企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14273件   回答数30295

内定取り消しについて

いつも大変お世話になっております。
色々と勉強をさせていただいております。

内定取り消しが可能かについて、お伺いをしたく投稿させていただいております。

今回、採用が内定した方がいらっしゃり、こちらでオファーレターを作成しお送りしました。
(エージェントなど利用しておらず、直接のやり取りです)
最初にある金額でオファーを出しましたところ、納得いかないという事で承諾いただけませんでしたが、
現年収と照らし合わせ(本人からの申告)、再度1度目のオファーと同じ金額で提示しました。
その後、やはりご承諾頂けませんでしたので、もう一段階上の金額で提示をいたしました。
するとそれに対し、ご家庭の事情や(現在の収入では苦しい)、ご自身が資格などたくさんある点、
一生懸命頑張りますからというような言葉とともに、20%UPで希望を出されました。

その時点で、弊社としては気が進まなかったのですが、一度内定を出してしまった方ですので、
再度一段階上の金額で提示をいたしました。
ところが、その額は20%に満たなかったという事もあり、やはりご納得いただけず、
自分の生活が向上するためにも15%~20%で再検討をしてほしいというご連絡をいただきました。
ですが、最後に提示した金額が、弊社としてオファーできる最大の金額で、これ以上は考えておりません。

ここまでの時点で、こちらが理解しているのは、ご本人からは内定を承諾する気持ちはある、けれども給与は希望通りに上げて欲しいということです。
ですが弊社としては、このままこの方とのやり取りを続けず、新たな候補者を探す方に時間をかけたいと考えております。

内定は労働契約が成立しているという事になり、取り消しには一定のルールがあることは理解している(選考中に知りえなかった履歴の詐称などや、客観的合理性など)のですが、今回の方はこのような経緯もあり、心情的にはもう採用はしたくないです。入社後にトラブルを起こしかねないと考えております。

金額の合意に至らなかったという事で、内定取り消しは可能でしょうか。
長々と申し訳ございません。どうぞよろしくお願いいたします。

  • Ppknさん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2018/11/02 23:38
  • ID:QA-0080187

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/11/05 09:39
  • ID:QA-0080202

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働契約成立とみなされる通常の内定であれば、当然ながら労働条件の提示及び合意が成立していなければなりません。

当事案の場合ですと、給与という最も重要な労働条件について同意が成立していませんので、内定と申しましても提示される給与条件次第では入社してよいといった程度に過ぎず、実質的には内々定またはそれより前の段階に近い類のものといえるでしょう。

従いまして、給与面で合意が完全に成立していなかった状況である以上、入社をお断りされても差し支えないものといえます。

  • 投稿日:2018/11/05 11:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
とても参考になります。

「給与面で合意に至れなかったので、残念ですが今回はご縁が無かったと判断いたしました。」という形で進めたいとは思っているのですが、それでも、売り手市場の現在の状況を考えると、今後のためにもやはり、「これが最終オファー金額です。ご受諾いただけるか~日までにご回答をお願いいたします。ご回答いただけない場合は、ご辞退と判断させていただきます。」という形にした方がいいのか…と悩んでおります。ですが、それでご受諾いただいても困る状況ではあり…。

会社としては多少強気に出でも良いものなのでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/11/05 11:25
  • ID:QA-0080212

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、前回お答えさせて頂いた通り、給与額まで合意されていなかった以上お断りされても差し支えないものといえるでしょう。

但し、市場的な観点からの対応に関しましては別の事柄になりますので、代わりの方が見つかりにくいようでしたら、引き続き給与額での交渉をされることでもよいでしょう。その辺はあくまで御社での考え方次第になります。

  • 投稿日:2018/11/05 14:18
  • 相談者の評価:大変参考になった

再度のお返事、誠にありがとうございます。
参考になりました。

今回はやはり、給与の合意が成立しなかったという事でお断りにさせていただこうと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/11/05 12:01
  • ID:QA-0080213

人事・経営コンサルタント

内定

文面がわかりませんが、オファーレターであれば内定通知ではありませんので、内定取り消しが成立しません。普通に合意が得られないので今回は見送りする旨、伝えれば良いでしょう。仮に合意を得る前に先行して内定通知を出してしまった場合でも、保証するのは提示金額での採用であり、応募者の言い値で採用する義務はなく、その際はいつまでに返事なけば採用は見送ると伝えれば良いでしょう。
通常ここまで粘る応募者も、それに応える会社もあまりなく、条件不合致で見送りという、ごく普通の結果に過ぎないのではないでしょうか。
ただ、ずるずると給与交渉に応じてしまうなど、会社が是が非でも欲しい、余人に代え難い人材であれば、社内基準そのものがずれていることになりますので、今後は給与体系見直しなども検討が必要です。

  • 投稿日:2018/11/05 14:26
  • 相談者の評価:大変参考になった

アドバイスをいただき、誠にありがとうございます。
大変勉強になりました。

そうですね、今回の採用は事情があり、3~4回の給与交渉に応じてきましたが、現在提示している額以上の金額は出すことができませんので、ご縁がなかったという事でお断りと進めます。

ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
内定の応諾前の内定取り消しについて
お世話になっております。 以下の場合の内定取り消しについて問題ないか ご教授下さい。 ・メールにて内定を連絡。 ・内定者から内定への応諾について10日間程度の猶予依頼(理由は他社選考中の為) ・10日後に内定辞退となった場合に備えて、採用活動を再開したい。 ・再開の際に、今回の内定を一旦取り消す...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


顔と名前の一致”が組織を強くする<br />
 シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

顔と名前の一致”が組織を強くする
シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

企業は成長を目指すのが常ですが、成長するほど見えなくなってしまうものが...


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...