新のパート社員なのですが、3月末で更新が切れる31日に契約書の不明なところを納得できないと突いてきて、確認することに。契約更新のサインがされない保留のまま1日から出勤しています。社労士さんに不明な点を確認してパート社員に答えるつもりですが、なんかさらに質問を受けて契約行為がこのまま先送りを繰り返される気がします。
この状態で、いつまでもサイン出来ないなら今日で終わり!って問題ありますか?

  • サウナさん
  • 北海道
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2020/04/02 22:05
  • ID:QA-0091863
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/04/03 09:22
  • ID:QA-0091876

人事・経営コンサルタント

人事管理

いきなりの解雇はできませんので問題があります。会社は従業員のものではありません。雇用契約に基づき雇用よ勤務の義務を取り決めます。そのような契約抜きに勝手な行動を放置することは、会社がその行動を認めたことになり得ます。
「勝手に来る」のではなく、出勤した段階で必ず話し合いを行い、業務命令として勤務可否を伝えます。また「納得できない」というような言い分は通用しませんので、契約するなら勤務、できないなら退職を選択させるまで、業務はできないことを示して下さい。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/04/03 09:29
  • ID:QA-0091878

代表者

一方的就労の黙認放置は最低の選択

▼「暗黙の了解」といった事態は日常よく見受けますが、本件に就いては、問題のパート社員が、「明らかに納得できないと点あり」と明言しつつ、就労強行している事態ですね。
▼社労士さんの提言にも拘らず、何もせず、「おっかなびっくり」の及び腰で、一方的就労を黙認しているのは、「最低」の選択です。
▼本人就労がない場合の業務への支障は分りませんが、何を差し置いても、更新もなく、だらだら就労させているのは、事態を悪化させる、会社の立場が不利になるだけです。
▼社労士さんの提言通り、直ちに、本人に確認を求めるべきです。若し、応じなければ、就労拒否命令も辞さずと腹をくくって下さい。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/04/03 09:48
  • ID:QA-0091883

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働契約は労使双方の合意によって成立するものになります。それ故、条件に納得されず合意不可という状況でしたら、違法な契約内容を伴わない限り最終的には雇い止めという形になるものといえます。

但し、当事案に関しましては、御社が不明点に回答されていない以上その責は御社側にあるものといえますので、現状は保留のままでやむを得ないものといえるでしょう。

いずれにしましても具体的な状況を踏まえて対応すべき事柄といえますので、社労士に確認されるようでしたら早急にご相談される事をお勧めいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/04/03 12:29
  • ID:QA-0091886

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

不明点の詳細わかりかねますが、
一方的な雇止めは、解雇とされ、トラブルに発展するリスクがありますので、可能な限り説明された方がよろしいでしょう。

会社もパート社員さんの方も、権利があれば義務もあります。
会社としては、契約書の説明義務を果たすべきですが、不明点というのが客観的にも、おかしいことであり、会社としても譲れない条件であれば、サインしないということは契約更新されないことであると説明した上で、お互いに納得の上、更新しないとすることをお勧めします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
パートの契約更新
3ヶ月ごとに契約更新をしています。 勤務時間を短縮する際も契約更新日の1ヶ月前に通知しないと労働基準法等に反しますでしょうか?
パート・アルバイトの契約
当社も業績が悪化していますので、契約更新する人としない人が決める予定です。 パートは3ヶ月更新(週30時間以上勤務者のみ6ヶ月)、アルバイトは2ヶ月更新で行っています。 1ヶ月前通告など気をつけなければいけない点を教えて下さい。
社員さんがパート社員になりたいと申し出がありました。
現在正社員として雇用されている社員さんから、パート社員に変更してほしいとの申し出がありました。どのような手順を踏めばよいのか、ご指導お願いいたします。 社員は社会保険・雇用保険・厚生年金がかかっております。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • アルバイト・パートの「現状」
    全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。 そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない アルバイト・パートの基本情報をチェック!
  • 説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
    「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持っているのでしょうか。アンケートよりひも...
  • 3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)
    「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や若手社員の早期離職は、大きな社会問題だ。企業としては当然対策を講じるべきだが、若手社員の実情を把握しないまま策定した一方的なものでは、本人たちになかなか受け入れられないだろう。
あわせて読みたいキーワード
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
定番のQ&Aをチェック
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:05/01~05/30
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...