人事のQ&A

相談数11369件   回答数23571

正職員からパート雇用へ

雇用形態の変更についてご教示頂きたく存じます。
正職員雇用していた65歳の社員が本人希望にてパート雇用に変更をする事となりました。
つきましては①新たに雇用契約書を作成する必要があるか否か。②常勤換算0.6雇用契約としますので、社会保険と厚生年金は脱退する事になりますが、その際の手続きの仕方。③ハローワークや労働基準局への届けは必要か否か。以上3点につき、よろしくお願い致します。

  • ふみ59さん
  • 香川県
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/01/03 19:40
  • ID:QA-0068615

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/01/04 10:23
  • ID:QA-0068618

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ご質問について各々回答させていただきますと‥

①:重要な契約内容の変更となりますので、雇用契約書の作成及び交付が必要です。

②:健康保険厚生年金保険被保険者資格喪失届を変更日の翌日から起算して5日以内に年金事務所へ届け出ることになります。

③:雇用保険については引き続き被保険者となりますので変更に関わる届出は不要です。

  • 投稿日:2017/01/05 00:01
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々のご教示ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/04 12:03
  • ID:QA-0068622

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①について
 労働条件が変わるわけですから、書面で明確にしておくべきであり、雇用契約書を作成しておくべきでしょう。

②について
 資格喪失届を提出すればよろしいです。理由としては、パート変更と記載しておきます。

③について
 雇用保険継続であれば、特に届出は不要です。

  • 投稿日:2017/01/05 00:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々のご教示ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/04 21:49
  • ID:QA-0068627

人事・経営コンサルタント

手続き

①必要です。そもそも雇用契約は労働者のためだけにあるのではなく、条件等でトラブルになった際、企業側を守る根拠になります。条件等を明記しておけば効力を発揮しますので、手間を惜しまず再締結する必要があります。
②被保険者資格喪失届を事実発生から5日以内に郵送で事務センター(事業所の所在地を管轄する年金事務所)年金事務所へ届け出ることになります。
③特に不要でしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
外国人労働者の雇用について
外国人の方を雇い入れる際の注意事項を教えてください。 また、正社員雇用に限らずアルバイトの雇用の際も同様となるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
ダイバーシティ&インクルージョン特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
日本証券業協会「無料講師派遣事業」ご案内
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:03/01~03/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。



ダイバーシティ&インクルージョン特集

本特集では『日本の人事部』が注目している「シニア・ミドル」、「女性」の活躍推進に取り組む企業様にもおすすめなプログラムを中心にご紹介。ぜひ貴社のダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進にご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。