企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14842件   回答数31778

育児休業延長の理由

育児休業延長の理由についてお伺い致します。
「保育所等の入所困難」や「配偶者の死亡傷病等」によって延長は認めてられておりますが、近年共働きで育児を行う対象者が子の祖父母のケースが多く、その祖父母が体調不良になり育児休業の延長を申請された場合は無条件で延長を認めなければならないのでしょうか?認めなければならないのなら
気になるのは、祖父母の体調不良の内容が広範囲になるのでその際に育児にあたる祖父母の診断書提出など要請しても問題はないでしょうか?
又、多くの場合祖母にあたる場合が多く、祖父の体調不良で祖母の手が離せない等々いろいろなケースが考えられるますが各事由毎に診断書や証明書を要請できるのでしょうか?
ご教示頂けたら幸甚です。

  • tommy$$$さん
  • 兵庫県
  • 半導体・電子・電気部品
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/11/09 08:48
  • ID:QA-0073372

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/11/09 13:25
  • ID:QA-0073383

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

1歳から1歳6ヵ月の延長、あるいは1歳6ヵ月から2際までの延長につきましては、法律上は、配偶者のみとなっておりますので、祖父母については、延長を認めなくともかまいません。

また、祖父母の傷病等で会社として延長したとしても、育児休業給付は支給されません。

  • 投稿日:2017/11/09 14:15
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

ありがとうございます。育児対象は本人か配偶者は理解できるのですが、保育所への送迎が祖父母で祖父母の体調が悪く入園が延期という申し出はどうでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/11/09 16:29
  • ID:QA-0073390

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件2

祖父母が体調不良の場合には、先にも回答しましたとおり、
祖父母が保育園送迎等していたとしても、法律上は、育児休業の延長を認めなければならないということにはなりません。

  • 投稿日:2017/11/09 16:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

度重なるご回答誠にありがとうございました。
明確にお答えして頂き感謝します。法律が改定になりそのタイミングで様々な質問がありましたので助かりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
育児・介護休業について
いつも利用させていただいております。 さて、育児・介護休業の対象者および非対象者を教えていただきたく思います。
育児休業の期間について
育児休業の期間について質問です。 現在当社では1年間(保育所等の手当てができなければ半年延長可能)の 育児休暇を取得可能です。 逆に育児休業というのは「少なくともこれくらいはとらなくては育児休業を取ったとみなされない」という期間はありますか? 極端な話一週間でも会社で決められた手続きの下 育児休業を...
1歳6か月まで育児休業ができるのは?
子が病気のため、社員が一年間育児休業を取りました。子が手術したので、あと半年育児休業を延長したいと申し出がありました。 今回の法改正で、一定の場合には、子が1歳6か月に達するまで育児休業ができるようになったので、会社はこれを認めたのですが、ハローワークの見解は、一定の場合に当たらないとして認めてくれ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 武石恵美子さん 「男性の育児休業」と「ワーク・ライフ・バランス」
    仕事と子育ての両立支援計画を企業に求める「次世代育成支援対策推進法」(次世代法)が施行されて1年。これをきっかけに、多くの企業が男性社員も育児休業をとりやすい環境整備に取り組み始めています。『男性の育児休業』(中公新書)の共著書もある武石恵美子さんは、このような動きについて「制度の充実だけに過大な期...
  • 育児・介護支援制度の最新実態
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、各企業の育児・介護休業等の最新実態を調査しました。今回はこの中から育児休業・介護休業それぞれの「期間」「休業中の月例賃金の取り扱い」について紹介します。
  • 育児休業制度の実態調査――対象となる子の上限年齢、休業期間中の賃金など
    少子化が急速に進んでいる我が国では、従業員が仕事を続けながら子育てのできる環境作りが、喫緊の課題であるといえます。これに対して、国は2005年4月に改正育児・介護休業法を施行し、同時に次世代育成法に基づく一般事業主行動計画の届け出制度をスタートさせていますが、企業では“両立支援”の取り組みをどのよう...

あわせて読みたいキーワード

育児休業
育児休業の取得について定める育児・介護休業法は、時代の変化に合わせて、対象範囲や取得期間の改正が継続的に行われてきました。人事担当はつねに最新の状況を把握し、社員が円滑に働ける環境を整える必要があります。ここでは、育児休業制度のあらましと、社員が育児休業を利用する際に必要な会社の対応について説明しま...
改正育児介護休業法
「育児や家族の介護」と「仕事」の両立支援をさらに推進するため、2005年4月1日から改正施行された法律です。少子化への意識が高まる中、育児休業をとりやすく、職場復帰しやすい環境の整備が求められていることから、より利用しやすい仕組みにするために、育児休業制度などの見直しを行ったものです。
ファミリー・フレンドリー企業
『仕事』と『育児・介護』とが両立できるような様々な制度を持ち、多様で柔軟な働き方を社員が選択し、しかも安心して利用できる文化をもっている企業。「環境にやさしい企業」、「地域社会にやさしい企業」と同様に、「家庭にやさしい企業」、つまり「ワーク・ライフ・バランス(Work&Life Balance)」...

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング 研修費ゼロの人材育成
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...