企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15382件   回答数33233

情報保護管理について

ご教示下さい。

個人情報について、各種セミナーなどに参加した際に配布されるセミナー資料に個人が特定される情報の記載がある場合、個人情報としての管理が必要となりますでしょうか?
また購入している書籍などに記載の個人が特定される情報についても同様に個人情報としての管理が必要となりますでしょうか?

初歩的な質問で恐縮ではございますがよろしくお願い致します。

  • 投稿日:2017/12/21 11:46
  • ID:QA-0074083
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/12/21 20:54
  • ID:QA-0074103

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、セミナー参加者や読者等の第三者が情報を知りえることになりますので、個人情報としての管理が必要といえます。

従いまして、記載される場合には、原則として当人の同意を取得されることが求められます。但し、就業規則(個人情報保護規程も含みます)上でこうした用途での個人情報の利用が定められておりかつ従業員にも周知されている場合ですと、改めて同意を得なくとも記載は可能です。

  • 投稿日:2017/12/22 09:27
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/12/22 10:12
  • ID:QA-0074110

人事・経営コンサルタント

個人情報

具体的内容が不明ですので一般論で申し上げれば、その情報が「個人が特定される情報」であれば、基本的にすべて個人情報と考えられます。意図せず個人情報を流布してしまう恐れは常にありますので、その取扱いは当人の許可を得ることが大原則で、それが怪しい場合は触らないことが無難です。
ただ一般書籍において、本人許諾も無く個人情報をさらすとは考えにくいので、やはり内容次第といえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
個人情報保護方針
人事管理における個人情報保護の観点からの管理体制や仕組みはどのようにすればいいでしょうか?
個人情報管理について
相談No.A000767にて、人事管理上の個人情報の保存期間についてご質問させて頂きました。 利用目的から外れなければ、半永久的に保存可能とのことでしたが、もし本人から個人情報破棄の希望があった場合は、承諾の上破棄しなければならないのでしょうか? 以上、どうぞ宜しくお願い致します。
個人情報の管理について
お世話になっております。 個人情報の保護について質問させていただきます。 弊社では、現状、各事業所から本社に雇用契約書等の個人情報を普通郵便で郵送しています。 この行為自体は大きな問題なのでしょうか。 個人的には、預かった個人情報の取扱いとしては不十分と感じております。 一般的にはどの程度のセキ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ヘルスリテラシー
「ヘルスリテラシー」とは、健康に関する情報を入手し、理解し、効果的に活用するための個人的能力のレベルのことをいいます。健康情報を正しく取り入れるためには、知識と意欲のどちらも必要です。世の中に溢れる健康情報の中から、自分が正しいと思うものを取捨選択し意思決定をしていくことで、生涯を通してQOLを維持...
フィルターバブル
「フィルターバブル」とは、インターネットで、利用者の思想や行動特性に合わせた情報ばかりが作為的に表示される現象のことをいいます。サーチエンジンが、検索履歴や購買情報から行動パターンを学習することによって、利用者の志向に近い情報が優先的に表示され、望まない情報から遠ざけられます。アメリカの活動家イーラ...
弱い紐帯の強み
「弱い紐帯の強み」とは、米国の社会学者マーク・グラノヴェッターが発表した社会的ネットワークに関する仮説です。グラノヴェッターによれば、新規性の高い価値ある情報は、自分の家族や親友、職場の仲間といった社会的つながりが強い人々(強い紐帯)よりも、知り合いの知り合い、ちょっとした知り合いなど社会的つなが...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Web採用説明会でエントリー30%UP QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/31
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...