企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

始末書後の昇進について

今年の夏、所属長Aが部下Bに会社が決定していない人事取り扱いについて言及したり、
不快な言葉でパワハラを受けたとそのBが人事課へ訴えてきました。
Aもその事実を認めたので、会社としてしかるべき処置が必要となり、Aに対し
始末書の提出を求めました。本人は言い過ぎたと感じ、始末書の提出には素直に応じ、
始末書の提出もありました。

そのAは元々、仕事に対してしっかりと会社の求めに応じ、結果も出していたので
昇進も検討していたところでした。会社としては始末書を提出させてその言動に対しての
反省を取り付けたこともあり、昇進を決定することとしました。

①この決定には何か、懸念される点はありませんでしょうか。

この背景にはBはそもそも、何かあると騒ぎ立てる気質もあり、このことでAが
腐るのも会社としては損失になると思ったからです。事実、Bはメールで周りの
社員にAの素行を言いふらしているようです。

②この、メールは善意の社員からの声であるため、このメールをもってBに
 詰め寄ることができません。それでも、そのような声があることを本人に
 伝え、反省を促したいと思いますが、どのような観点から伝えれば良いでしょうか。

かなり機微な内容となりますが、ご教示頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

投稿日:2019/12/23 00:45 ID:QA-0089292

アーウィンさん
大阪府/商社(専門)

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

①昇進時期は決まっているでしょうか?本件のように不始末があった場合には、始末書で終わりとはせず、多くは一般の昇進時期での昇進を見送り、次年度や次期での昇進をすることが多いでしょう。「業績を上げているから」ではなく、特別昇進に相当する劇的な成果などあれば勘案して通常時期に対応することもあります。人事の公平感からは問題無く普通昇進はしないことが多いと思います。
②全く①とは関係なく、匿名のウワサでも社内で聞き取りなど可能ではないでしょうか。著しい会社への批判など、単に「悪口を言っている」ではなく、「騒ぎ立て」が問題です。このように何となく良くないことでは対応ができませんので、具体的な行動をもって処罰が可能です。ソースなど絶対に明かさずに本人呼び出し(当然証拠がない内は何も批判できません)聞き取りを行うことで、普通は多少なりとも言動をあらためるものです。また何より直属上長がそうした服務規律維持を常日頃から管理する責任があります。

投稿日:2019/12/23 09:45 ID:QA-0089295

相談者より

アドバイスありがとうございます。
昇進のところは、会社の意志をしっかり見せて社内で、納得してもらえるよう、昇進者のケアも含めて、対応できるよう意識したいと思います。

投稿日:2019/12/25 13:21 ID:QA-0089348大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

処分は処分、昇進は昇進、何時までも引きずる行為は問題

▼事を収拾する為に、会社として、始末書の提出という処分を課した訳(一件落着)なので、後は、そのことを引きずらず、ゼロから判断して必要な昇進は行うべきです。
▼個人的な動機、感情で、会社として落着処理をして事案に、何時までも騒がしく引きずる社員の行動は、逆に職場秩序の維持に反する行為として自分に跳ね返ってくることを知らしめるべきでしょう。

投稿日:2019/12/23 10:13 ID:QA-0089300

相談者より

アドバイスありがとうございます。
昇進者へのバックアップや会社としての決定について、
ケジメをもって対応したいと思います。

投稿日:2019/12/25 13:25 ID:QA-0089349大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、①につきましては、就業規則におきまして昇進条件で特段の定めがない限り昇進させる事で差し支えございません。パワハラと昇進の件は基本的には別件といえますし、特に悪質な行為でなければ処分が済まされた後の昇進も不合理とまではいえないでしょう。

そして、②に関しましては、確かにBの行動は望ましからざるものとはいえ、この度の件については被害者の立場である事からも第三者からの指摘に基づく注意等は避けるべきと考えます。日頃から問題のある社員であれば、敢えてこの場を借りなくとも近い将来においてより厳しく注意すべき事案が生じる可能性が高いものといえるでしょう。

投稿日:2019/12/24 20:10 ID:QA-0089332

相談者より

ご連絡遅くなり申し訳ございません。
アドバイスありがとうございます。
昇進者はその部下の上司であり、上司からは
『そのようなことがあっても部下は処分なしですか?』との気持ちもあるようです。その気持ちは十分にわかりますし、何とかしてあげたい気持ちもあります。ただし、情報提供者への配慮を考えると簡単に注意できません。こちらの調査結果として、何とか注意できないものでしょうか?

投稿日:2019/12/29 22:15 ID:QA-0089417大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、基本的には前回の回答の通りです。この度の件につきましては、あくまで上司が加害者であって、部下が被害者ですので、たとえ言いふらしされたとしましても部下に処分というのは筋違いといえるでしょう。

勿論、平素からの様々な問題もあっての事とは思いますので、回答につきましては一般的な見地からの参考意見としてご覧頂き、最終的にどのようにされるかについては御社自身で判断して頂ければ幸いです。

投稿日:2019/12/30 23:06 ID:QA-0089418

相談者より

ご指導頂き、ありがとうございました。先生のおっしゃるとおり、対応をどのようにするかは当方の判断につきますね。熟慮し対応したいと思います。
(ご返信遅くなって、申し訳ございませんでした)

投稿日:2020/01/13 00:42 ID:QA-0089582大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/19
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。