企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14737件   回答数31435

規定変更に伴う意見書、変更届の日付について

お世話になっております。

表題の件でご質問がございます。
今回、社内規定変更に伴い従業員代表の意見書の作成が必要なのですが、

〇年〇月〇日付をもって意見を求められた〇〇規定に対し、以下のように回答します。

の本文である日程と実際に意見書を作成する際に右上に日程も記入する必要があると思うのですが、
これらの日程は同日程でもよろしいのでしょうか??


ご存知の方いらっしゃいましたら、ご確認いただければ幸いです。

  • たたたのたっくさん
  • 大阪府
  • 食品
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2017/11/24 09:21
  • ID:QA-0073630

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/11/27 17:52
  • ID:QA-0073656

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

同日程で問題ありません。

  • 投稿日:2017/11/28 11:13
  • 相談者の評価:大変参考になった

小高様

お世話になっております。
ご回答いただきありがとうございます。

非常に参考になりました。
ありがとうございます。

ちなみにご存知でしたらご教示頂きたいのですが、
〇年〇月〇日をもって意見を求められたに記入した日時が右上の日時よりも後の場合

つまり、右上の日時が従業員に意見を求めたよりも先の場合は無効になるのでしょうか??

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/11/28 17:44
  • ID:QA-0073673

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、意見を聴かれた日になりますので、それが同じ日でしたら同じ日になります。異なる日であれば事実の通りその日を記載する事でも差し支えございません。

大切な事は意見の聴取自体ですので、特に気にされることでもないものといえます。

  • 投稿日:2017/11/28 18:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

お世話になっております。

ありがとうございます。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
規定の作成について
規定の種類が様々ありますが、マイカー通勤管理規定とか安全運転管理規定など・・ これらは、別々に規定として作成したほうがよろしいのでしょうか? 安全運転管理規定の中に、例えば第一章として、マイカー通勤管理など・・含めてしまってもよいのでしょうか? たくさん規定があり、少なくしたいのが目的でもありますが...
就業規則の付属規定
 以前、就業規則の変更届を出した際に、付属規定には変更がなかったので、変更した本則のみを提出し、付属規定は提出しなかったのですが、問題ありませんか?付属規定も含めて就業規則であると思いますので、提出しなかったことが心配です。
人員減の支店の就業規則変更届の提出について
いつもお世話になっております。 このたび就業規則が変更され、各支店の社員の意見書をつけて、就業規則変更届を労基署に提出することになりました。ただ、前回の変更届提出時には10人以上所属していましたが、今回10名未満に人数が減った支店がございます。この場合、変更届及び意見書の提出は必要なのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

ファシリテーター
効率的かつスムーズな会議を実現するための進行役となる「ファシリテーター」。中立的な立ち位置から意見の対立を調整したり、積極的な意見交換を促したりするなど、有意義な会議を行ううえで重要な役割を果たします。多様な人材雇用が進む近年では、組織運営にそのスキルを応用している企業も増えてきました。ここでは、フ...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
7S
「7S(Seven S Model)」とは、マッキンゼー・アンド・カンパニー社が提唱した組織変革のためのフレームワークです。組織の全体像といくつかの要素の相互関係を表しており、組織の現状を包括的に捉え、適切な対策をとっていくのに有効だとされています。(2019/7/17掲載)

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン LINE採用コネクト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...