企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14720件   回答数31393

フレックスタイム制導入時のセキュリティについて

フレックスタイム制の導入を検討しております。
対象者を全社員とした場合、オフィスの施錠管理はどうされているのでしょうか。
一般社員が一人でオフィスに居ることも想定されるので、全員がセキュリティを解除できる権限を持たせるのでしょうか。
そこが解決せず、なかなか踏み切れません。
アドバイスいただけますと幸いです。

宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2018/12/21 13:15
  • ID:QA-0081193
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/12/22 20:59
  • ID:QA-0081206

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働基準法上の管理監督者につきましてはフレックスタイム制も含めまして法定労働時間制度の適用外となります。従いまして、通常であれば管理監督者に施錠の管理責任を持たせる事で対応されるのが妥当といえます。

また何らかの事情でこうした対応が困難の場合ですと、当日の勤務予定を元に最も早い出勤者及び最も遅い退勤者に行わせる等で対応されるとよいでしょう。

いずれにしましても、御社の業務内容やセキュリティ事情によっても対応は変わってきますので、現場事情を精査された上で工夫され決められるべき問題といえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/12/24 10:51
  • ID:QA-0081213

代表者

オートロック方式を検討されて如何がですか

▼ ご相談のセキュリティは、 ID入力、ICカード、生体認証等で個人別動向把握するレベルのもではなく、業務に無関係な人物の入出館(特に入館)の回避かと思われます。
▼ それなら、営業時間中以外の入室には、自働的に暗証番号入力を必要とするオートロックを検討されては如何ですか。多くの集合住宅で採用されているものです。
▼ 機能に制限がありますが、低コストで済み、少なくとも、ご説明の、フレックスタイム制の導入に伴う不安解消には役立つでしょう。導入後の状況を観察し、併行して入室キーも持たせるのか、参照番号の変更の是非など検討されればよいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/12/25 10:31
  • ID:QA-0081219

人事・経営コンサルタント

方法

一般的な方法としては、管理監督者(社内呼称ではなく、実際の経営管理者)が管理するか、個人がセキュリティカードで対応するかのいずれかでしょう。あるいはべと管理管理会社に一任するところもあります。貴社の業務や来訪者状況などで一般論は関係なく決めるべきと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

LINE採用コネクト シェアNo.1採用管理システムi-web
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。