企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13437件   回答数28181

業務委託にて設備費購入含めた請求後の処理について

お世話になります。
依頼を受けた業務に新たに設備と車両が必要となり購入金額を含めた委託料にて取り交わし業務が終了しましたが、購入した設備と車両(約400万円)を依頼元へ確認したが返却されても困るのでそのまま使って欲しいと言われています。購入した設備・車両については取り交わし(覚書等)もしていません。法的にはそのまま自社で設備と車両を保持していても問題は無いのでしょうか。宜しく御願いします。

  • 投稿日:2017/09/08 09:58
  • ID:QA-0072440

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/09/08 11:40
  • ID:QA-0072444

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、現状取り決めがない以上会社間でご相談され対応を図られることをお勧めいたします。現状問題がないとしましても、後でトラブルとならないよう、設備及び車両の所有・権利関係等について明確に覚書等に記載されておかれるべきです。

ちなみに、当事案につきましては人事労務とは無関係になりますので、詳細につきましては弁護士等の一般的な法律の専門家へご相談されることをお勧めいたします。

  • 投稿日:2017/09/12 15:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

お世話になります。
ご指導、有難うございました。今回含めて書面(覚書等)で処理させて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/08 12:27
  • ID:QA-0072447

代表者

業務契約の完了後の設備・車両の取扱い

▼ 対象業務契約の完了(完全履行)が委託元の検証、確認(書面による事が必要)を得た後、委託元から当該設備(貸与でなく御社者名義で購入)の処理を一任された場合には、そのまま自社で設備と車両を保持していても全く問題はありません。
▼ 他方、委託元からの貸与物件なら、所有者は、委託元のままなので、御社で使用し続けるのであれば、無償譲渡による名義変更が必要になります。
▼ 尚、当該設備と車両の活用法がなければ、廃棄処分することになりますが、残存簿価相当額の損失が発生しますので、この辺りは、抜かりなく検討しておくことが必要です。

  • 投稿日:2017/09/12 15:32
  • 相談者の評価:大変参考になった

お世話になります。
細かなご指導いただきまして、大変参考になりました。
有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
設備投資
広告デザインの会社です。業務拡大を計り設備の充実を考えているのですが助成金等受けられるものがあるのでしょうか。今まではデザインワークのみでしたが、今後撮影、商品アップまでを請け負います。その為の設備です。 またそれに伴う人材の確保も考えています。
業務委託者が業務終了後にうけとる書類とは?
業務委託者が業務終了後に源泉徴収のかわりとして受け取る書類とはなんでしょうか? それはどのように発行するものでしょうか? まったくわからないのでご指導お願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
    日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)
    「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイゼリヤが取り組んでいる事例を見ていくことで、現在の人事給与業務のあり方について探っていった。特に印象に残ったのは、同社の「徹底した業務効率性の追求」。そのためには、人事給与システムの有効活用を始めとする、「業務改革」が不可欠である...
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

優秀な人材確保のために、女性活躍推進を! タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...