企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14162件   回答数30005

新卒募集

いつもお世話になっております。
当社での新卒募集内容のポイントは下記内容です。
・大卒21万、短大卒19万、専門卒19万
・大卒固定残業代5万(40時間分)短大専門卒固定残業代3万(24時間分)
・年間休日115日
 等、一般的な内容で募集し採用しておりますが
実情
・入社後3ヶ月間使用期間日給制(出勤日数に乗じた給与)
・使用期間以降、身分は準社員にて日給制(出勤日数に乗じた給与)
・入社1年にて正社員(募集内容相応の月給制)となります。

ただし、募集内容には使用期間や準社員や日給制の内容は一切記載していません、入社時にガイダンス
で説明周知している現状です。
この状況はかなり悪質と判断し改革を上申しましたが「過去問題なかった・・・」と一蹴されました。
どうすれば良いでしょうか?

  • tommy$$$さん
  • 兵庫県
  • 半導体・電子・電気部品
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2018/06/22 16:54
  • ID:QA-0077340

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/06/22 18:12
  • ID:QA-0077347

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件については、試用期間等についても募集広告に記載されるべきですが、入社前の面接等できちんと説明し了承頂いた上で入社されているという事でしたら、それ程悪質とまではいえないでしょう。それ故、違法行為として責任を問われるまでには至らないでしょうから、現実問題としまして改革に消極的な態度があっても不思議ではないでしょう。

対応としましては、募集広告には当然ですが事実を掲載する必要性がある旨をお伝えし、少なくとも試用期間中は別途取り扱いとなる旨の但し書きを付けられることを進言されるとよいでしょう。それでも一蹴されるようでしたら、詳細事情を知りえない外部からの助言等でこれを変える事は困難ですので、組織内部の問題としまして他の社員とご相談して解決される他ないものといます。

  • 投稿日:2018/06/25 09:42
  • 相談者の評価:参考になった

ご連絡ありがとうございました。現状、使用期間中の待遇は入社後の説明であり、内定承諾時には説明しておりません、又、入社時で説明はしているものの新入社員の理解度は低く5月のGWや8月の盆休み後の給与が低くなって初めて質問がくる状況ですので内定承諾時もしくはそれ以前に説明する動きを取ります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/06/22 21:39
  • ID:QA-0077352

人事・経営コンサルタント

経営責任

経営者ではない以上経営責任は負う必要がありませんが、人事部門として、こうしたコンプライアンス上の瑕疵について指摘した記録を残してはいかがでしょうか。会社が指摘を無視したということで、責任は経営陣となります。
求人票以外でも雇用契約書などでどこまで周知しているかわかりませんが、バレなきゃ何やっても良いというなど今どき通る訳がありませんので、コンプライアンスという意識醸成を合わせて上申しても良いかと思います。いずれにしてもこの採用難の時に、こうしただまし討ちのような方法はいずれしっぺ返しを受ける恐れがあると思います。

  • 投稿日:2018/06/25 09:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご連絡頂きありがとうございます。ご指摘通り雇用契約書には「月給の箇所にチェックマークされ19万と記載され備考欄に〝日給・月給制”」という様式になっていた為「日給チェックに日給額を記載し、日給制」と変更し本人に説明しました。ご指摘どおり求職者がわかりやすい募集内容、雇用条件に変更していきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/06/24 11:35
  • ID:QA-0077355

代表者

法的に問題はなくても、無駄な時間を費消させる好ましくない行動

▼ 「求人募集広告へ掲示した労働条件」と「雇用契約締結時に明示する労働条件」は全く別物ですので、両者が必ず一致していなければならないということはありません。企業の求人募集行為は、法律上「雇用契約申込み(求職者の応募行為)の誘引」に過ぎないからです。
▼ 然し、採用段階に至れば、厭が応でも、労基法の規定に基づき提示しなければなりません(第5条)。この時点で、応募者は、始めて、実態条件を提示される訳なのですが、「過去問題なかった・・・」というのは、募集広告から受けた印象からの大幅な乖離条件を知って、その時点で応募を撤去したからでしょう。
▼ 確かに、法的に、「問題はなくても」、応募者に無駄な時間を費消させ、社会通念上、好ましくない募集行動ですね。

  • 投稿日:2018/06/25 10:00
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答頂きありがとうございます。
ご指摘どおり世情や労働力不足の中、求職者が気持ちよく入社しわかりやすい労働条件で就労できるよう改善してまいります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
入社マニュアルの作成について
いつも大変参考にさせていただいております。 入社マニュアルの作成についてです。 新卒および中途入社の社員に対して、入社マニュアルを作成予定です。 現状では入社に対しての必要書類とその書き方程度のものしかなく、もう少しまともな内容に変えていきたいと考えています。 その際にどのような内容を盛り込めばよ...
採用してはいけない人
管理者を募集しています。 こういった考えを持っている人は要注意などあれば教えてください
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
    「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持っているのでしょうか。アンケートよりひも...
  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 人材紹介会社のフォロー範囲
    人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、という気持ちが強いようで――。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:05/01~05/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...