企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

有期契約労働者5年勤務正社員への移行について

有期契約労働者を60歳の時に雇入れ
5年が経過して正社員への移行はどうなりますか
・社内規定では定年60歳
・継続雇用65歳まで
・会社・本人ともに期間を定めない雇用の意志あり
上記の条件ではどういう扱いにするのがよいのでしょうか。

投稿日:2019/11/12 15:09 ID:QA-0088353

しのだけさん
新潟県/建設・設備・プラント

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

会社・本人間に合意があれば65歳以後も自由に契約

労働契約法の無期雇用転換権は年齢に関係なく発生します。ご相談の事案では、65歳で発生しますが、その時点で、即、継続雇用終了となります。
▼依って、会社・本人間で、その意思があり、労働条件の合意があれば、65歳以降も雇用することができます。その際は、65歳超雇用推進助成金の改正にも注目しておきましょう。

投稿日:2019/11/12 20:29 ID:QA-0088363

相談者より

とても参考になりました。ありがとうございました。

投稿日:2019/11/14 08:39 ID:QA-0088399大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、「会社・本人ともに期間を定めない雇用の意志あり」という事であれば、定年・年齢等に関わらずそのようにされる事で何ら差し支えございません。

ちなみに、適切な雇用管理に関する計画を作成し都道府県労働局長の認定を受ける事で、定年に達した後引き続いて雇用される有期雇用労働者につきましては無期雇用転換制度の対象外とする事が可能とされています。

投稿日:2019/11/12 23:50 ID:QA-0088375

相談者より

とても参考になりました。ありがとうございました。

投稿日:2019/11/14 08:40 ID:QA-0088400大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

60歳以後の方を5年以上雇い入れる可能性があるのであれば、
5年後には、無期転換権が発生しますので、
第二定年制などを検討する必要があります。

選択肢としましては、
・あらかじめ、有期雇用の上限を65歳としておく。
・5年以上契約更新するのであれば、無期転換後の第二定年を検討する。

投稿日:2019/11/13 11:38 ID:QA-0088382

相談者より

とても参考になりました。
第二定年というのも検討してみたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日:2019/11/14 08:42 ID:QA-0088401大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

5年を経過したからといって、当然に正社員に移行するわけではございません。

有期契約労働者を1年契約で雇い入れ、反復更新して満5年となり、次に6回目の契約を交わせば、その時点で無期転換申込権が発生し、その6回目の契約期間中、いつでも労働者は無期転換権を行使でき、転換の申し出があれば、会社は申し込みを承諾したものとみなされ、その時点で無期労働契約が成立します。

ただし、実際に無期に転換されるのはその6回目の契約期間が終了する日の翌日となります。

これは、あくまでも有期が無期になったというだけで、自動的に正社員に繰り上がるわけではなく、労働条件も別段の定めがない限り、転換を申し込んだ時点の有期労働契約と同一の労働条件となります。

社内規定では継続雇用は65歳までにもかかわらず、会社・本人ともに期間を定めない雇用の意志があるのであれば、65歳になった時点であらためて期間の定めのない雇用契約(正社員・契約社員)を結ぶことは可能ですが、そうなれば、本人から辞めると言わない限り、無期限で雇用し続けなければならないことになります。

もちろん、無期契約に転換した場合も結果は同じ、会社にとっては負担以外何物でも無く、改めて定年をいつにするかという問題も出てきます。

従いまして、社内規定に従い、65歳で雇用終了とするほうがリスクは少なく、慎重に考える必要があるでしょう。

投稿日:2019/11/13 15:10 ID:QA-0088383

相談者より

ご回答いただきましてありがとうございました。
大変参考になりました。

投稿日:2019/11/14 08:46 ID:QA-0088402大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
アルバイトの雇用契約について
お世話になります。 たとえば、週1日で8時間勤務でアルバイト契約(雇用契約書を締結)した場合 週に2日(16時間)勤務させることは難しいのでしょうか?
契約社員又は契約アルバイトから正社員雇用への移行
いつもご利用させていただいております。 本人との契約を結んでいる契約社員及びアルバイト雇用から正社員雇用への移行は確か3回の契約更新もしくは、3年以上の継続雇用だったと記憶していますが、あってますでしょうか? 間違っていたり、変更が出ているのであれば教えていただきたいです。 また、正社員雇用を...
雇用期間の有期と無期について
初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示お願いします。 当社では、パート社員に対しての雇用契約は、期間の定めをしておりませんが、「正社員以外は、期間を定めなければいけない」との話を耳にしたのですが、やはり有期雇用契約(契約更新あり)としなくてはならないのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
高年齢雇用継続給付
「高年齢雇用継続給付」とは、定年後も企業に雇用されて働き続ける65歳未満の人が、60歳到達時点に比べ賃金が75%未満に低下した場合に雇用保険から支給される給付金であり、「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職給付金」の2種類に分かれます。前者は、60歳以降も継続して同一企業に雇用されている60歳...
改正高年齢者雇用安定法
65歳まで働き続ける環境整備を企業に義務づける法律。高年齢者の安定的な雇用確保のため、65歳までの雇用確保措置の導入が事業主の義務となった(2006年4月施行)ほか、雇用者の再雇用促進などを図る措置(2004年12月施行)も盛り込まれています。
改正労働契約法
「改正労働契約法」とは、平成24年8月10日に公布され、同25年4月1日から施行された「労働契約法の一部を改正する法律」のことです。本改正法では、あらかじめ働く期間に定めを設ける有期労働契約の適正な利用を促し、有期雇用で働く人を保護するためのルールを新しく整備しました。有期労働契約の更新がくり返さ...
定番のQ&Aをチェック
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/10
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...