企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14899件   回答数31934

通勤費なのか交通費なのか?

初めて投稿させていただきます。
勤務地が一定でない場合の通勤費(交通費)の取り扱いについて教えて下さい。

健康保険組合で適用業務を担当しております。
被扶養者の収入を確認する際、課税給与収入に非課税通勤費を加算して
年間130万円未満で認定しております。
ところが勤務地が一定でない場合、自宅から就業場所への移動であっても
通勤費ではなく交通費だと主張されるケースがあり、対応に苦慮しています。
例えば、自宅から一旦事務所を経由して就業場所へ赴く場合の
自宅から事務所までは通勤費、事務所から就業場所へは交通費と取り扱うのが
一般的かと思いますが、自宅からダイレクトに就業場所へ赴くものは
通勤費としてとらえてはいけないのでしょうか?

ご教示いただければ幸いです。

  • *****さん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2019/02/22 15:15
  • ID:QA-0082589

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/02/23 14:06
  • ID:QA-0082604

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、基本的にはご認識の通り自宅から事務所までは通勤費、事務所から就業場所へは交通費と取り扱うのが妥当といえます。但し、就業場所が一定でなく都度その際の費用も変わってくる場合ですと、移動に関わる交通費と処理しても差し支えはないものと思われます。

いずれにしましても、最終的には加入者側ではなく保険者である貴組合側での判断になるものといえますが、トラブルになりそうであれば税務処理に関わる事柄ですので税理士にご相談される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2019/02/25 09:16
  • 相談者の評価:参考になった

回答ありがとうございました。
非課税通勤費として支給されている場合と、あまりにも不公平になる点が気になっておりました。今一度先方の契約書を確認し、検討を続けていきたいと存じます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/02/23 19:21
  • ID:QA-0082608

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

いわゆる直行の場合の、交通費は、業務命令によって、客先等に直行するわけですから、

会社が当然に負担すべきものであり、賃金にはあたらず、通勤手当とは異なります。

  • 投稿日:2019/02/25 09:20
  • 相談者の評価:参考になった

回答ありがとうございました。
通勤手当は支給してもしなくてもいいもの
移動交通費は当然支給すべきもの
と考えるということですね。
非課税通勤費が支給されているため130万円を超えてしまい扶養を外れる方との公平性が気になっているのですが、参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/02/24 20:23
  • ID:QA-0082611

代表者

▼ 先週、類似のQ&A(通勤手当と交通費の違い)があったので、以下、一部引用致します。
Quote
・「通勤手当」「交通費」いずれも、身近でよく使われる言葉ですが、両者は、性格も、税法上も違ったものです。
・通勤手当は、社員が会社へ来る、つまり、「社員ための金銭」です。それに対し、交通費は、「仕事のために使われる金銭」です。
・従い、会計上、前者は「人件費」、後者は、「営業費」となります。他方、税法上の観点からは、通勤手当は、給与所得としての課税所得(非課税限度あり)、交通費は、実費支弁(右から左)故、社員側に課税関係は生じません
Unquote
▼ 従い、最終段のご説明の通り、会社への移動費は「通勤手当」、その後の就業場所へ移動費は「交通費」となりますが、自宅から就業場所への直行費用も「交通費」としての処理が妥当だと考えます。

  • 投稿日:2019/02/25 09:23
  • 相談者の評価:参考になった

回答ありがとうございました。
通勤費と交通費の線引きがあやふやな場合の、判断材料とさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/02/25 12:54
  • ID:QA-0082631

人事・経営コンサルタント

業務

直行は会社の業務であり、指示に基づいて行われます。ゆえに通勤ではなく交通費となります。

  • 投稿日:2019/02/25 15:20
  • 相談者の評価:参考になった

回答ありがとうございました。
契約書の記載内容を再度精査し、実態に即して適切に判断したいと存じます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業場所変更について
はじめまして。 就業場所変更に伴う、アルバイトさんの契約書について質問させていただきます。 一部の部署が、約1ヶ月半後に現在の勤務地から約3kmほど離れた場所に移転することになりました。 当然、アルバイト雇用契約書には就業場所を明記しているのですが、やはり新たに勤務場所を変更した契約書を作成し、締...
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
派遣契約書 就業場所の記載について
派遣契約書についてご教示ください。 施工管理者の派遣を行っているのですが 契約書の組織単位をA社工事部工事課としており 就業場所をA社、所在地としております。 ただ、諸口工事を担当しており就業場所以外でも 仕事をしております。 このような就業状況の場合、就業場所は複数記入しないと いけないのでし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 発生しうるリスクを意識した管理が必要!従業員の「自転車通勤」をめぐる問題点と社内規程・書式の作成例
    昨今、エコブームや健康を意識して、都市部を中心に自転車通勤を始める人が増えています。それに伴い、自転車通勤によるリスクも高まっています。今回の記事では、通勤中に事故が発生した場合の対応や通勤費の取扱いなどについて、わかりやすく解説しています。
  • 長時間通勤は採用の合否に影響する?
    採用選考の際に、居住地を合否の判断材料にはしないというのは、人事にとって基本だろう。しかし、長時間の通勤が業務に差し支えることが予想されるケースもないわけではない。家庭の事情で転居できないと最初から分かっている場合は、本人が通勤可能だと主張しても、企業側はどうしても気になってしまうものだ。特に郊外か...
  • 出張面談とプライバシー
    腹を割って本音を話してもらう「転職相談」は、人材紹介に欠かせないプロセスだ。在職中で忙しい場合、求職者の希望の場所で出張面談を行うこともある。注意しなければいけないのは、プライバシーの保護だが、出張面談にふさわしい場所は、意外に少ない――。

あわせて読みたいキーワード

分断勤務
「分断勤務制度」とは、1日の所定勤務時間を分割して働くことができる勤務形態のことで、「分割勤務」と呼ばれることもあります。これまでの勤務形態は、昼休憩は挟みつつも「連続して8時間」などが通常でしたが、会社外での勤務を認めるリモートワークが広がり、「オフィスで4時間+自宅で4時間」といった柔軟な働き方...
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
未活用労働指標
「未活用労働指標」とは、労働力人口と潜在労働力人口のうち、未活用を示す失業者、追加就労希望就業者、潜在労働力人口の割合を示す数値です。総務省は2018年1~3月期から新たに、労働力調査において「未活用労働指標」の公表を始めました。これまで労働市場を表す一つの指標として示されていた「完全失業率」に加え...

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/07
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...