企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

派遣社員の社宅扱いについて

当社は、派遣先になりますが、派遣社員を住まわせる住宅を派遣先(当社)で契約して、住まわせて、
賃料を派遣料金と相殺し、派遣元で給与控除してもらうというようなことは法的に問題ないでしょうか。
また、当社が契約する物件に派遣社員(自社社員ではない)を住まわせることに法定な問題はないでしょうか。

派遣元で社宅を準備できない場合の方法を検討しております。
アドバイスいただければと思います。

投稿日:2018/10/03 11:57 ID:QA-0079530

ハイドバイドさん
大阪府/電気・ガス・水道・エネルギー

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
人事・経営コンサルタント

派遣契約

派遣会社が派遣料金支払いの代わりに賃料負担で良いという派遣契約を結べば、理論上成り立つでしょう。しかしそれを給与控除するかどうかなどは、派遣会社という他社の経営問題ですから、関与することはできません。こうした不自然で複雑な派遣契約は見たことがありませんので、一般的には受けないように思いますが、派遣会社との交渉次第でしょう。

投稿日:2018/10/03 22:39 ID:QA-0079555

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、社宅の提供については広義の労働条件に該当するものといえますので、基本的には雇用契約の当事者である派遣元で実施されるべきものになります。

従いまして、社宅の準備を御社でされたい場合ですと、直接派遣社員に提供されるのではなく、御社が契約・準備された社宅を派遣元に貸し出され、その上で派遣元から派遣社員へ提供してもらうといった方法を取られるべきです。そして給与控除の件につきましても、御社ではなく派遣元から派遣社員へ話をされ同意の上で実施される事が求められます。

投稿日:2018/10/04 17:51 ID:QA-0079578

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
契約社員の後任
ご相談です。 現在有期の契約社員を1名雇用しておりますが、 その後任に新人の社員を充てようと思っています。 契約社員の方の契約を終了して、新人を入れるということで 法的に問題は無いでしょうか。 契約社員の方は、1年契約で最大4年と話をしていますので、 契約を更新しないことは問題無いと思っている...
契約社員の更新について
いつもお世話になっております。 現在弊社では数名の契約社員がおりますが、事業の悪化により 契約社員の削減を考えております。 そこで、 ①現在1年契約を6カ月もしくは3カ月契約に変更 ②賃金の削減 以上の2点を行いたいと思うのですが、何か問題はありますでしょうか。 また、1週間後に契約更新1カ月...
契約社員の契約期間について
契約社員の期間が8月で満了になります。当該社員(女性)が妊娠している事がわかったため、次回の契約期間を1年間ではなく、勤務可能な11月末までで契約しようと考えていますが、問題ないでしょうか? また、当社の契約社員規程には、休職を適用しないとなっていますが、問題ないでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
特定目的行為
「特定目的行為」とは、労働者派遣契約の締結に際して、派遣先企業が派遣労働者を特定することを目的とする行為のことで、労働者派遣法26条7項により禁止されている違反行為です。具体的には、労働者派遣に先立つ事前面接や履歴書の送付要求、性別や年齢による派遣労働者の限定などが、これに含まれます。派遣法が特定目...
3年ルール
派遣社員として働く人たちへの雇用安定措置として、2015年の労働者派遣法改正により、有期雇用の派遣社員の受け入れ期間の上限が3年となりました。それ以降は、派遣先での直接雇用または派遣元による無期雇用への転換や、異なる部署への配置変更といった対応が必要になります。本来は、派遣社員の処遇向上のために推進...
労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/09
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下...