企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12139件   回答数25134

妊娠中の出張

 お世話になります。

 部下の女性が妊娠中なのですが、業務に伴う出張についておうかがいしたいと存じます。

①女性本人は業務に意欲的で、出張に行くことは問題視していない。
②女性は妊娠5ヶ月で安定期であり、体調面は問題ない。(本人談)
③職場としてもできれば当人に出張してもらいたいが、当人の出張を避けて代替要員を
 立てることも可能ではある。
④出張の負荷は
 ・日帰りで、拘束時間は移動時間も含めて通常の業務時間から大きく逸脱はしていない
 ・多少の立ち仕事が伴う(30分程度のプレゼンを4~5回)
 ・このような出張が中3日で2回ある。

 概ねこのような状況下ですが、当該女性社員に出張に行ってもらうことは問題あります
でしょうか?

 ご見解の程をよろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2017/03/17 09:48
  • ID:QA-0069752

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/03/17 11:00
  • ID:QA-0069753

特定社会保険労務士・産業カウンセラー・ハラスメント防止コンサルタント

妊娠を理由とする差別(このケースは過剰な配慮)は、マタハラに該当するので注意が必要

妊娠中の女性に対する配慮は、なかなか難しいものがあります。基本、妊娠は病気ではないので、本人が仕事上の配慮を求めた場合以外は、普通に扱うべきだと考えます。

事実、ある会社さんで妊娠初期でつわりがひどく、そのせいで会社をよく休む女性に対して「身体が大変そうだから、今から休職をしたら」と男性上司が休職を勧めたら、「マタハラ」だとトラブルになりました。部下に妊娠中や育児中の方がいる場合は、上司としてそれに関する勉強が必要でしょう。

今回のケースでは、本人が体調面でも大丈夫だと言っていますし、仕事に意欲を持っていますので、問題はないと思います。

妊娠中だからと本人の同意を得ないで、勝手に通常より軽い業務に異動させることは
問題ですし、たとえ本人の同意を得たとしても「マタハラ」に該当するとした裁判例もあります。この同意を得た場合ですが、同意を得る段階で仕事を変わることに対するメリット、デメリットをきちんと話していなかったというのが、原告側勝訴の大きな理由です。やはり今後のキャリアに大きくかかわることですので、きちんとした説明が必要となるのです。

今後出張が本人にとって負担となれば、本人から話があるかと思います。その時には本人の希望に沿って(会社の希望ではありません)仕事内容を変えることになるでしょう。その場合は、仕事を変わることによる今後のキャリアについて、きちんと説明をしておくことをお勧めします。

  • 投稿日:2017/03/17 14:31
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
参考になりました。
本人側の意欲と体調に問題がなければ、業務制限してしまうことの方が逆にマタハラになってしまうとは、何ともデリケートな問題ですね。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/03/17 13:56
  • ID:QA-0069759

代表者

出張命令は、極く妥当な事案の状態

▼ 本人申立て、及び、出張負荷に鑑みれば、出張命令は、極く妥当な事案でしょう。マタハラ( 余談ながら、原語は、pregnancy discrimination and harassment だが、この和製英語は、グロテスクで嫌な気分になりますね・・)問題としてオッカナビックリな対処は不要です。
▼ それでも、気になるのであれば、本人から、意欲、体調、いずれの面でも問題なき旨のメモの類を自主的に提出して貰うよう依頼(命令ではないことに注意)すればよい話だと思います。

  • 投稿日:2017/03/17 14:33
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
本人の姿勢で気になることは特にありません。
上司である私の立場としても、むしろ出張してもらいたいと思っています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/03/17 21:21
  • ID:QA-0069770

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面内容を拝見する限りでは、特に負荷が多い出張業務とまではいえませんので、当人の希望であれば出張に行ってもらえる状況とお見受けいたします。

但し、体調に問題がないというのが当人談に過ぎませんので、産業医の意見及び可能であれば当人の産科医の意見も聴かれた上で決められるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2017/03/21 09:54
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。
医師の見解については必要に応じて要否を検討いたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日に出張(出発)した場合の勤怠取り扱い
いつもお世話になっております。月曜日早朝から出張先での業務にあたる必要があり、前日の休日から現地入りしなければならない場合について、休日における移動は休日労働になるのでしょうか。また、同様に休日前日に遅くまで業務に従事し、翌日の休日に帰らざるを得ない場合はいかがでしょうか。 よろしくお願いします。
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
海外出張中の休日について
いつもお世話になっております。 弊社は土日が休日となっております。 先日、2週間程度の海外出張に出た者がおり、そのあいだに土日が含まれておりました。 出張先のオフィスも土日が休みで、本人も休んでいたとのことでした。 (簡単なメールチェック程度は行ったとの事) この場合、出張中の土日を通常の休...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...